早川入往還を走る

前回の早川町の旧道探索で、かつて早川入往還と呼ばれた街道の一部を走ったので、今回は可能な限りトレースしてみようとまたも早川町に行ってきた。

この街道は早川入の名のとおり、県道開通以前の身延~早川間のメインルートであり、身延町切石から早川町奈良田までを結んでいた。

身延の切石で下ろされる富士川舟運の荷はこのルートで早川流域に運ばれた。言われてみると、県道から見た対岸に民家が集中しているように見えるし、かつて早川町がいくつかの村に分かれていた頃は山中の道路沿いに役場や学校などがあったと言われればこちらがメインルートであったことを疑う理由はない。



というわけで身延町切石をスタートする。県道沿いには古い家屋や蔵などがあり、街道であった名残が感じられた。



県道421号の間遠トンネル付近はループ道になっている。旧道の痕跡は既に無いが、トンネルとループに至る道の地形からみると、以前はつづら折りの峠道だったと思われる。



間遠トンネルはループ道側と早川側で抗門の形が違う。ループ道側はよくある古いトンネルといった雰囲気で路肩の石垣もあってシンプルだが悪くない。



早川側はトンネル内が素堀のコンクリ吹き付けであることがよく分かる無骨な雰囲気。トンネル名のプレートが無いことを考えると法面工事をした際に作り直したように思える。



トンネルを抜けて町道を早川町に向かって進んでいくといくつかの集落がある。集落の前後の道を撮っておけば良かったのだが、道路は落石防護ネットがバッチリ仕事をしている様子が見てとれるので、見張らしは良いものの早いとこ通り抜けてしまいたかった。この道は富士見山林道になる。



早川町内の笹走から塩之上へと下る。さらに下ると草塩集落へと向かう分岐が現れる。草塩へのルートが早川入往還の本線のようだが、残念ながらゲートで閉鎖されていた。



塩之上から薬袋へと向かう道沿いには学校の跡がある。地名は天久保とかいてソラクボと読み、この場所には五箇小中学校と五箇村役場が置かれていた。



五箇村は明治7年から昭和31年の早川町発足まで存在した村で、現在の早川町笹走、塩之上、薬袋(みない)、千須和(せんずわ)、榑坪(くれつぼ)地区が該当する。昭和30年の時点での人口は1,132人だったそうだ。これは現在の早川町全体の人口とほぼ同じ位になる。

翌年に早川町が発足した当時の全人口は8,116人であり、南巨摩の自治体はどこでもそうだが緩やかに減少を続けている。



天久保集落は無人になって久しく、学校や役場の跡も門柱と石碑を残すのみだが、笹走、塩之上の集落の規模や、道路沿いには建物があったと思われる平らな土地も確認できるので、ここがかつて交通の要衝として賑わっていたことが分かる。

天久保から薬袋に下り、温泉に入りたいのと鹿肉が食べたいので県道へ出て草塩へ。草塩には町営温泉とジビエ料理の食べられる加工所がある。

県道37号と早川入往還の線形を比べると、幹線道路が現在の県道になったことも納得できる。仮に県道のベースとなった電源開発のための馬車軌道が作られなくとも、早川入の峠道の拡幅ではなく、早川沿いに新道は作られただろうと、貸し切り状態の町営温泉に浸かりながら思った。鹿肉はラストオーダーを過ぎたので食べることが出来なかった。


ページトップ