WINS X-ROAD FREE RIDE レビュー



使っているヘルメットのインプレ。

現在使っているヘルメットはWINSのX-ROAD FREE RIDE(グラフィックモデル)。

発売したばかりの頃にこれは良いぞと購入し、その後1年ほど使用しているのでインプレを書くには十分だろう。

まず、このヘルメットの特徴はオフロードヘルメットでシールドとインナーバイザー付きということ。

オフロードヘルメットにはバイザーが着いているので日差しをある程度防ぐことができる。ただ、目に思いっきり入ってくるような低い日差しはバイザーだけでは防ぎ切れない。かといってスモークシールドに変えると夜間やトンネル内はレンズの濃さによってはシールド開けっ放しで走ることになり、これもまた面倒くさい。



これはインナーバイザーを上げた状態。シールド付きオフロードヘルメットにありがちな像の歪みは問題ないレベル。
FOGWINという曇り止め用シートが付属していたが、自分は取り付けていない。



側頭部にあるレバーを操作すれば、スモークのバイザーが下りてくるので日差しが強いときはバイザーを下ろしておいて、必要の無いときは上げておけば良いので便利。
実際に冬場の西日が強い時期はあるとかなり助かる。



インナーバイザーを上下させるレバーは厚手のグローブでも操作しやすい。
レバーを後ろにスライドさせるとバイザーが下りてくる仕組みだが、個人的にはレバーを前にスライドさせてバイザーが下りる方が直感的な操作がしやすいと思った。



かぶり心地はアライやSHOEIの安心感にはさすがに及ばないまでも値段を考えると良い方。サイズは58-59のLサイズを使用している。アライだと59-60が自分のジャストサイズなので若干緩めな印象。

アゴヒモは脱着のしやすいラチェット式。最近はSHOEIもこのタイプを採用しているので強度的には問題ないだろう。


風切り音もさほどこの価格帯のヘルメットとしては大きくはなく、シールドの密閉性も悪くない。

ただ、良いことばかりではなく、インナーバイザーが付いているせいか帽体は大きめで、重量も気になる程ではないが重め。
規格もSGのみなので、本格的にオフロードを走るならゴーグルタイプでレース対応のオフロードヘルメットを買った方が良い。まともなフルフェイスヘルメットは定価で2万円前後から、あとは値段が上がるにつれて性能も快適性も上がるというのがホームセンターのヘルメットからアライまで使ってきた自分なりの考え。

とはいえ、値段を考えると充分すぎる内容だし、普段は舗装路を走っていて、たまに林道に行くような人にはオススメできるヘルメットだと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コーテル・リャン

Author:コーテル・リャン
東に不動車があれば引き取って直してやり
西に峠があれば行ってそこを越え
テントを張れば雷雨に怯え
林道に入ればヨタヨタ走り
誉められもせず 苦にもされず 
そういう人が私です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
Amazon.co.jpアソシエイト
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR