静かなカスタムマフラーを作る



セローの前に乗っていたCB400SF。
「アクセルひとつで全域愉快」の売り文句は伊達ではなく、ハイパーVTECのおかげでどの回転域でもパワフルで、ゆったり走っても、ちょっと気合いを入れて走っても楽しめるという文句の付けようがない素晴らしいバイクだった。

しかし、純正のサイレンサーの形がどうにも気に入らないのでマフラーを交換した。

ただ、うるさいマフラーは嫌いなので、音量は純正並みに静かで、低速トルクも4-2-1で集合している純正並みのものが欲しい。というか音も特性も純正で充分だけどサイレンサーの形だけメガホンっぽいモノにしたい。そんなものは売ってないので自作することにする。



とりあえず900ニンジャの純正サイレンサーと失敗しても困らないようにCB400SFの純正エキパイを買ってきた。900ccの2本出しマフラーを片側だけ使えばちょうど400ccのサイレンサー容量としてはちょうど良くなるだろうという適当な解釈。安かったしな。



で、ニンジャのサイレンサーとCBのエキパイを適当に寸法が合うようにサンダーで切って、溶接してもらう。



溶接したものを耐熱ブラックに塗って



車体に戻せば完成。

性能面は純正と変わらず、音量は純正よりやや静かになって低速トルクが若干太くなった。
この状態でユーザー車検に持っていって「音量も排ガスもクリアできるはずだけどさすがに自作はダメだろう」と思っていたら、検査官に音量を測定されて「あ、大丈夫ですね」と言われて何故か通った。(※現在の車検基準で通るかは知りません)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コーテル・リャン

Author:コーテル・リャン
東に不動車があれば引き取って直してやり
西に峠があれば行ってそこを越え
テントを張れば雷雨に怯え
林道に入ればヨタヨタ走り
誉められもせず 苦にもされず 
そういう人が私です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
Amazon.co.jpアソシエイト
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR