Keiのオイルを交換した



天気が芳しくないので雨が降る前にこの5速MT、4WDターボのスーパーカーのオイルを交換する。(※スーパーカーとはスーパーの駐車場によく止まっている車という意味)



まずはボンネットを開けてオイルの汚れ具合を黄色いオイルゲージで確認して、フィラーキャップを外す。その前に



エアクリーナーの汚れと



ブレーキフルードの色と量



冷却水の量



バッテリーの状態



ベルトの張りを点検して



ウォッシャー液を補充しておく。



今回は特に不具合はなかったのでフィラーキャップを開けてオイルを抜く。Kei だと車高が高いので下から工具を突っ込むだけでドレンが外せる。オイルフィルターは今回は交換しない。



オイルが抜けたらドレンボルトのワッシャーを交換してドレンを閉めて新しいオイルを入れる。今回は近所のホームセンターで売っている中では一番高性能っぽいバルボリン10w-40のオイルを3本使った。フィラーキャップを閉めてゲージでオイル量を確認して適量入っていれば終了。オイル量は2.7l 、フィルター交換時は2.9l 。

粘度を変えていないのと高いオイルを使ったわけでも無いので、交換後は新油のフィーリング以上にエンジンの調子が良くなったなどということは特に無い。

しかし軽のターボ車は取説でも5000㎞毎のオイル交換が指定されている位には熱によるオイルの劣化が早く、古いオイルでいつまでも乗っているとターボチャージャーの不具合やピストンリングが固着して煙を吐くなどロクな事にならないので純正と同等以上のグレードと粘度のオイルをマメに交換するのがエンジンを長持ちさせるには良いと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コーテル・リャン

Author:コーテル・リャン
東に不動車があれば引き取って直してやり
西に峠があれば行ってそこを越え
テントを張れば雷雨に怯え
林道に入ればヨタヨタ走り
誉められもせず 苦にもされず 
そういう人が私です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
Amazon.co.jpアソシエイト
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR