主な適合車種に見るラッタッタ



イーハトーブに使った電球の適合車種の欄に気になる車種が。恐らくこの品番の球がメジャーなものだった当時にはありふれた車種だけど、今となってはレアになってしまったものばかり。



CS/CB90と並んで小排気量スポーツの名機として有名なCB125JXや俺が高校生の時に解体屋で買ってきて乗ってたCB50(今じゃ考えられないけど磨いたらそれなりになる実動車で2万円だった)はいいとして問題はラッタッタのロードパルに端を発するソフトバイク系列。



この大ヒットしたロードパルのラッタッタ~と言いながらゼンマイ式のスターターを踏むCM によって世のマダム達は小さいバイクをラッタッタと呼ぶようになった。(大きいバイクは大体ハーレーか仮面ライダーと呼ばれる。あるいは面倒なので全部カブ)



ヤマハはパッソルシリーズで対抗したが、時はHY戦争の真っ只中、ホンダを攻め落として天下を取ってやれとばかりにラッタッタ型のソフトバイクも当然ラインナップされた。



女性ユーザーをターゲットに発売され、メーターには化粧直しに使うための鏡付き小物入れがついているヤマハのポップギャル。タンクの位置のせいで浮谷東次郎のクライドラーのように見えなくもない。



ジャズミュージシャンの渡辺貞夫を広告に起用した男のソフトバイク、タウニー。ヨーロッパの郵便バイクみたいだな。チェーンケースが見えないってことはシャフトドライブか。基本乗りっぱなしにされるバイクだから油さえ入っていればOKな理にかなった作りだ。



確かホンダにも男性向けラッタッタがあったはずだと検索したらこのパルディンが出てきた。これ凄く良い。

あえて今の時代にこういう原付を出したら面白いんじゃないかと思うけど、よくよく考えたらこの手のバイクが想定している移動距離なら自転車で足りるか。ただ、パルディンが何かの間違いで出てきたら買ってしまいそう。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コーテル・リャン

Author:コーテル・リャン
東に不動車があれば引き取って直してやり
西に峠があれば行ってそこを越え
テントを張れば雷雨に怯え
林道に入ればヨタヨタ走り
誉められもせず 苦にもされず 
そういう人が私です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
Amazon.co.jpアソシエイト
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR