奥多摩を探索する その3

奥多摩周遊道路を走っていると、山のふるさと村という場所がある。

キャンプ場や木工や陶芸などのクラフト体験ができる施設があり、奥多摩湖畔の散策路も整備されている。

普通に過ごしても楽しめそうなこの場所に、それはある。



目があった。



地面からオート三輪が生えている。もう少し日当たりを良くすれば荷台の鳥居がシャキッとして屋根が生えて走るようになりそう。



発動機という表現がぴったりな形のOHV単気筒エンジンも残っている。車種はダイハツのSDB型1トン車だそうだ。



山のふるさと村はダム建設に伴い住民が移転した旧小河内村の水没を免れた集落跡に作られている。
このオート三輪も住民が置いていったものだという。



411号線に戻って帰路へ。
現在も道路改良が続く柳沢峠の区間にはいくつか旧道が残っている。

旧道のほとんどは閉鎖されているが、民家がある関係で閉鎖されていない区間には昭和35年竣工の女橋がある。

他の旧道区間に残る橋の竣工年も近いことから考えると、おそらく柳沢峠を越えて奥多摩まで全面的に自動車が通行できるようになったのはこの時期で、それ以前は塩山から丹波山までの馬車道があったようだ。

馬車道を自動車道として改良する際に一部ルートが変更され、塩山の藤尾橋から丹波山の船越橋までの黒川通りと呼ばれる区間は明治の馬車道のまま改良されずに残っている。



黒川通りには411号の羽根戸トンネル付近からアプローチできる。いかにも昔の峠越えの街道といった道が50mほど続き、かろうじて石垣が残る崩落箇所を越えた先には広い馬車道や橋台が原形を留めて残っているそうだが…



無理!帰ろう!踏破した人のレポートを読むと、木にかけたロープに掴まりながら崩落箇所を越えたとか、斜面をよじ登ったなどの記述がある。普通に通行できる道路って実はとても有難い。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コーテル・リャン

Author:コーテル・リャン
東に不動車があれば引き取って直してやり
西に峠があれば行ってそこを越え
テントを張れば雷雨に怯え
林道に入ればヨタヨタ走り
誉められもせず 苦にもされず 
そういう人が私です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
Amazon.co.jpアソシエイト
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR