セローのオイル漏れを止める



セローのタペットカバーからオイルが漏れてきた。ここは毎年のように漏れるのでもはや消耗品のような感覚。



漏れ箇所をパーツクリーナーで清掃してタペットカバーを外してパッキンを取り換える。

部品名称はOリング 品番93210-57634

ヤマハはスマホのアプリで部品検索ができるので便利。

ヤマハパーツカタログ





外したパッキンの状態を確認するとやはり弾力が無くなってペッタンコになっていた。マジェスティの物を使うと耐久性が上がるらしいので品番を調べて次回漏れたら使ってみよう。



カバーを戻してエンジンをかけてオイル漏れが止まっていればOK。ネジにスレッドコンパウンドを塗っておくと次回外しやすくなるかも。

工具は6角レンチ1本で出来るが、脱着時にネジ山を舐めたりネジを折ったりすると最悪の場合ヘッド交換になるので気をつけたい。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コーテル・リャン

Author:コーテル・リャン
東に不動車があれば引き取って直してやり
西に峠があれば行ってそこを越え
テントを張れば雷雨に怯え
林道に入ればヨタヨタ走り
誉められもせず 苦にもされず 
そういう人が私です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
Amazon.co.jpアソシエイト
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR