日本で買えない日本車

暇潰しにヤマハとスズキの海外サイトを見てみた。海外だと日本での販売が終了した車種が普通にカタログに出ていたり、独自の進化をしていたりする。特にオフ車が。

まずはYAMAHA USA からTW200



日本だとスカチューンが純正みたいになっていたバイクなので逆に新鮮。サイトにある動画でもガッツリオフロードを攻めていますが本来こういう使い方を想定されたバイクでしたね…楽しそうだなコレ

続いてYAMAHA AustraliaのAG200。



広大な農地で使う事を想定したバイクで大型の荷台とフルカバーのチェーンケース、両側にスタンドが付いている。日本でもちょっとだけ売られていた。この画像だとツーリングセローよりカッコよく見える。



そしてコチラが2サイクルのAG100。原型はHT-1か何かっぽい 。この形で空冷2サイクルで新車が買えるって素晴らしい…

さらにYAMAHA SouthAfricaから



TWとAGシリーズと共にこのデザインのDTがラインナップされているとは…しかも125と175の二本立て。

そしてSUZUKI Australia



日本での販売が終了して久しいDR-Z400 が未だにラインナップされている。250ccモデルと共に国内版のカタログに載ってても違和感が無いけどまあそこは色々な事情があるんだろう…主に規制とか…



トロージャン200。背景と装備のせいでほぼジェベルと同じバイクなのにやたらカッコイイ…




そしてTF125。恐らく原型はハスラー 。保安部品が付いているけど現地では普通にナンバー付けて乗れるのかあるいは構内専用車みたいな扱いなのか…どちらにしろ商売になるぐらいの需要があるってことか。

現役で作ってるバイクがコレだけあるなら車も何かあるんじゃね?とPak SUZUKI(パキスタン) のサイトに飛んでみた



大量に走っていたはずなのにいつの間にか見なくなった形のアルトだ…(現地名:メヘラン)



コレも大量に走っていていつの間にか見なくなった形のキャリイ。(現地名:ボラン)しかも当時でも余り見たことの無い一方開き。一緒に写っているイケメンが「日本のみんな、世界は広いぜ!」と言っているように見えてきたのでとりあえず英語を勉強しよう。

※pictures quoted from each company home page

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コーテル・リャン

Author:コーテル・リャン
東に不動車があれば引き取って直してやり
西に峠があれば行ってそこを越え
テントを張れば雷雨に怯え
林道に入ればヨタヨタ走り
誉められもせず 苦にもされず 
そういう人が私です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
Amazon.co.jpアソシエイト
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR