ワコーズフューエルワンの効果を検証する。



2輪、4輪ともに気が向いた時に投入しているワコーズのフューエルワン。


燃料タンクに1%を目安に添加すると、清浄成分PEAの作用により、燃焼室、吸排気バルブ、インジェクターに堆積したカーボン、ワニス、ガム質などを除去してくれるという謳い文句のこのフューエルワン。



画像はイメージです

毒にも薬にもならない燃料添加剤を多数使ってみて唯一効果が実感できたので箇条書きにしてみる。

以前乗っていたCB400SF(走行3万km)
・始動性の改善
・スロットル開け始めで一瞬もたつく症状が出ていたのが直った。
・1100rpmのアイドリングが1200rpmに上がり、トルク感が改善した。

以前乗っていたサンバーバン(走行12万km)

・始動性の改善。
・エアコン使用時のパワーダウンが改善した。
・全域にわたってトルク感、エンジンレスポンスの改善。
・10km/l を切ることもあった燃費が12km/l 前後で安定。

現在乗っているイーハトーブ(走行不明)

・ナンバー裏に堆積するほどマフラーから煤を吐いていたのが減少した。
・バルブのカーボン堆積のせいか始動時に時々デコンプが効いたように圧縮が抜ける症状がフューエルワンを給油の度に添加していたら直った。

現在乗っているKei(走行9万2千km)

・始動性の改善。
・トルク感の回復。
・最高で16km/lだった燃費が18km/lをマーク。

現在乗っているセロー(走行2万6千km)

・始動性の改善。
・アイドリングが安定。

全車において始動性が回復し、インジェクションの車は燃費の改善もみられた。


あくまでも画像はイメージです。

キャブレターやインジェクターの霧化を改善する効果はフューエルワンを添加してしばらく走ってから、あまり期待していなかったカーボン除去は継続して添加することで効果が出るようだ。

走行距離が多くなった車両の「オーバーホールを検討するほどではないけど何かパッとしない」という症状を改善する効果は十分にある添加剤だと思う。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コーテル・リャン

Author:コーテル・リャン
東に不動車があれば引き取って直してやり
西に峠があれば行ってそこを越え
テントを張れば雷雨に怯え
林道に入ればヨタヨタ走り
誉められもせず 苦にもされず 
そういう人が私です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
Amazon.co.jpアソシエイト
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR