三塩軌道を走る

昭和8年から昭和43年まで山梨県の塩山駅から三富まで木材や石材を運搬していた三塩軌道と呼ばれる森林鉄道が存在した。

路線距離は36km。三富から塩山まではトロッコに付いた せび と呼ばれるブレーキのみを操作して下り、塩山から三富までの登り坂は馬にトロッコを牽かせていた。また、昭和20年代からはディーゼル機関車が導入され、自動車に取って代わられるまで物資の輸送に貢献していた。

線路跡は一部車道となっているようなのでバイクで行ける所まで行ってみたい。



塩山駅北口の向かいにある文化財に指定されている甘草屋敷からスタート。



軌道跡とみられる道を走るとこのようなトンネルが現れる。トンネル名などは付いていないが、これが三塩軌道のトンネルになる。



トンネル内は坑口付近はコンクリート。内壁は石積といった雰囲気。もしかしたら後年になって補強されたのかもしれない。



トンネルの向こう側に出た。両端の石垣が鉄道の跡といった雰囲気である。



一旦塩山フルーツラインに出て、スポーツ公園まで行くと再び軌道跡の細道が出てくる。配管を埋めた跡がレールのように見えなくもない。この先へ進むと三塩軌道の説明が書かれた看板がある。
看板の説明文には昭和2年に三塩鉄道株式会社が設立されたとあり、昭和6年に会社は解散、その後も使われた線路は昭和40年に姿を消し、農道に転用されたとなっている。

運行期間は昭和8年から昭和43年のはずなので、線路敷設に着工したのが昭和2年、全面開通が昭和8年、塩山市内の線路を廃止したのが昭和40年ということなのだろうか。



看板から先へ進むと再び立派な石垣が現れ、道路の線形がかつてここにレールが敷かれていたことを物語る。基本的に鉄道の線路は緩い勾配で作られる。また、森林鉄道の名の通り、レールは山肌を切り開くようにして建設される。

恐らくはほぼ人海戦術で建設され、現在は農道として姿をとどめるこの鉄道の建設には大変な苦労があったに違いない。



しばらくすると舗装が途切れ、まさに森林鉄道といった雰囲気の道になる。森を抜けた先には発電施設があり、単線の軌道跡はまだ続く。



発電施設を過ぎると、バイクを停めた辺りに分岐がある。右も左も通り抜けも転回も出来なさそうなのでこれ以上進むのはヤバいと判断し今回の探索は終了。



この分岐点は実は三叉路で向こうにはまだ軌道跡が伸びている。ただし、もはや自然に還りつつあるのでこの先には進めなかった。

今回探索したのは三塩軌道のほんの一部で、三富の西沢渓谷にはレールが残っているという事なのでいずれまた探索したい。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コーテル・リャン

Author:コーテル・リャン
東に不動車があれば引き取って直してやり
西に峠があれば行ってそこを越え
テントを張れば雷雨に怯え
林道に入ればヨタヨタ走り
誉められもせず 苦にもされず 
そういう人が私です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
Amazon.co.jpアソシエイト
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR