山梨旧道めぐり その2 笹子峠 前編



大月市で139号から20号線に入り、車にバンバン抜かれながら笹子峠を目指す。笹子トンネルの手前の分岐で旧道へ。



御坂峠が旧道とはいえ比較的整備された広い道なのに対してこちらはこのような旧道っぷり。
バイクが小さいので道幅は広く見えるが、勾配、道幅とも舗装林道といった具合の道が甲州市まで続く。



FT-1のエンジンを唸らせながら途中にある矢立の杉へ。 この杉の木は幹が途中で折れ、中が空洞化しながらも1000年以上そこに立ち続けているという。

周辺の遊歩道がかつての甲州街道をトレースしているようなので少しばかり歩いてみることにした。



矢立の杉から下るとこんな感じ。そして矢立の杉から上に登ると…



さすが旧道の旧道。かつて甲州街道最大の難所と言われた道が本領を発揮してきたので撤退。再びFT-1のエンジンを唸らせながら峠を登り、旧笹子トンネルを抜ける。

御坂峠も笹子峠も旧道トンネルは出ると言われているが、笹子トンネルにはスズメバチの巣とクマ出没注意の看板があった。モノノケの類いよりそっちの方が恐ろしい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コーテル・リャン

Author:コーテル・リャン
東に不動車があれば引き取って直してやり
西に峠があれば行ってそこを越え
テントを張れば雷雨に怯え
林道に入ればヨタヨタ走り
誉められもせず 苦にもされず 
そういう人が私です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
Amazon.co.jpアソシエイト
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR