グラストラッカー フラッシングとオイル交換

スロットルと燃焼室の洗浄に引き続き、グラストラッカーのメンテナンスをする。



今回はオイル、エレメント交換と一緒に滅多にやらないフラッシングとスーパーゾイルの添加も試してみる。

まずは古いオイルを抜いてフラッシングゾイルを入れる。
フラッシングゾイルの場合はアイドリングもしくは低負荷で10分程度の走行でフラッシングが完了する。

9300kmのエンジンにフラッシングをしても仕方ないと思うけどクランクケースのスラッジを溶かしておきたい。

フラッシングが完了したらフラッシングオイルを抜いてエレメントを交換し、スーパーゾイルを混ぜたオイルに入れ替える。

9300kmのエンジンにゾイルを入れたところで特に変わらんだろうと思いつつも以前チョイノリを直したときに古いオイルにゾイルを入れたら調子がよくなったというのを見ているのでとりあえず入れておく。

オイルの交換後はスロットルと燃焼室の洗浄でかなり改善したアイドリングからごく僅かにアクセルを開けたときに回転がついてこない現象は完全に解消したというレベルになった。

トルク感も向上し、エンジンのレスポンスも以前の状態と比べたらアクセルを開けた分だけ前に進むと言っていいぐらいによくなった。

エンジン始動時のファーストアイドルもしっかり利いていて、ドンつき感も改善。やはりインジェクション車はこうでなくては。

2l買ってきて使ったオイルは約1.4l。余ったオイルも同様にゾイルを添加してセルペットのギアオイルに使用したところ、どういうわけかクラッチの滑りが解消された。効果は抜群だ。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コーテル・リャン

Author:コーテル・リャン
東に不動車があれば引き取って直してやり
西に峠があれば行ってそこを越え
テントを張れば雷雨に怯え
林道に入ればヨタヨタ走り
誉められもせず 苦にもされず 
そういう人が私です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
Amazon.co.jpアソシエイト
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR