RG125E メンテナンス記録



イーハトーブを入手する時に手放したRG125Eを直したときの話。
1980年に発売された空冷2サイクル2気筒、星形キャストホイール採用という贅沢な造りのバイクである。

RZ250の登場までクラストップの性能を誇ったRG250Eのデザインを踏襲しながらもカクカクしたライトとメーター、長いリアフェンダーのせいでデザインが微妙にアジア向けの現地生産車っぽくなっている。このデザインを未来的にリファインしたらGSR250 になりそうな感じがしなくもない。



一応エンジンはかかるものの、燃料コックからガソリン漏れ、キャブからは物凄い勢いでオーバーフロー、その他色々ボロいレストアベースのジャンク品の状態で引っ張ってきた。



燃料コックはレバーが分解できたので、Oリングを交換して修理。



キャブのオーバーフローはフロートの油面が異常なまでに高くされていたので正常な油面に調整。
恐らくパワーフィルターを装着したは良いが、メインジェットを換えずに油面だけで混合気を濃くしようとしたのだと思われる。



何しろここまでエアクリーナーを塞がないと発進すら出来ないレベルで混合気は薄い。油面だけでは対応するの無理。というか油面を合わせるのは正直なところ面倒くさい。



付いていたエアクリーナーもゴムパイプがヒビだらけだったので傘付きのタイプに交換しメインジェットも交換。

なかなか番手が決まらずに罰ゲームのような作業になったキャブセッティングを終えてようやくマトモに走るように。



外装は磨いたらそれなりになったので



硬化しきったタイヤを前後とも交換。

乗った感想は空冷2サイクルらしい爽快な音と加速感で、重そうな見た目と裏腹に軽快に走る。足に使ってもツーリングに行っても楽しいバイクだった。強いてケチを付けるなら、125ccのクセにリッター17kmという恐ろしい燃費を記録した位か。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コーテル・リャン

Author:コーテル・リャン
東に不動車があれば引き取って直してやり
西に峠があれば行ってそこを越え
テントを張れば雷雨に怯え
林道に入ればヨタヨタ走り
誉められもせず 苦にもされず 
そういう人が私です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
Amazon.co.jpアソシエイト
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR