房総半島ツーリング その4 養老渓谷編

月崎から県道で養老渓谷へ、県道81号から弘文洞跡に通じる道にこのトンネルがある。



このトンネル、上にある穴が元からあった向山トンネルの出口で、下にあるのは新しく掘った共栄トンネル。新トンネルと繋げるために路盤を下げたためにこんなスタイルになったという歴史をもつ。

そのため県道側と弘文洞跡側でそれぞれ別の名前の看板がついている。

時間が早いせいか台風の影響か弘文洞跡への遊歩道はチェーンがあったので来た道を戻って上総大久保駅近くの林道へ。




舗装と未舗装が混在する林道でもちろん素掘りトンネルもある。

荒れてきたら引き換えそうと決めて案内板を頼りに大福山に、展望台を過ぎると大福山林道に合流する。



路面はフラットで走りやすい。産廃処理場があるので対向してくるトラックに気を付けながら林道を下る。

林道が終わると養老渓谷近くに戻る。
昼飯にソバを食べた養老渓谷観光センターの裏にはこんな滝が。



こういった洞窟を流れるような川は水田や農地を作ったり水をひくために川廻しという手法で人工的に川の流れを変えたものだという。

先ほどの素掘りトンネルもそうだが房総半島の地質と緩やかな川のおかげでこういった神秘的にも見える風景が成立するのだそうだ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コーテル・リャン

Author:コーテル・リャン
東に不動車があれば引き取って直してやり
西に峠があれば行ってそこを越え
テントを張れば雷雨に怯え
林道に入ればヨタヨタ走り
誉められもせず 苦にもされず 
そういう人が私です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
Amazon.co.jpアソシエイト
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR