宇津ノ谷峠のトンネル群を探索する。

静岡市駿河区と藤枝市岡部の間にある宇津ノ谷峠を目指して軽トラの旅に出た。

この峠には蔦の細道と呼ばれる古道、出世街道と呼ばれる旧東海道の峠道があり、峠を貫くトンネルは明治、大正、昭和、平成と時代と交通事情の変化に対応して増えていった4本のトンネルがある。

この峠だけで中世から近代の交通の変化を知ることができるという貴重な場所で、旧東海道時代は薩堆峠とならぶ難所だった峠を探索してみたい。



まずは明治のトンネルから。
明治9年に完成したこの宇津ノ谷隧道。実は1度廃道になっている。

明治29年にトンネル内の照明から出火し、当時の技術的な問題で くの字型のルートをとっていた初代宇津ノ谷隧道は焼失した。崩落なら分かるんだけど焼失とは一体…

案内板によると完成当初は静岡側の20m程が石造りではあったものの、内部は大部分が角材の合掌造りだったという。



以前に房総半島ツーリングに行ったときに通った画像の観音掘りトンネルの内壁を木材にしたようなものだったのではなかろうか…それなら焼失という表記も納得だ。

その後の明治37年に直線ルートに改修されて再開通したものが現在残っているレンガ造りの2代目宇津ノ谷隧道である。



全長203mのトンネル内部は照明が明るくて歩きやすい。オレンジ色の明かりに照らされた煉瓦の内壁がなかなか幻想的な雰囲気を漂わせている。
かつては馬車や自動車の往来もあったようだが現在は自動車は通行できない。



次に向かったのは交通量の増加により昭和5年に完成した3代目宇津ノ谷隧道となる大正トンネル。着工が大正15年のため、大正トンネルと呼ばれている。



全長は227mと明治のトンネルとさほど変わらないが自動車の普及に対応するために格段に道幅が広くなっている。
言われなければ戦前のトンネルとは気付かずに通り抜けてしまう程度には近代的な作りのトンネルである。



大正トンネルから道の駅に向かう高架の上からは昭和34年開通の新宇津ノ谷隧道と平成10年開通の平成宇津ノ谷トンネルが見える。

戦後になると大正トンネルでも交通量の増加に対応しきれず、峠の下を直線的に通過する新トンネルが作られた。

しかし、とうとう昭和の新トンネルも国道1号の交通量には耐えきれなくなり、新たに下り線専用のトンネルが作られることになる。
かつての難所は現在では峠であることを意識せずに山の向こうに行くことができる。
ただし、この付近は白バイがよく張っているので飛ばしすぎると危険。



あとは明治のトンネル付近からアプローチできる旧東海道の峠道と



道の駅から続く古道を踏破すれば宇津ノ谷峠を完全制覇することができたんだけど日没が迫っていたので断念。後で調べたらそれほど時間のかかるコースでは無いようなのでいずれ時間のあるときに行ってくるとするか。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コーテル・リャン

Author:コーテル・リャン
東に不動車があれば引き取って直してやり
西に峠があれば行ってそこを越え
テントを張れば雷雨に怯え
林道に入ればヨタヨタ走り
誉められもせず 苦にもされず 
そういう人が私です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
Amazon.co.jpアソシエイト
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR