バイクを乗り換えた



バイクをグラストラッカービッグボーイに乗り換えた。

現行セローの中古車を見に行くだけのつもりが、隣に置いてあったコレが目に入り、セローとイーハトーブを下取りに出して買ってしまった。

受け取ってとりあえず林道へ。70年代のトレール風のデザインで、ブロックタイヤを履いているので軽トラの通れる林道なら大丈夫だと思っていたら大丈夫だった。
重量は装備で139kgと満タンのセローより20kgほど重く、ハンドルの切れ角も浅いので転回が少々面倒になるものの、まあ十分だろう。



エンジンは単気筒としては振動も少なく穏やかな特性。トップギアの5速に放り込んでおけば40km/h弱からトップスピードまでをカバーするので楽チン。キャブ車からの乗り換えなのでFI車特有のドンつき感は少々感じるものの、基本的に乗りやすい。タコメーターは装備されていないが、パワーバンドを意識して乗るようなバイクではないので必要性も特にない。


オフロード風の外観ながらエンジンとフレームはオンロード車のボルティー、元をただせばGN250というクルーザー系の実用車から流用しているので高速道路ではセローよりも安心感がある。

ワイドレシオのギア比な上にエンジン特性も実用車的なので峠をギンギンに攻めるバイクではないが、軽量な部類に入る車体にそこそこトルク感のあるエンジンを積んでいるのでツーリングのペースで流す分にはとても楽しい。

正立テレスコピックフォークにリアはツインショック、フロント19インチ、リア18インチの昔ながらの足回りは17インチ車のような切れ味は無いものの穏やかなハンドリング。タイヤは標準のK180が付いている、このタイヤのパターン的に仕方ないことだがグルービングの入った路面にブロックが絶妙に食い込んで少し車体が振られるので交換時にはアコレードやTT100あたりを入れてみてもいいかもしれない。

ところで、これで自前の動力車が全てスズキになったわけだが、鈴菌に感染した覚えは無い。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コーテル・リャン

Author:コーテル・リャン
東に不動車があれば引き取って直してやり
西に峠があれば行ってそこを越え
テントを張れば雷雨に怯え
林道に入ればヨタヨタ走り
誉められもせず 苦にもされず 
そういう人が私です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
Amazon.co.jpアソシエイト
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR