大崩海岸を探索する

宇津ノ谷峠の探索を終えた帰路、大崩海岸によってみた。



この大崩海岸、地名の由来は恐らくそのまんまである。
写真にある洞門は土砂崩落によって放棄され、現在は海上に橋をかけることで崩落を回避している。

また、海上橋から続く崖沿いに走る県道も崩落によって不通となり、2017年に新たなトンネルが完成するまで数年不通となっていた。150号線のバイパスでこの険しいルートは回避できるものの、この山肌のイケそうな所に道を通したような難所はかつて国道150号線として指定されていた。

それ以前には浜辺を通る街道が存在したようだが、現道が100mmの雨で通行止になることを考えると、現在以上の難所であった事は想像に難くない。



洞門の写真を撮った地点から振り返ると、アーチ状の構造物が転がっているのが見える。
これは東海道本線の石部隧道の一部で、台風と海岸侵食によってこのような状態となった。

というわけで、抗口まで行ってみる。抗口までの行き方は割と危険なので念のため伏せておく。



禍々しささえ感じさせる二本のトンネルは形を留めているものの、かつて路盤があった場所は海に飲み込まれ、自然に返りつつある。
石部隧道は東海道本線のトンネルとして明治21年に完成。その後東海道本線が日本坂トンネルを通るルートに変更されると線路跡は車道として転用される。



その後の昭和23年、アイオン台風によりレンガ造りの抗門が崩壊。その後に新幹線が日本坂トンネルを使用するルートに決まると、隣の磯浜隧道と石部隧道とを1本のトンネルとして結合する形に改修され、再び鉄道トンネルとなった。これが現在の東海道本線石部トンネルとなる。



二つのトンネルを結合させたために、崩壊した石部隧道の焼津側と磯浜隧道の静岡側の抗口と、その間にある路盤は役目を終え、自然に飲み込まれるのを待つばかりとなった。
磯浜隧道へ続く路盤は旧石部隧道の抗門と同じく崩落や海岸侵食が進んでいる。磯浜隧道の抗口は埋め戻されて現存しない。

ここにあるトンネルや路盤が役目を終えて50年あまり。そう遠くない未来には、完全に自然に返ることになりそうだ。

ご注意:探索には崩落や滑落などの危険が伴います。この記事を参考にしたことによって生じた事故や損害について、当方は一切責任を負いません。


 

宇津ノ谷峠の古道を歩く その2

蔦の細道の踏破を終えて、旧東海道へと向かう。



川に沿って続く道には水車小屋らしき建物や石積みの堰堤がある。



つたの細道公園付近から旧東海道にアプローチすることができる。このルートは豊臣秀吉が進軍のために開いた道といわれ、明治時代にトンネルが開通するまで東海道の主要ルートとして機能していた。



こちらの峠道はいわばバイパスのようなものだけあって勾配も緩く、道幅も広くて歩きやすい。この時点で小雨がぱらついてきたので早いとこ峠を越えてしまおう。



途中の分岐に排気口という地名が出てくるが、これはそのまんま国道1号のトンネルにある排気口のメンテナンス用道路。旧東海道は石垣の上にある。



しばらく歩くと峠に到着。蔦の細道よりも峠に着くまでの時間はかなり早い。



峠であることを示すのはこのプレートだけで眺望が開けるわけではないが、峠道というのは山肌を巻いていくので無ければ大体こういうものである。



峠を下って行くと地蔵堂跡の石垣が現れる。峠の地蔵というのは安全祈願だけでなく、道標のような役割もあったのだそうだ。



開けた場所からは宇津ノ谷地区の建物が見える。遠くで雷の音が聞こえはじめたので早いとこ下ってしまおう。



竹林をすぎると明治トンネル方面と宇津ノ谷地区方面への分岐がある。トンネルに行きたい衝動を押さえつつ宇津ノ谷地区に向かう。



宇津ノ谷地区は旧東海道の丸子宿と岡部宿の間にある間の宿であり、街並みには街道の面影が残り、保存されている。

これにて宇津ノ谷峠の全ルートは制覇。幸いにも雨はすぐに止んだのでどうにかずぶ濡れで山歩きをする羽目にはならずに済んだ。


宇津ノ谷峠の古道を歩く

以前トンネル群を探索した宇津ノ谷峠。今回はやり残した旧東海道の古道を探索してきた。



まずは道の駅宇津ノ谷峠から蔦の細道と呼ばれる古道にアプローチする。



この峠道は平安時代から室町時代にかけて利用された古道で、宇津ノ谷峠越えの道としては最も古いものになる。



距離としてはそれほど長いコースではないものの、急勾配で峠に向かう道は運動不足の体にはなかなか堪える。この写真を撮った地点は入口から300m程だが、涼しいながらもじんわりと汗をかく。

旧東海道の 薩埵峠もそうだが、何日もかけて東海道を歩いてこの急勾配の峠まで越えていた昔の人の足腰の強さには感心するばかり。



体が歩くモードに切り替わったあたりで峠に到着。晴れていれば富士山まで見渡せるそうだが、この日はこのような天気。まあいつもそんなもんだ。



江戸期まで使われた旧東海道に向かうために峠を岡部側に下っていく。



勾配は相変わらずきついものの比較的歩きやすい。このように趣のある石畳などに旧街道らしさが出ている。



下りきる直前にはこのようなガレ場があるものの、道の駅から登って岡部側に下る方が体力的には楽そうだ。



これにて蔦の細道の踏破は完了。江戸期の旧東海道に向かう。

グッドライダーミーティング

グッドライダーミーティングに行ってきた。

こちらのイベントは各県の二輪車普及安全協会が主催する安全運転講習会で、8の字、一本橋、スラロームといった教習所でおなじみの種目と長く乗っていると忘れがちな法規に則った走行を白バイ隊員と二普協の指導員の指導を受けながら練習出来る。それも、みっちりと。

走るのに忙しくて写真はないが今回やった種目。

午前中

一本橋:説明不要のアレ。タイム計測ありで自分のタイムは21秒。上手い人は1分以上乗っていられるそうな…

千鳥走行:マスツーリングでの編隊の組み方ではなく、低速、狭路での連続ターン。安全運転大会だとかなりやらしいセクションになるけど今回は優しい設定。セローなのでクリアは簡単。

8の字、レムニー(傾斜地でのターン):
平地での8の字もレムニーも暇潰し程度に練習しているものの、やはり腕に力が入りすぎてハンドルの動きを止めているみたい…あと目線の移動は素早くやろう。
試しに原付用の狭さでレムニーに挑戦してみたが、5回ぐらいやってクリアできたのはマグレで1回。

ブロックスネーク:一本橋に屈折と段差がプラスされた上位バージョン。今回初めてやったけど初見だと最初の屈折で脱輪する。タイムを意識せずに通過を優先した方が上手くいくみたい。

急制動、目標制動:検定だと一本橋と並ぶイヤ度のアレ。自分の卒検コースは開始直後に急制動があり、オーバーランして1分と走らずに失格になったことがある。
今ではオーバーランするような事は無くなったけど、ブレーキの練習は一番大事。

今回は希望者はオフロードのセクションも走れたので当然走ってみる。
オンロードタイヤでも走れる路面とはいえ、周回コースでモタードのWRとCBR250にラップされる私のセロー…その後CBRの方はタイヤと丘を越えていた。世の中にはすごい人が…そして白バイ隊員の方にセローに乗ってもらったらエンジンを掛けずにフロントをホップさせて向きを変えるという。世の中にはすごい人が…

午後は法規走行から。合図や確認に不備があると途中の検問で停められて指導されるというリアルさ。路上でなくて良かった。

最後はコーススラローム。ムキになって速く走ろうとすれば遅く、力を抜いて流すとスムーズで速いという。もはや哲学。そして先導する白バイのケツをつつく速いグループの人々…世の中にはすごい人が…

この講習会の効果は帰り道にバイクを走らせるのがとても楽になるということで表れる。 6月の安全運転大会も出てみるか。




トライアル的な事をやってみる

朝霧高原のイーハトーブの森で走ってきた。



まずは丘越えや丸太越えのセクションで体を慣らして奥の林間コースへ。フロントアップで丸太を越えられるようになればカッコいいんだけどなかなか上手くいかない。多分テクニックと度胸が足りない。

奥のエリアは前日の雨の影響か路面はちゅるちゅるのヌタヌタ。普通の林道ツーリングだと引き返すコンディションだけどここはクローズドエリア。

わーい!すごーい!たーのしー!

とはいえ私のイーハトーブ号は仕上がりはさておきレストア済みのビンテージバイクの範疇に入るのであまり無理せずに…



すごーい!たーのしー!

どうせジャンク品を適当に修理してでっち上げたボロいバイクだ。どんどんやってやれ。トラ車を盆栽にするなんて初めから無理な話だったんだ。

少なくとも5回ぐらい登坂に失敗して転倒。トラクションのかけ方が何となくわかってきて、それ以上に坂の途中で止まった時のリカバリーとバイクからの脱出が上達した。



まくれないように前寄りに体を入れるだけじゃなくてちょっと後ろに体をひいてやると上り坂では空転しづらいんだな。まあ、もうちょいでクリアって所で砂利にハマるんだけど。



とはいえ1時間ぐらい走っていると「ここ行けるんじゃね?」というところは行けるようになったり、ちょっとしたセクションならクリーンできるようになったのでいい気になっていたら前輪が泥詰まりでロックする。オフロードバイクがアップフェンダーになっている理由がよく分かった。



最終的に画像でみる以上にドロドロになったイーハトーブ号。普通にツーリングに行くことも考えて減らないタイヤと楽チンなトラッカーハンドルを装着したものの、普段使いはほとんどセローばかり乗ってるのでタイヤもハンドルもトライアル用に変えて完全に練習機にしてしまおうか?とりあえずは現状の仕様で前輪を狙った位置に上げれるようになろう。
プロフィール

コーテル・リャン

Author:コーテル・リャン
東に不動車があれば引き取って直してやり
西に峠があれば行ってそこを越え
テントを張れば雷雨に怯え
林道に入ればヨタヨタ走り
誉められもせず 苦にもされず 
そういう人が私です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
Amazon.co.jpアソシエイト
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR