SZram4 レビュー



またしても使っているヘルメットのインプレ。

それまでサブヘルメットに使っていたテレオス2のパチモノがボロくなってきたのでちょうど特価品となっていたこのヘルメットを購入。

このヘルメット、さすがアライ製だけあって被ったときの安心感は抜群。



頬まで回り込んだ帽体は頭部全体で重量を支える形になり、ジェットヘルメットながらちょっとしたフルフェイス並のホールド性がある。実際に被ってもあまり重量を感じないので長時間乗っても疲労感が少ない。



アゴヒモはオーソドックスなD環式。内装は脱着出来るのでスポンジがヘタッた場合の交換や丸洗いも容易。



アライらしくスネル規格もJIS規格も通してあり、帽体を横から押してみてもあまり変形しないぐらいの剛性があるので、コチラも安心感に繋がっている。



大型のエアダクトは伊達ではなく、夏場はこればかり被っていた。特に駐車場でジムカーナの真似をして汗だくになったあとの帰り道なんかはスーっと汗がひくような感覚があるほど。



シールドは安いヘルメットにタマにある像の歪みもモチロンなくとても見やすい。こういった点が少しばかり値段が高くてもアライが選ばれる理由だと思う。

しかし、ホールド性の良さと帽体の剛性の高さが災いし、メガネをかけたままだと脱着の際にメガネがずれることがある。コツをつかめばメガネをずらさずに被ることも出来るが、メガネは一旦外してから脱着した方が確実。そうするとより頬の回り込みが大きいMZやCT-Z(両方とも試着では完全にメガネを外さないと脱着出来なかった)でも良かったかなぁとも思う。

とはいえ、ジェットの解放感はそのままにフルフェイスにひけをとらない安心感のある良いヘルメットなので車種を問わずオススメできる。

とりあえず近いうちにアップタウン用のバイザーを着けよう。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コーテル・リャン

Author:コーテル・リャン
東に不動車があれば引き取って直してやり
西に峠があれば行ってそこを越え
テントを張れば雷雨に怯え
林道に入ればヨタヨタ走り
誉められもせず 苦にもされず 
そういう人が私です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
Amazon.co.jpアソシエイト
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR