暇潰しにスズキについて調べてみた

セルペットの修理やカタログデータなどの情報を集めていると自然とスズキ車の情報も集まってくる。



織機メーカーとして創業したスズキは自転車用の補助エンジンである1952年のパワーフリー号からバイク製造に進出する。



その後本格的なモーターサイクルとしてコレダ号を発売。当初は丸型だったヘッドライトは他社との差別化を図るためか改良型では特徴的な馬蹄型が採用される。

コレダ号というネーミングは「オートバイはコレだ!」というのが由来だそうで、軽自動車のアルトが「こんな車、あるといいな」ワゴンRは「アルトもあるけどワゴンもあーる」というのが由来(公式サイトでは否定している) なので、この頃からスズキはスズキだった。



ちなみに、セルペットは最初に登場したMA型がセルフスターターを採用したことをウリにしていたので、「セルフスターターを搭載したモペット型バイク」という意味合いだと推測されるものの、私のk10型のようにキック始動のみでモペット型ではないスタイルのモデルが多数存在する。むしろMA型以降は当時のトヨタの小型車ブランドであるトヨペットをパクったあやかって小排気量モデルにセルペットと付けている気がする。両社とも元々は織機メーカーだしな。



時は流れ、コレダ号は2輪のキャデラックと呼ばれた補助灯付の巨大なヘッドライトに足回りはアールズフォーク、当時としては強力な16psを発生する2サイクル2気筒250ccエンジンを搭載したゴージャスな装備のTT型や、



スズキがマン島TTに初挑戦した際に製作したGPレーサーのR60用を基にしたロータリーディスクバルブ方式のエンジンを搭載し、後に駐在所のお巡りさんが乗ってる単車でお馴染みのK125として長いこと生産されるS10を発売し、



独立したスポーツモデルはTシリーズ、GTシリーズ、RGシリーズへと発展し、



最終的にはRGVガンマとして1999年まで2ストロークのスポーツモデルは製造されていた。



1976年に4ストロークエンジンのGSシリーズが発売され、GSXへと発展していき、



ハヤブサやGSX-Rなどに進化していく。個人的な感想だが、ベコもハヤブサも「高速で長時間走るための機能を最優先したら他社よりも微妙に地味なこういう形になりました」というデザインで、30年以上方向性がブレてない。



ところで、このコレダTTは何かに似ている気がする。この色使い、なんとなく漂う特撮っぽさ、展示車を見た人は「すげえ単車が出たな」と感心しつつも横に置いてあるオーソドックスな形のバイクを買って帰りそうな立ち位置のバイクといえば



これだ。キリンさんは泣かないしスズキはブレない。



そういえばGoogleで「スズキ ダサい」と検索するとGS1200SSが一番上に表示されるのだが、これとグースはなぜ売れなかったのか分からないレベルでカッコよかったじゃないか。

廃れた隧道 撤退編

山梨県身延町を通る国道52号線。
幾度となく改修を受けているこの道路に大正時代に作られた旧道トンネルがひっそりと残っているという。



手持ちのツーリングマップルにはあたかも通行可能なように描かれているこの旧道。実際には完全に廃道となっている。

名を下山隧道といい、大正12年から昭和43年まで使われた。
トンネル名の扁額が巨大なのが特徴だそうで、藪こぎをして谷にある橋を渡ると入口まで行けるようだ。

というわけで現地に到着。そこで驚愕の光景を目にする。



写真を撮っていないので下手な絵で説明する。
山さ行がねがなどの廃道探索サイトで調べた限りでは少なくとも2015年までは盛り土の斜面を下りて橋を渡ると入口まで行けたようだが、橋が見当たらず、入口から続く路盤と共に崩落して無くなっているみたい…むしろよく21世紀まで路盤が残っていたな。

対岸には金網で塞がれた穴らしきものが確認できるものの、藪が深く扁額も確認できず。



またも下手な絵で説明すると山の断面はこのようになっているみたいだ。台風で流れたか、谷を広げるために崩したか。
自分が立っていた盛土の斜面も崩れはしないだろうがあまり長居はしたくない状況。

場所を間違えている可能性が無きにしもあらずだが、どちらにしろ近付くのは自分の技量では無理な感じなので撤退。

万物は土と水から生まれ、いずれ土と水に還るのである。諸行無常なり…

次期セローはどうなる?






今月のヤングマシンに次期セローの予想CGが…あくまでもヤングマシン情報なので出るとしてもだいぶ先の話になりそうだけど一応企画はしているみたい。



前回のモーターショーに出品された電動バイクのPED2のデザインが次期セローになりそうという勝手な予想をしていたらヤングマシンも同じようなことを考えていた。



PVもセローっぽい。

電動のままで発売してくれてもいいんだけど、稼働時間や充電時間をみるとさすがに電動のまま発売するのはまだまだ現実的ではなさそう。

そうすると規制対応のガソリンエンジンで出てくることになるんだけど、ブルーコアエンジンに積み換えて車体サイズと重量は現行モデルと同等で値上げが最小限ならありがたい。
海外向けのFZ25がセロー系のエンジンを積んでいるので、このエンジンがベースになりそうな予感。
もしくはフレームも一新するならWR系のエンジンをレギュラー仕様にして搭載するような気がしないでもない。

あくまでもヤングマシン情報なので今年のモーターショーに出品されるのを期待せずに待つことにするが、本当に出てきたらどうしよう…どちらにしろ規制に対応しなければならない今年の9月までにはモデルチェンジか規制対応で継続か、それとも打ち止めかという何かしらの情報が出てきそうだ。

モーターサイクルショー その3

無料配付していたモンスターエナジーを飲んで終了まで粘る。



出たばかりのCRF250ラリーは早くもカスタム車が展示されていた。 次のバイクの候補に上がっているのでじっくりと観察する。



WR250Rに空冷YZ風の外装を装着したカスタム。結構上手くまとまっていてカッコいい。



ヴェルシスX。これもちょっと気になるバイク。タンク容量と燃費で乱暴に計算すると甲府から大阪まで行けるぐらいの航続距離がある。



KTMはフリーライドE(電動)が市販予定として展示。満充電で3時間稼働できるそうな。レッドブルカラーのモトGPマシンを見てギャリーマッコイを思い出したのは内緒だ。



電動バイクの神電を使ったマン島シミュレーター。この日一番楽しかった。電動バイクが200km/h以上出せるとは…航続距離とチャージ時間がガソリン車並みになったら電動という選択肢もアリかな。



そうこうしているうちに時間切れ。帰りの電車もバスもまだ余裕があったのでせっかくだからと都会人を気取って新宿で飲んでいたらバスも電車も逃した。仕方ないのでもう1件。朝起きたら新宿は豪雨(大げさ)。観光するにも戦略は皆無。8時ちょうどのスーパーあずさで帰ることにした。


モーターサイクルショー その2

展示車の中で気になったバイクとか。



国内モデル発売間近のCBR250RR。2015年のモーターショーに出したコンセプトモデルを「このままじゃ出ないだろう」と思っていたらほぼそのままのデザインで出した。



こっちは股がりOKのもの。見た目ほど前傾はキツくなく、直立させた時の重量感もそれほど感じなかった。これは楽しそう。



既にレースベース車もスタンバイしている。



こちらももうすぐ発売のGSX250R。デザインはGSX-R系ながら、あえてパワー競争に乗らないあたりがスズキらしいといえばスズキらしい。



こっちはほぼネイキッドといった感じのポジションで、足に使うならGSXに分がありそう。形はスッキリしてるGSXの方が好みだな。



頑張れば買える上の2台に対して、頑張ってもちょっと無理な美しいビモータ。



芸術のようなフレームにカーボンホイール。買えたとしてももったいなくて乗れない。それにしても美しい。



ZRXがベースのKR1000レプリカ。説明を見るまでてっきり空冷Zがベースかと…



カフェレーサーの見本のようなスタイルのトライアンフ。トライアンフのツインはスポーツスターと並んでいつかは乗りたいバイク。



古いTR6がベースのスティーブマックイーンレプリカ。 説明に書いてある千里浜サンドフラッツスピードウェイというイベントが気になる。

既に足が痛くなってきているがまだ時間はあるので終了時間まで粘ることにする。


プロフィール

コーテル・リャン

Author:コーテル・リャン
東に不動車があれば引き取って直してやり
西に峠があれば行ってそこを越え
テントを張れば雷雨に怯え
林道に入ればヨタヨタ走り
誉められもせず 苦にもされず 
そういう人が私です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
Amazon.co.jpアソシエイト
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR