風雨来記の思い出

2001年、とあるゲームソフトが発売された。

風雨来記(ふうらいき)という名のこのゲーム。題材となっているのは道東をメインにした北海道ツーリング。画面の人はヘルメットと靴を脱いでいるけど地面で寝るときはヘルメットをかぶったままの方が丁度メットが枕のようになって草が顔に刺さらないので寝やすい。

ホンダのゼルビスに乗ってツーレポを書きながら各地を走るというこのゲームは背景の画像に実写が使われていて、目的地にバイクで移動する時の強制スクロールの画面はストリートビューのようなライダーからの視点。

途中に出てくる曲がり角で選択をミスると意図しない場所に着いてしまい、着いた場所が絶景ポイントだったりするというツーリングにありがちな事が見事に再現されていたり、道中で何度か出てくる人物に最後まで本名が分からない奴がいたり、欲張ってあれもこれもと走り回ると翌日に疲れが残るなど明らかにロングツーリング慣れした人達が作ったゲーム内容。

グランツーリスモがリアルドライビングシミュレーターならこの風雨来記はリアル北海道ツーリングシミュレーターとでもいったところか。

登場人物のセリフの中に微妙に見え隠れする片岡義男テイストもあって当時かなりハマったゲームだった。

また、このゲームは隠しキャラを含めた5人のヒロインが登場するが、概ね寅さんのマドンナのような立ち位置なのでクリアすると同時に別れが訪れるという切ないストーリー展開。
しかし本来は恋愛アドベンチャーのジャンルに入るゲームのはずなのにヒロインを攻略せずにひたすら走り回った方が楽しめるという。たしかエンディングも一人旅に徹すると一番綺麗な終わり方になった記憶がある。

このゲームをクリアした数年後に実際に北海道にツーリングに行ったけど日に日に小汚くなっていく野郎2人がセイコーマートで買ったカップ麺を主食にして、キャンプ地で一緒になったライダーと情報交換という名の宴会をし、ひたすら宗谷岬を目指すという美女との出会いなどというロマンチックな出来事は1ミリも無い旅だった。現実はゲームのようにはいかない。楽しかったけど。

沖縄を舞台にした風雨来記2で打ち止めかと思っていたら北海道全域を収録した続編がいつの間にか出ていた。プロモーション映像がどう見てもバイクのゲームにしか見えない。

フェリーの予約と時間が取れなくてしばらく北海道ツーリングに行けてないのでゲームを買ってきて気分だけでも味わうか。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

うわぁ。

なんとまあ、マニアックなゲームを作ったもんだ・・・と
驚いていたら(たくさん旅をしていれば、異性と出会う
機会もちゃんとあるものですよ)「3」のPVを見ていて
ぞわぞわと鳥肌が。

これ、北海道を走ったことがある人なら風景だけで
「ここって俺と逆に回った襟裳だ」「屈斜路だべ?」
「これは雷神温泉辺りのシーンだよな?」って察しが
ついてしまう・・・作り込みがすごいですね。

普段ほとんどゲームに縁がない自分でも欲しくなる。
良いソフトの御紹介、ありがとうございました。

Re: うわぁ。

コメントありがとうございます!

当時も「こんなマニアックなゲームを誰が買うんだ?(自分が買いました)」と思っていたのですが、1のリメイク版が出るなど隠れた名作ソフトみたいです。

全編実写の背景画像なので恐らく相当な実走取材をして作ったものだと…

北海道は走りたい道が多すぎるので、いつかまた走りたいです!美女との出会いも期待しながら(笑)


プロフィール

コーテル・リャン

Author:コーテル・リャン
東に不動車があれば引き取って直してやり
西に峠があれば行ってそこを越え
テントを張れば雷雨に怯え
林道に入ればヨタヨタ走り
誉められもせず 苦にもされず 
そういう人が私です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
Amazon.co.jpアソシエイト
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR