ホンダ E300を修理する

前回のEM300に引き続き 、ホンダの発電機、E300を修理する。



前回直したEM300の修理代の代わりにE300は貰えることになったので「そのうち直そう」と放置していたのだが、 モーターショーに展示されていた蓄電機のE500の外装の元ネタとなっていることに触発されたので手を付けることにした。

では、殻を剥いてみよう。 中身をやってる間に塗り直した赤い外装のペンキも乾くでしょう。



スターターの空回りとプラグに火花が飛んだり飛ばなかったりでエンジンが始動できず、かつてエンジンが動いていた頃に発電しなくなったのでそのまま放置されていたこの個体。

とりあえずスターターの爪に清掃と注油。リコイルの動きも渋いのでやはり外して清掃と注油を実施。これでスターターは気持ちよく引っ張れる状態に復旧。



キャブレターも詰まりは無かったものの、いい匂いがしているので一応洗浄しておく。エアクリーナーのエレメントは付いていた痕跡を残して消滅していたのでバイクの湿式フィルター用スポンジを切り出して付けておく。



ポイントも開閉することを確認してガシガシとペーパーで磨く。これでエンジンはかかるはずだが問題は発電しないということだ。



ヒューズはOK。あとはこのアースらしき線の辺りが錆びていたので錆を落としてつけ直し。一旦組み立ててエンジンの始動と発電をテストしてみよう。これ以上は電気回路の知識を身につけるところから始めないと…

墨汁のようになったオイルを交換してエンジンを始動。オイルは本体を傾けてフィラーから排出する。一応ドレンはあるものの、底の鉄板を外さないとアクセスできないのでこっちの方が簡単。

では、始動もスロットルも問題無いので投光器を繋いで…



オッケー光った!やっぱ昔の先端技術は強えーわ!

電気回路の知識はそのうち身につけることにしよう。

駿遠線 五十岡駅跡

かつて藤枝市から袋井市までを結んでいた静岡鉄道駿遠線という鉄道があった。

駿河湾と遠州灘に沿うように設置された路線距離は64.6km。軌間762mmの軽便鉄道として日本一の距離となる。

こういった鉄道は自動車の普及や施設の老朽化に伴い、トラックやバスにとって変わられるのが大半だが、駿遠線も例外では無く1970年に廃線となる。

線路跡は自転車道となっている区間が多く、今回寄った五十岡駅と石津駅にはホームの遺構が残っている。



電停という呼び方の方がしっくりくるような駅跡はちょっとした公園のようになっていて、駿遠線を辿るウォーキングマップが設置されている。
車に自転車を積んでくればよかった。



線路跡の様子はこのようになっている。
中央に敷かれたブロックが、ここに線路があったことを主張しているようだ。



恐らく軽便鉄道の頃から使っている橋もある。最後まで電化はされなかった。



袋井駅側に進んで行くと駿遠線の説明文が書かれたベンチがある。現役当時は住民の足として重宝されていたようだ。



保存車は藤枝市郷土博物館にある。
駿遠線の主力はディーゼルカーやガソリンカーだったが、現存する車両は蒸気機関車のB15型1両だけとなる。

国鉄よりも狭いレールを使っていたため、この機関車もコンパクトで可愛らしいスタイルをしている。
博物館内の見学は間に合わなかったが、館内には駿遠線に関する映像やジオラマといった資料が展示されているので、いずれ再訪してみようと思う。

次回は自転車を積むのを忘れないようにしなければ…

掛川市 小夜の中山と東海道石畳

岩谷隧道の次に向かったのは箱根峠、鈴鹿峠と並んで東海道の三大難所として知られる小夜の中山。



標高252mのかつての難所は急坂ではあるものの、現在では容易く車で越えてしまえる。当時はもちろん舗装などは無く、さらに山賊が横行する危険地帯で、峠越えは容易では無かったそうだ。



金谷駅方面へと下っていくと、旧東海道の石畳がある。



この石畳は地元の人達によって復元されたもので、大井川の河原石を敷き詰めてある。
30メートルほどの区間には江戸時代からの石畳が残っていて、その区間は牧之原台地の山石を使っている。砂利やぬかるみの峠道に比べれば、格段に歩きやすかったに違いない。

道中には滑らないことに因んで、すべらず地蔵尊という地蔵堂があり、受験生や芸人の願掛けにもおすすめだ。

このルートはハイキングコースになっているので、金谷宿から掛川宿まで自転車か歩きでゆっくりと辿ってみるのも面白そうだ。

掛川市 岩谷隧道

静岡に行く用事があったのでついでに掛川の周辺をうろうろしてきた。

まずはナニコレ珍百景で紹介されたこともある掛川市の岩谷隧道に行ってみる。



入り口はこんな形。公園なんかにありそうな内壁の補強の仕方だ。何となく水路のように見えてくる。

当然、これが出口まで続くのかと思いきや…



ものすごくワイルドになる。一応、扱いとしては車道だ。



岩が張り出している場所には蛍光色でペイントがしてあり、高さ制限の理由になっているだろう岩にはハツリ作業を試みたような跡が付いている。



更に進んで行くと、天井が高くなる。
このトンネルの横の断面はドラえもんのガリバートンネルのようになっているみたいだ。



反対側に出た。こちら側から入ると進むにつれて段々と狭くなるので、更にガリバートンネル感がある。

珍百景によると、大正時代に山を挟んだ集落の行き来をしやすくするために住民総出でツルハシで掘ったトンネルだそうだ。街中から少し外れた場所にこんなトンネルが現役で残っているとは…

一応車道扱いなので、ラパンで通過してみようかと思ったものの、怖いのでやめた。

車を乗り換えた。

突然だが、新しい車が欲しい。



新型NSXにしようか



それともAMG GTRにするかと熟慮検討した結果



近所で売っていた中古の安いラパンを買ってきた。メルセデスもNSXもすぐに買えますからね。トミカなら。



グレードはモード。木目調の内装やメッキ仕上げのグリルやミラー、フォグランプが付いているちょっと贅沢な仕様だ。

キーレスやカーナビといった、無くても困らないが、あると便利な装備も付いている。

パワートレインは54psを発生させる自然吸気のDOHC3気筒12バルブのK6Aエンジンにコラムシフトの4速AT、駆動方式はFFというスズキの軽自動車として極めてオーソドックスな組合わせ。

サスペンションはフロントがマクファーソンストラット、リアはリジッドアクスル。タイヤサイズは155/65R13というこのぐらいの年式の軽自動車のいたって標準的な足回りになる。

カタログスペックなどどうでもいい。とりあえずテストコースに持ち込んでみよう。

まずはジムカーナっぽいことをしてみる。
ハイトワゴン系よりも全高が抑えられているためか、急旋回でもロール感は少ない。ブレーキペダルのタッチはもう少し硬い方が好みだが、効きは充分だろう。
もう少しステアリングのギア比がクイックでも良いような印象を受けるものの、よく考えたらこの車はスポーツカーでは無かった。

オートマノンターボの軽自動車らしくヘコヘコなパワーとレスポンスながら、乗ってる人もヘコヘコな腕前なので釣り合いはとれている。

年式やグレードによってサイドブレーキは手で引くものと足踏み式があるが、このモデルはサイドターンのやりやすい前者。

では、ちょうど雨なのでサイドターンをしてみよう。



この動画を参考にして(レベルが高すぎて全く参考にならない)7年ぶりぐらいにやってみたところ、まだサイドターン有りの8の字はできた。ただ、ドライ路面ではやらかす自信しか無いのでやめた方が良さそうだ。

高速道路では平坦路なら100km/hでの巡航も普通にこなし、車内の騒音も比較的少ない。
ただし、上り勾配ではエンジンをガーガー唸らせながら登坂車線を走ることになる。

峠の上りも同様にエンジンをガーガー唸らせながら走ることになるが、下りに入ると意外なほどに軽快な走りをみせる。まあ、ノンターボの軽は大体そんなもんだ。



街中ではコンパクトで見切りのよいボディのおかげで狭い場所でもスイスイと走ることができ、このような農道でのすれ違いもササッと端に寄ってやればスムーズに完了させられる。

燃費は14~16km/lといったところで、年式を考えると悪くはないだろう。

室内はフロントガラスが立っていることや、頭上のスペースが広いこともあり、178センチの私が乗っても狭さを感じない。コラムATのために足元が広く、運転席を倒して快適な仮眠をとることができる。
シートはフルフラットになるので、足を伸ばして横になることも可能だ。

総合的には優秀な下駄車といった感じで、刺激は少ないが便利で楽チンな車だ。



プロフィール

コーテル・リャン

Author:コーテル・リャン
東に不動車があれば引き取って直してやり
西に峠があれば行ってそこを越え
テントを張れば雷雨に怯え
林道に入ればヨタヨタ走り
誉められもせず 苦にもされず 
そういう人が私です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
Amazon.co.jpアソシエイト
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR