キャリイ DA16T インプレ



最近職場に投入された軽トラック。

とうとう私にもハンドルを握る機会がやってきたのでインプレッションを書いてみたい。

型式はDA16T、グレードは金太郎ダンプというもので、ベース車はKCエアコンパワステ農繁仕様に相当する。

シートに座って最初に気が付くことは、キャビン、そして足元の広さである。

以前借りて乗り回した旧規格のキャリイとはもちろん比べるべくもなく、比較的室内が広い印象のある旧ミニキャブよりもゆったりと座ることができる。私の体格ではシートを一番後ろにスライドさせても狭い車種もあるのだが、このキャリイは2ノッチ程余裕がある。

これにより、ドライビングポジションは窮屈になることはなく、フルキャブ車のためタイヤハウスに邪魔されることもない。これによりペダル操作は自然な足の位置で行えるので運転しやすい。

エンジンを始動すると、その静かさに驚くことになる。
MRレイアウトのアクティ(後ろにエンジンがあるのでとても静か)には及ばないものの、座席下にエンジンがある軽トラックもここまで静かにできるのかというレベルで静かになっている。

4速60km/hエアコン全開でも標準装備のスピーカー内蔵型ラジオの音は大音量にしなくてもしっかりと聞き取れる。室内に入り込むノイズに関しては、自分のKeiの方が大きいぐらいだ。

クラッチは非常に軽く、左足が疲れることもない。トランスミッションは5速MTで、頻繁なシフト操作を要求されることもなく、30km/h弱から巡航速度までカバーする4速に放り込んでしまえば多少の勾配ならシフトダウンせずに走ることができる。

ハンドリングは古い軽トラックによくあるハンドル操作に対してワンテンポ遅れて旋回が始まるような挙動もなく、乗用車的な感覚。多少ペースを上げてみても不安な感じは全く無い。

悪路性能はデフロック付きのパートタイム4WDのため不整地でも問題ない。オフロード用のタイヤが装着されているためか、2WDの状態でも路面が乾いていれば少々のことでは空転はしないものの「空転したら四駆に入れれば出てこれる」という安心感がある。おそらく道路の体をなしている所なら、どこでも入って行けるはずだ。

あとはエアコンの効きが物凄く良く、ホイールベースの短いフルキャブ車のため狭い場所での切り返しも少なくて済む。

ベースモデルのKCエアコンパワステ農繁仕様なら高低速2段切り替え4WDにデフロックとAM/FMラジオも付いて乗り出し100万円とちょっと。 税金はたったの5000円。ラジオとエアコンパワステがあればあとは何も要らない。もう次の車は軽トラにしよう。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コーテル・リャン

Author:コーテル・リャン
東に不動車があれば引き取って直してやり
西に峠があれば行ってそこを越え
テントを張れば雷雨に怯え
林道に入ればヨタヨタ走り
誉められもせず 苦にもされず 
そういう人が私です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
Amazon.co.jpアソシエイト
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR