自立するバイク



ホンダが開発した「Honda Riding Assist」が何やらすごいことになっている。

このシステム、ほっとくと倒れるはずのバイクが直立状態を保ち、ついでに無人で走行している。

自立状態でのハンドルの動きはスタンディングスティルをやるような動きで、アシモで培ったバランス制御技術を応用したという。

スタンディングスティルといえばウイリー、ジャックナイフ、膝擦りと並ぶマスターしたい技だが(当社比)、バイクの方でやってくれるとは。

バイクってのはそのままだと転ぶものを転ばないように乗るから面白いんじゃないかとツッコミを入れたくなるシステムだけど可能であれば体験したい。モーターサイクルショーで実演してくれるのか?

「こんなの要らない」と言われがちな電子制御だけど、ABSはロック寸前のブレーキコントロールを、トラクションコントロールではホイールスピン寸前でのスロットルコントロールを、四輪のスタビリティコントロールは左足ブレーキやスロットルで狙ったラインに乗せていくのをそれぞれクソ握り、ガバ開け、とりあえずハンドル切ってアクセル踏むだけで(そんな雑な操作をしたら流石にヤバそうだけど)誰が何回やっても出来るようになったのは電子制御の恩恵だろうし、試せる機会があれば試してみたいというのが本音だ。

そして今回の自動スタンディングスティル装置はトライアルの選手ぐらいのバランス感覚が必要なことを誰でも出来るということになるし、四輪だけでなく二輪車の自動運転も可能になりそう。
これから先の技術の向上がどこまで行くのかはかなり興味があるし、子供の頃に観ていたサイバーフォーミュラで描かれた未来がすぐそこにありそうな気がする。

とは言え、速く安全に遠くへ行けるというだけでなく、上手く乗りこなすというのも乗り物の楽しみ方であることは間違いないので、運転してて楽しい乗り物っていうのは残しておいて欲しいと思う。

しかし、俺の場合こんなのつまんねーと言われるビッグスクーターやエコカーでもそれなりに楽しめるので(代車やレンタルで経験済み)、そんなに心配はしていない。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コーテル・リャン

Author:コーテル・リャン
東に不動車があれば引き取って直してやり
西に峠があれば行ってそこを越え
テントを張れば雷雨に怯え
林道に入ればヨタヨタ走り
誉められもせず 苦にもされず 
そういう人が私です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
Amazon.co.jpアソシエイト
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR