FT- 1をレストアすることにした その5



エンジンが始動したはいいがクラッチが切れないので固着を解消する。

とりあえずギアオイルを交換し、エンジンを暖気。

前輪を壁に当ててクラッチを握って1速に。盛大な音と共にエンスト。

3速に入れてクラッチを握ってキック。空転する後輪。なるほど、これがバーンナウトという技か。

仕方ないのでオイル注入口から見えるクラッチ板にマイナスドライバーを突っ込んで強引に広げる。パリッという感触があったのでだいぶ強固に張り付いていたみたい…

もう一度3速に入れてキックする。これでダメだったらバラすかと思っていたら固着は解消した。

最後に灯火類を点検して終了。

ってことはこれで走行可能になったので後は乗りながら直していけるってことになる。早いとこナンバーと自賠責を取ってしまおう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コーテル・リャン

Author:コーテル・リャン
東に不動車があれば引き取って直してやり
西に峠があれば行ってそこを越え
テントを張れば雷雨に怯え
林道に入ればヨタヨタ走り
誉められもせず 苦にもされず 
そういう人が私です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
Amazon.co.jpアソシエイト
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR