セルペット ひとまず復旧

試運転でフライホイールが外れたセルペットを直してみる。



ウッドラフキーの詰め合わせが届いたので、どれか合うだろうとフライホイールを付け直してみる。



ウッドラフキーのサイズは3×5×13がジャストサイズ。傷んでいたクランクのネジ山はダイスで修正。

フライホイールもしっかりと固定できたのでもう走行中に外れないでほしい。



ついでなのでOリングの劣化でガソリンが滲む燃料コックを「M14のコックなら何でも付くでしょ」とモンキー用に取り替えようとしたものの、ネジ径は同じだがピッチが合わないのでそのままでは付かない。(セルペットは並目ねじ、モンキー用は細目ねじ)



仕方ないので元々のコックを直すことにして工具箱を漁ると丁度いいOリングが出てきた。多分RG125Eのコックを直したときに余ったヤツだな。
これでタンクとの接続部からの滲みは止まるはずだけど、どうせレバーのところから滲むんだ。



まあガスケットシートを切り出してパッキンを作ったキャブのフロート室からも微妙にガソリンが滲んでいるので、そのうち対策はしないと、滲みが漏れから流出に進化すると危険だ。燃える。



そのまま付かないといえば、K125のものが使えそうだと思っていたクラッチ板も、クラッチハウジングに引っかかる爪の数が違うので流用は出来ない。

もしかしたらクラッチの遊びが少なすぎてプッシュロッドが常に利いている可能性が無きにしもあらずなのでクラッチの遊びを調整しておいた。
これで駄目ならいずれフェーシングの貼り換えを頼むか。

クランキングでプラグに火花が飛ぶことを確認。エンジンも普通に始動でき、異音も無いのでひとまず実動コンディションには復旧。しかし、絶対にこのバイクで遠出するのはやめよう。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コーテル・リャン

Author:コーテル・リャン
東に不動車があれば引き取って直してやり
西に峠があれば行ってそこを越え
テントを張れば雷雨に怯え
林道に入ればヨタヨタ走り
誉められもせず 苦にもされず 
そういう人が私です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
Amazon.co.jpアソシエイト
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR