マニアックな休日

クラシックカーミーティングの続き。


「これ、なんていうの?」
「オートバイ。」カワサキ650RS W3
「うわあ、うらやましい。」
このオートバイにまたがって、握り飯を食べているとこんな出会いがあるかもしれない。

僕はけして「メグロK2を元祖としたWシリーズの最終型で、元々英国式の右チェンジのミッションを、リンクを介して左チェンジにしている。セリアーニ式のフロントフォークはZシリーズ同様にディスクブレーキが採用された。ヤマハのXS-1、ホンダのCB750と並ぶ美しいマシンのひとつだ。」などと語るようなことはしない。バーチカルツインのサウンドが、全てを語ってくれるのだから。(※片岡義男ごっこは難しい。)



そしてこちらが戦前のトライアンフ。年代でいうと大正から昭和初期のもの。



この年代のバイクが残っているというのも凄いがこの車両は戦前の黒地に白文字の手書きのナンバープレートが残っている。仮に車検を通せたとして、現在もこのナンバーが有効になるのか気になる。



エンジンはバルブを押す部分がむき出しになっている。当時のバルブクリアランス調整は頻繁に行うものだったのか…この日の展示車両の中で一番古いものだったと思う。



そしてマニアック具合ならトップクラスの謎のオート3輪。
車名は農発活用ミヤサキ号。メイドイン甲府市。トトロの終盤で出てくるやつみたい。

酒折の宮崎鉄工所が製作していた車両で、汎用エンジンの三菱かつら発動機を搭載したオリジナルのフレームにダイハツオート3輪の部品を組み合わせて作られた。という車両説明の他はかなり謎の車両。

小型特殊のナンバーが付いているので最近見なくなったテーラーみたいなジャンルになるんだろうか…



ご当地オート3輪は高知県のトクサン号(4トン車)が有名だけど山梨県にも存在したとは。
このサビ具合がカッコいい固体も実動車で、荷台にはデカい発動機が積んである。



この発動機は吸気バルブが負圧で駆動している。クランクもカバーを開ければすぐに点検できるという簡単な構造だけどちゃんとエンジンとして成立していた。

こういうイベントに行くとまた1台レストアみたいな事をしたくなるんだけど、放置ズーマーを動くようにしてくれと依頼がきた。さてやるか。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コーテル・リャン

Author:コーテル・リャン
東に不動車があれば引き取って直してやり
西に峠があれば行ってそこを越え
テントを張れば雷雨に怯え
林道に入ればヨタヨタ走り
誉められもせず 苦にもされず 
そういう人が私です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
Amazon.co.jpアソシエイト
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR