早川町を走る

山梨県早川町、日本一人口の少ない 町 である。

南アルプスの別名をもつ赤石山脈と櫛形山系の谷を走る早川に沿って集落が点在し、西山温泉にある慶雲館は世界最古の歴史を誇る旅館としてギネスに認定されている。

谷に沿うように走る県道37号線は赤石山脈を越える唯一の車道である北沢峠に通じるものの、自然保護の観点から早川町最北の集落である奈良田でマイカーは通行止めとなっている。



というわけで県道を走って通行止めまで行ってみる。県道37号は一部狭小区間はあるものの、概ね2車線の快走路。



その前に県道から分岐して雨畑湖に寄っておく。この湖は日本軽金属のダム湖で、アルミニウムの精錬に使用する電力を供給する発電ダムがある。
この地区で産出される雨畑真石の正体は遠赤外線を放射する特性をもつブラックシリカであり、古くから多くの書道家に愛される雨畑硯、近年ではブレスレットなどのアクセサリーにも加工されている。



雨畑湖からさらに進むと見神の滝がある。この滝の二段目の滝壺には金があるといわれ、一攫千金を夢見る者が滝に挑むも全て失敗したとの言い伝えが残る。

この滝から先へは静岡市井川へと続く魅惑の峰越えルート、井川雨畑林道が伸びているが、当面の間通行止め。もはや開かずの林道になりつつある。



再び県道に戻り、奈良田へと向かう。新倉には糸魚川静岡構造線の露頭部がある。



世界最古の温泉旅館のある西山温泉を過ぎて、さらに先へと進むと、奈良田に到着する。この地は山梨の秘境と言える集落で、明治までは最寄りの集落まで行くには2時間ほど山を歩く必要があったなど周囲と隔絶されていた土地であり、通常の甲州弁とは異なる奈良田方言というアクセントが関西弁に近い独特の方言が残るという。
また、ここには西山ダムという発電ダムがあり、かつての集落は奈良田湖と呼ばれるダム湖の中に沈んでいる。



さらに北上すると県道は開運隧道のゲートで通行止めとなる。この先は南アルプスの北沢峠を越える南アルプス林道に通じているが、通行出来るのは路線バスとタクシーのみ、自転車も含めて、自前の車両はここで折り返し。


 
帰路は身延山参拝の宿場として栄えた赤沢へ、斜面にひしめき合うように歴史ある建物が建ち並ぶ。



ところで、新倉断層付近にあったこの橋の跡の正体について調べていたら、かつて新倉から赤石山脈を越えて長野県大鹿村へと至る伊奈街道なる街道がかつて存在したという情報が出てきた。(橋は街道とは無関係)赤石山脈を越える街道など計画はあっても実際に作るのは無理だろうと思っていたら…次に行った時に森林軌道の跡と共に探索してみるか。


ページトップ