奥多摩を探索する

奥多摩にツーリングに行ってきた。



411号で柳沢峠を越え、奥多摩へと向かう。この辺りは涼しくていいやと峠を下っていると、なにやら錆びついた物体が。



ボロいバスだなぁ…子供が見たら泣くぞこれ。古いバスが物置代わりに使われている光景はさほど珍しくないので今まで気にしていなかったが、よく見るとピラーから何か赤いものが生えている。



アポロウインカーじゃないか!

気になったのでこのバスの素性を調べてみたところ、山梨交通で使われていた昭和30年頃の民生デイゼル(現UDトラックス)製イーグル号というリアエンジンバスだそうだ。

塩山駅~奥多摩(このバスが現役だった当時の名称は氷川)駅を結ぶ路線で運行されていたにしろ、甲府盆地からの最後の回送の終点がここだったにしろ、重ステダブルクラッチで昔の柳沢峠を走るのは大変そうだ。



丹波山村を過ぎて奥多摩町に入る。奥多摩周遊道路の入口付近におよそ手入れがされた形跡も無ければ送電用でもない鉄塔が立っている。上空に張られたワイヤーは山の中に消えていき、その先には



これがある。

名を奥多摩湖ロープウェイといい、昭和37年に開業。奥多摩湖を南北に横断するルートの渡し舟のような役目を持ち、登山者や観光客の需要を見込んで作られたようだが、わずか4年後の昭和41年12月に冬期休業の名目で運行を休止。結局、春が訪れても運行が再開されることはなかった。



運行の再開どころか事業の継続を断念して所在不明にならざるを得なかった運営会社からすれば不本意極まりない事だが、放棄されたこのロープウェイは廃墟として有名になってしまう。

定期的に清掃されているのか、廃墟にありがちな不気味さはそれほど感じられず、人工物が自然に飲み込まれつつある様が幻想的ですらある。



みとう号の愛称が付いた搬器が長い冬季休業に入って51年。この場所に昭和42年の春が訪れ、対岸にいる相棒のくもとり号と再会することは、おそらく無い。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

・・・絶句。

バスの画像が目に入った瞬間、「うわぁオバケが出た!」
(注・子供視点ではなく乗物マニア視点で)と驚きましたが
更にまさかのミンセイ・シャーシ車でしたか・・・すげー。
てっきり同年代の三菱R0系だと思っていました。

身売りされる前だったら日産UD自体が引き取って再生を
試みたかもしれない、それほど貴重な個体に思えます。
まだエンジンが載っているなら前期型KDですもんね・・・。

アポロから通常のウインカーに改装されていないので、
おそらく廃車時期はロープウェイ廃止と同じ頃では?
首都圏に近い地域で半世紀も眠る道祖神となれば、
相当の「訳アリ」なんだろうな・・・と想像した次第です。

いやー・・・いいものを拝ませて頂きました(合掌)。

Re: ・・・絶句。

民生イーグル号で画像検索すると、この廃車体が最初に出てきますので、人目につく場所で現存しているのはこの個体のみという可能性も…山梨交通でワンマンバスが導入されたのが昭和41年だそうなので、おそらくその頃に廃車になったものと想像できます。

実はこの場所、イーグル号の後ろには日産のエコーと日野の“左ハンドルの”キャブオーバーバスがあります。

元山梨交通のイーグル号とマイクロバスのエコーが置いてあるのはさほど不思議ではないのですが、左ハンドルの日野はどういった経緯であそこに来たのか全く想像がつきません。
プロフィール

コーテル・リャン

Author:コーテル・リャン
東に不動車があれば引き取って直してやり
西に峠があれば行ってそこを越え
テントを張れば雷雨に怯え
林道に入ればヨタヨタ走り
誉められもせず 苦にもされず 
そういう人が私です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
Amazon.co.jpアソシエイト
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR