ポンコツ丸の配線をなんとかする

YB-1のキャブとハンドル回りを移植したポンコツ丸。


今回は配線をなんとかする。
YB- 1のハンドルスイッチの配線はヘッドライトの線以外はカプラー式のためカプラーを切り落として先端をギボシに交換する。

ピンクの線のみメス端子、他はオス端子に交換した。 配線はほとんど同じ色同士で繋げればOKだった。

ウインカーとホーンの作動を確認して、ヘッドライトの点灯と上下の切り替えが出来ることを確認。

あとはフロントブレーキのスイッチをなんとかする。

今回は横着してスイッチから生えている線を延長してリアブレーキのスイッチの配線に割り込ませた。更に横着してパッチン止めの赤いコネクターを使ったが、メインハーネスのブレーキスイッチに繋がる線を調べて、そこの皮膜を剥いて半田で銅線を付けた方がキレイに仕上がる。そのうち気が向いたらやることにする。

前後ともブレーキランプが点灯することを確認して配線の問題は解決。

あとは穴が全部通っているにもかかわらずチョークを引いていないとアイドリングしないキャブをなんとかする。基本的に同じエンジンとはいえ、違うバイクのキャブをポン付けしてセッティングがバッチリ合うなんてことも無いだろう。

入手した当初から難儀しそうなバイクだと思っていたらやっぱり難儀するバイクだった。この動画でも観て癒されながらサジを投げない程度にボチボチやろう。



9/27追記:残念ながらこれ以上の修理は断念し手放しました。出来れば技術力と軍資金のある人の所に行ってもらいたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントを下さった方へ

コメントありがとうございます。いただいた連絡先のアドレスに送信を試みましたが送信できませんでしたので、お手数ですが再度こちらにコメントをいただければと思います。何かお役に立てることがあれば幸いです。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

コーテル・リャン

Author:コーテル・リャン
東に不動車があれば引き取って直してやり
西に峠があれば行ってそこを越え
テントを張れば雷雨に怯え
林道に入ればヨタヨタ走り
誉められもせず 苦にもされず 
そういう人が私です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
Amazon.co.jpアソシエイト
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR