宇津ノ谷峠の古道を歩く その2

蔦の細道の踏破を終えて、旧東海道へと向かう。



川に沿って続く道には水車小屋らしき建物や石積みの堰堤がある。



つたの細道公園付近から旧東海道にアプローチすることができる。このルートは豊臣秀吉が進軍のために開いた道といわれ、明治時代にトンネルが開通するまで東海道の主要ルートとして機能していた。



こちらの峠道はいわばバイパスのようなものだけあって勾配も緩く、道幅も広くて歩きやすい。この時点で小雨がぱらついてきたので早いとこ峠を越えてしまおう。



途中の分岐に排気口という地名が出てくるが、これはそのまんま国道1号のトンネルにある排気口のメンテナンス用道路。旧東海道は石垣の上にある。



しばらく歩くと峠に到着。蔦の細道よりも峠に着くまでの時間はかなり早い。



峠であることを示すのはこのプレートだけで眺望が開けるわけではないが、峠道というのは山肌を巻いていくので無ければ大体こういうものである。



峠を下って行くと地蔵堂跡の石垣が現れる。峠の地蔵というのは安全祈願だけでなく、道標のような役割もあったのだそうだ。



開けた場所からは宇津ノ谷地区の建物が見える。遠くで雷の音が聞こえはじめたので早いとこ下ってしまおう。



竹林をすぎると明治トンネル方面と宇津ノ谷地区方面への分岐がある。トンネルに行きたい衝動を押さえつつ宇津ノ谷地区に向かう。



宇津ノ谷地区は旧東海道の丸子宿と岡部宿の間にある間の宿であり、街並みには街道の面影が残り、保存されている。

これにて宇津ノ谷峠の全ルートは制覇。幸いにも雨はすぐに止んだのでどうにかずぶ濡れで山歩きをする羽目にはならずに済んだ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コーテル・リャン

Author:コーテル・リャン
東に不動車があれば引き取って直してやり
西に峠があれば行ってそこを越え
テントを張れば雷雨に怯え
林道に入ればヨタヨタ走り
誉められもせず 苦にもされず 
そういう人が私です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
Amazon.co.jpアソシエイト
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR