ホンダEM300を直してみる。



発電機の修理を頼まれた。

発電機の修理は初めてだが「農機具屋さんで修理を断られるほど古い型だから最悪トドメを刺しちゃって 」とのことなので直してみることにする。

持ち込まれたのはホンダのE300とEM300。E300は1965年に発売、 低騒音タイプのEM300は1973年に発売された。ああ、古い。そりゃ店も新品を勧める。ただ外装は最近の小型発電機より金属っぽくて可愛らしいデザインなので性能や静粛性はさておいて素敵。

両者ともスターターが空回りしてプラグには火花が飛ばず、E300はエンジンが動いていた頃から発電すらしない。というわけで、スターターと点火系をどうにかすれば使用可能になるEM300から手を付けることにする。



では、殻を剥いて冷却ファンを取り外そう。固定ボルトを外すとファンにネジ山が切ってあるので径とピッチが合うネジをねじ込んでやればファンが外れる。



スターターが空回りする原因はファンの裏にあるスターター側の爪に引っ掛かる部品の動きが渋いせいなので油をくれてやる。これでスターターの修理は完了。何回ヒモを引っ張っても空回りはしない。



点火系は正面からみて右側の発電機の前に付いている。とりあえずポイントを磨いてみることにする。



遠慮せずガシガシとポイントをヤスリで磨く。組み直してスターターのヒモを引っ張ってみたがエンジンは始動せず。ガソリンは来ていてプラグには火花が飛んだり飛ばなかったりなのでE300のプラグと入れ替えたらあっさりとエンジンは始動。可愛らしい発電機だがしっかりとホンダシングルの音がする。良い音だ。うるさいけど。



扇風機や投光器を繋いでもちゃんと作動するのでこれにて修理は完了。E300の方も早いとこやってしまおう。


スポンサーサイト

セルペット 電撃丸を使ってみる。

私のセルペットのバッテリーは弱っている。一応走れば充電されるものの、数時間後には弱々しくニュートラルランプを光らせるのが精一杯になってしまう。



新品のバッテリーに交換すれば解決するのだが、完全に終了しているわけではないので悪あがきにケミカルを投入してみる。硫酸化合物がサルフェーションに効くというこちらの電撃丸。効果があればしばらく今のバッテリーが使えるし、効果が無ければ新しいバッテリーを買う決心がつく。



使い方はバッテリーの1セル毎に1粒投入するだけ。4輪のバッテリーの蓋に合わせた大きさなのでバイクのバッテリーに使う場合は砕いて投入する。3セルの6Vバッテリーなので3個使用する。

余った3個がもったいないので全部投入した。そもそも二輪車には使用しないで下さいとパッケージに書いてあったけどまあいいや。
※この記事は交換予定のある上がりかけのバッテリーに対してわざと誤った使用方法を試しています。この記事を参考にしたことによって起きた事故や損害について、当方は一切責任を負いません。

とりあえずしばらく走ってアイドリングでもウインカーとブレーキランプがちゃんと光る程度にバッテリーを充電。数時間後にエンジンをかけずにニュートラルランプとブレーキランプを点灯させてみると今までより多少はマシになっていた。いずれ新品バッテリーには交換することになるんだけどしばらくはこれでいいか。


セルペット ライトを直す

手元に戻ってきたときからハイビームが点かないセルペット。

夜はほとんど乗らないしロービームは光るので放置していたものの、ようやく涼しくなってきたので直してみる。



セルペットの場合、ライトの切り替えスイッチは左側にある。ちなみにライトを点灯するときは左のサイドカバーにある鍵を1段階回すとライトが点く。

では、スイッチをばらして…



ああ、これ戻すのがめんどくさいやつだ。めんどくさすぎてピンぼけだ。

接点を磨いて、戻そうとすると細かい部品が落ちる。ついでなのでホーンスイッチの接点も磨く。もう1回やる。細かい部品が落ちる。「クッソ、めんどくせ…」の流れを何回か繰り返して復元は終了。



ハイロー切り替えも問題なくできるようになったのでもうライトの角度を手で動かさなくてもいいぞ。
まあ原因はソケットのギボシが抜けてただけなんだけど。


グラストラッカー 生産終了のお知らせ

SR、セロー、ドラッグスターの生産終了を惜しむ声の中で、ひっそりとグラストラッカーシリーズにも生産終了の文字が。

エンジンもフレームもベースとなったGN250やボルティの時代から長いこと使っているので今回の排ガス規制で終了するのは仕方ないといえば仕方ない。
ついこの間出たバイクだと思っていたら、もう17年も作っていたなんて。



2000年にボルティをベースにしたストリートトラッカーとして発売。モーターショーに出展したボルティのカスタムモデルが好評だったので市販化された形だ。



2001年にはビッグボーイが追加。大径ホイールとブロックタイヤを装着し、走破性を高めたモデル。



2004年にはエンジンがそれまでの4バルブヘッドから2バルブヘッドになり、メッキシリンダーが採用される。



2008年にキックが廃止され、インジェクションの採用とタンク容量をそれまでの6lから8.4lに拡大されて、シートが少し厚くなり、2017年8月末まで生産されていた。

仲間内でビッグボーイ乗りがなぜか多かったこともあり、4バルブ、2バルブとも借りて乗ったことがある。そしてインジェクションのモデルは現在所有している。

エンジンに関してはキャブの2バルブと4バルブは違いは長時間乗っていないのでそれほど差は感じなかったが、キャブ車とインジェクションはちょっと乗っただけで違いが分かる。

キャブ車の方は規制が緩いのでトルク感が強く、インジェクション車はスムーズに回るが若干トルクが薄い印象。ただ、キャブのKLX250に乗っていた頃に出たばかりのインジェクションのKLXを試乗したら同じ感想になったので、そんなものなんだろう。

全年式に共通して言えるのはワイドなアップハンドルは乗ってて気持ちいいことと、最低地上高も充分に確保されているのでオフロードバイクほどでは無いが走る場所を選ばずどこでも行ける。

軽量な車体は取り回しも苦にならず、ハンドリングも自然なフィーリング。
難しい事は考えずに普通にバイクで移動する事が楽しいバイクだ。

恐らくこのバイクに某社の某(不本意な手放し方をしたので、もう1回乗りたいと思ったら中古車が馬鹿馬鹿しい値段になってた。カタログモデルだった頃は「1100の方がいい」とか「教習所にあるやつ」とか「車に例えるとマークIIグランデ」と言われて見向きもされなかったバイクが生産終了すると突然「古きよき時代の乗り味を現代に伝える」名車に化けるらしい。信号待ちからクラッチを繋いだだけで自然と口元が緩むような良いバイクだったけどね)のようなプレミア価格が付くような事はないと思うけど、ピザポテトやカールが高値で取引される時代なので、グラストラッカーが欲しい人は新車も中古車も適正な値段で売っている今のうちに買っておいた方がよさそうだ。

グラストラッカー TT100GPに交換

私のグラストラッカービッグボーイの標準タイヤはダンロップのK180。

グルービングの入った路面でハンドルを取られる以外は特に不満もないタイヤだが、スリップサインが出てきたので交換した。



交換したタイヤは同じダンロップのTT100GP。同じK180でもよかったし、ロードタイヤならブリヂストンのアコレードの方が減らなそうだが、在庫があったのでこれに。

見た目の印象は無印のグラストラッカーがこのタイヤを履いているので全く違和感は無い。
K180のようにグルービング路面でハンドルが振れるようなこともなく、グリップはグラストラッカーにはオーバースペックなぐらい。

ハンドリングは自然なフィーリングで、若干重い印象があったK180よりはこちらの方が好みだ。



では、林道へ

このぐらいの場所なら通過は可能。わざとやらなければ空転もロックもしない。さすがに泥では空転して進まなくなったが、フラットダートなら大丈夫だ。

あとはスリップサインが出るまで1万kmぐらい走れれば言うことなし。ただ、あまり期待はしていない。
プロフィール

コーテル・リャン

Author:コーテル・リャン
東に不動車があれば引き取って直してやり
西に峠があれば行ってそこを越え
テントを張れば雷雨に怯え
林道に入ればヨタヨタ走り
誉められもせず 苦にもされず 
そういう人が私です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
Amazon.co.jpアソシエイト
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR