静岡峠めぐり 桜峠編

静岡県にある国道469号線。一部区間はいわゆる酷道といえる狭小区間になっていて、とくに桜峠と呼ばれる区間が特に狭い。



というわけで行ってみた。
富士川沿いの県道を走って国道469号へ。温泉の手前に狭い橋が大型車の進入を拒むように架かっている。



道路は国道の標識がなければどう見ても舗装林道といった雰囲気。この地点には写真を撮る直前までカモシカがいた。森の生き物はなかなか写真を撮らせてくれないのでカモシカの名前のついたバイクを載せておく。



峠の頂上にある展望台に続く階段があるものの、鹿にビビっているので今回はやめておく。以前展望台まで行ったときは富士宮市街と富士山が一望できた。



階段付近には桜峠の由来が書かれた看板がある。旧街道を車道にしたけど拡幅できずに酷道になったパターンか…



峠を下ると未舗装の枝道が現れたので入ってみた。この先は倒木があり、ゲロアタック(無理)になりそうなので引き返し、次の目的地、薩埵峠に向かう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コーテル・リャン

Author:コーテル・リャン
東に不動車があれば引き取って直してやり
西に峠があれば行ってそこを越え
テントを張れば雷雨に怯え
林道に入ればヨタヨタ走り
誉められもせず 苦にもされず 
そういう人が私です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
Amazon.co.jpアソシエイト
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR