奥多摩を探索する その3

奥多摩周遊道路を走っていると、山のふるさと村という場所がある。

キャンプ場や木工や陶芸などのクラフト体験ができる施設があり、奥多摩湖畔の散策路も整備されている。

普通に過ごしても楽しめそうなこの場所に、それはある。



目があった。



地面からオート三輪が生えている。もう少し日当たりを良くすれば荷台の鳥居がシャキッとして屋根が生えて走るようになりそう。



発動機という表現がぴったりな形のOHV単気筒エンジンも残っている。車種はダイハツのSDB型1トン車だそうだ。



山のふるさと村はダム建設に伴い住民が移転した旧小河内村の水没を免れた集落跡に作られている。
このオート三輪も住民が置いていったものだという。



411号線に戻って帰路へ。
現在も道路改良が続く柳沢峠の区間にはいくつか旧道が残っている。

旧道のほとんどは閉鎖されているが、民家がある関係で閉鎖されていない区間には昭和35年竣工の女橋がある。

他の旧道区間に残る橋の竣工年も近いことから考えると、おそらく柳沢峠を越えて奥多摩まで全面的に自動車が通行できるようになったのはこの時期で、それ以前は塩山から丹波山までの馬車道があったようだ。

馬車道を自動車道として改良する際に一部ルートが変更され、塩山の藤尾橋から丹波山の船越橋までの黒川通りと呼ばれる区間は明治の馬車道のまま改良されずに残っている。



黒川通りには411号の羽根戸トンネル付近からアプローチできる。いかにも昔の峠越えの街道といった道が50mほど続き、かろうじて石垣が残る崩落箇所を越えた先には広い馬車道や橋台が原形を留めて残っているそうだが…



無理!帰ろう!踏破した人のレポートを読むと、木にかけたロープに掴まりながら崩落箇所を越えたとか、斜面をよじ登ったなどの記述がある。普通に通行できる道路って実はとても有難い。



スポンサーサイト

奥多摩を探索する その2



ロープウェイが渡っていた奥多摩湖は東京都の水源確保のために作られた昭和32年に完成した小河内ダムの人造湖。



国道411号と平行するように、ダム建設の資材を運んでいた蒸気機関車の線路が残されている。この地点は旧青梅街道をトレースする奥多摩むかし道と交差していてその先には線路と平行するように遊歩道が延びている。



路線名は東京都水道局小河内線。工事用の鉄道ながら国鉄の路線から直通の貨物列車を乗り入れることや、ダム完成後も電化して観光用路線として利用することも考えていたのか、国鉄の線路と同様の規格で作られた。



日原鍾乳洞へと向かう道からはコンクリート製のアーチ橋が見える。氷川駅から水根駅までの標高差は橋とトンネルを組み合わせることでクリアしている。蒸気機関車がここを走る姿は絵になりそうだが、乗務員にとっては過酷だったに違いない。
なにしろ僅か6.7kmの間に23の橋と26のトンネルがあって、勾配は最大で30パーミルもある。



小河内線はダム建設に多大な貢献を果たした。ダムの完成後は列車が走ることはなく、現在は休止線の扱いになっている。

地元の人によると、20年ほど前に線路を活用しようという計画があったものの、整備費の問題で実現しなかったとのこと。テレビの企画でこの線路にトロッコを走らせたことがあるようなのでそのことを言っているのかもしれない。



奥多摩駅を過ぎて、411号を青梅方面に進むと白丸トンネルの脇に数馬隧道という素掘りのトンネルがある。
大正5年に作られたトンネルで、このトンネルが完成したことで、この地は車両での往来が可能になった。



トンネルの上に青梅街道の古道がある。この数馬の切通しは氷川に至る険しい山越えを回避する目的で江戸時代(1700年頃)に作られた。
火を焚いて熱した岩盤に水をかけてヒビを入れ、ツルハシで砕く方法で切り開かれている。
この切通しによって荷を積んだ馬が通せるようになり、多摩川上流の集落との物質的な交流ができるようになったという。



奥多摩にこれだけの物件が揃っているのは、ダム完成後に東京都が水源保護のためにこのエリアの開発を制限する姿勢をとったことが大きいと思う。そして、物件はまだある。

奥多摩を探索する

奥多摩にツーリングに行ってきた。



411号で柳沢峠を越え、奥多摩へと向かう。この辺りは涼しくていいやと峠を下っていると、なにやら錆びついた物体が。



ボロいバスだなぁ…子供が見たら泣くぞこれ。古いバスが物置代わりに使われている光景はさほど珍しくないので今まで気にしていなかったが、よく見るとピラーから何か赤いものが生えている。



アポロウインカーじゃないか!

気になったのでこのバスの素性を調べてみたところ、山梨交通で使われていた昭和30年頃の民生デイゼル(現UDトラックス)製イーグル号というリアエンジンバスだそうだ。

塩山駅~奥多摩(このバスが現役だった当時の名称は氷川)駅を結ぶ路線で運行されていたにしろ、甲府盆地からの最後の回送の終点がここだったにしろ、重ステダブルクラッチで昔の柳沢峠を走るのは大変そうだ。



丹波山村を過ぎて奥多摩町に入る。奥多摩周遊道路の入口付近におよそ手入れがされた形跡も無ければ送電用でもない鉄塔が立っている。上空に張られたワイヤーは山の中に消えていき、その先には



これがある。

名を奥多摩湖ロープウェイといい、昭和37年に開業。奥多摩湖を南北に横断するルートの渡し舟のような役目を持ち、登山者や観光客の需要を見込んで作られたようだが、わずか4年後の昭和41年12月に冬期休業の名目で運行を休止。結局、春が訪れても運行が再開されることはなかった。



運行の再開どころか事業の継続を断念して所在不明にならざるを得なかった運営会社からすれば不本意極まりない事だが、放棄されたこのロープウェイは廃墟として有名になってしまう。

定期的に清掃されているのか、廃墟にありがちな不気味さはそれほど感じられず、人工物が自然に飲み込まれつつある様が幻想的ですらある。



みとう号の愛称が付いた搬器が長い冬季休業に入って51年。この場所に昭和42年の春が訪れ、対岸にいる相棒のくもとり号と再会することは、おそらく無い。




静かなカスタムマフラーを作る



セローの前に乗っていたCB400SF。
「アクセルひとつで全域愉快」の売り文句は伊達ではなく、ハイパーVTECのおかげでどの回転域でもパワフルで、ゆったり走っても、ちょっと気合いを入れて走っても楽しめるという文句の付けようがない素晴らしいバイクだった。

しかし、純正のサイレンサーの形がどうにも気に入らないのでマフラーを交換した。

ただ、うるさいマフラーは嫌いなので、音量は純正並みに静かで、低速トルクも4-2-1で集合している純正並みのものが欲しい。というか音も特性も純正で充分だけどサイレンサーの形だけメガホンっぽいモノにしたい。そんなものは売ってないので自作することにする。



とりあえず900ニンジャの純正サイレンサーと失敗しても困らないようにCB400SFの純正エキパイを買ってきた。900ccの2本出しマフラーを片側だけ使えばちょうど400ccのサイレンサー容量としてはちょうど良くなるだろうという適当な解釈。安かったしな。



で、ニンジャのサイレンサーとCBのエキパイを適当に寸法が合うようにサンダーで切って、溶接してもらう。



溶接したものを耐熱ブラックに塗って



車体に戻せば完成。

性能面は純正と変わらず、音量は純正よりやや静かになって低速トルクが若干太くなった。
この状態でユーザー車検に持っていって「音量も排ガスもクリアできるはずだけどさすがに自作はダメだろう」と思っていたら、検査官に音量を測定されて「あ、大丈夫ですね」と言われて何故か通った。(※現在の車検基準で通るかは知りません)



セルペット フロントフォーク交換

セルペットの前輪はフォークが少し歪んでいるのか、はたまたフォーク内部がボロいのか斜めに傾いた状態で付いている。

古いバイクだとよくある事なのでワッシャーをフォークとホイールの間に挟んで無理やり修正して使っていたのだが、ヤフオクで程度のいいフォークが入手できたので交換する。



まずは新しいフォークのボトムケースは赤いので、黒に塗装し、乾かしている間に車体のフロント回りをバラす。



あとは塗装が乾いた新しいフォークと入れかえればいいんだけど、セルペットのフォークは設計の古いバイクによくあるアウタースプリング式、現在主流のインナースプリング式みたいに伸びきったままステムに差し込めない上に、フォークカバーが邪魔してインナーチューブを手で伸ばすこともできない。

トップブリッジの位置までは適当な長いM10のネジを突っ込んで引き上げればいいのだが、そんなものは持ってないのでアクスルシャフトで代用した。



フォークの交換後は前輪の傾きも解消され、ブレーキングで左に寄っていく挙動も出なくなった。

失われたセルペットのサイドカバーをFRPで自作する



セルペットの右側サイドカバーは欠品していたので、スポーツスターのエアクリーナーカバーで代用している。

これはこれで悪くないのだが、ネジ穴のピッチが合うのをいいことにエアクリーナーエレメントのフタと共締めという無理な取り付け方をしているので、いずれ何かしら不具合が出てきそう。



ヤフオクにもなかなか右側サイドカバーは出てこないので3Dスキャナーを駆使して型をつくり、FRPで自作することにする。



まず3Dスキャナーで左側のカバーをスキャンする。
この場合の3Dとは「ダンボールで どうにか 出来ると思ってる」という意味なのでクオリティの低いブツが出来上がることは確定している。

底の方が車体に取り付けたときにオモテになるので、エンブレム側を上に向けてダンボールで形を合わせる。



養生テープを型枠の内側に貼って、離型材を塗る。離型材はシュアラスターの固形ワックスとシリコンスプレーで代用した。



型の中にガラスクロスを敷き詰め、硬化材をまぜた樹脂をローラーで塗り込む。



樹脂が硬化するのを待って型枠を外すと、このようにサイドカバーの形になる。
クオリティの高いものを作るつもりは初めから無いとはいえ、予想以上にクオリティの低いブツが形成された。
まあ、FRPでパーツを自作するのは今回が初めてなのでちゃんと固まっただけいいとするか。



金ノコでバリを落として「大体このぐらい」の寸法に合わせる。



さすがにデコボコしたままではアレなのでパテで表面を整える。パテを盛っても表面は波打っているが、もう知らん。



塗装して車体側のツメが引っ掛かる溝と、ネジ穴を開けて仮止めをしてみる。

気になる仕上がりはスポーツスターの部品の方が良かった気がするけど
5メートル以上離れて見れば大丈夫。

あとはM6×100mmのボルトとワッシャーを買ってくれば固定できるな。

伊奈街道について調べてみた。

以前早川町にツーリングに行ったときに、早川入往還から繋がり赤石山脈を越えて長野県大鹿村へ至る伊奈街道の存在を知った。

現在、赤石山脈を越えて長野県に至る車道は北沢峠を越える南アルプス林道のみであり、環境保全の観点から開通当初からマイカー規制が実施され、実質的に登山バスの専用道路のようになっているわけだが、明治期にも赤石山脈を越える街道は計画されていた。

南アルプス林道も計画当初は南アルプスで伐採される木材の運搬や、長野県へのアクセスルートとなる大規模林道として有効な道路であると考えられていたものの、全通には多大な期間を要し、その頃には道路としての有効性よりも環境へのインパクトの方が問題になっていた。

このように南アルプスを越える道路を作るのは標高の低い所を選んで、重機や土木技術が発展した時代でも相当な期間が必要になる。そしてブルドーザーやパワーショベルもなかった明治期に計画されたこの伊奈街道、恐ろしいことに一応全面開通し、一部は現存するらしい。



早川町の新倉断層付近にある橋の跡。昭和28年の台風により、完成間もなく流失してしまった橋だが、この橋がかかっていた辺りからは恐らく伊奈街道は伸びていた。



新倉断層にアクセスする現橋の先にはリニアの工事のためか一般車通行禁止となっている林道がある。のっけからバイクでのトレースは不可能だが、地図上ではこの先に赤石山脈の伝付峠に至る登山道が伸びている。

この登山道はかつて伊奈街道として開設された道の一部と思われる。
伊奈街道は山梨県身延町切石からの早川入往還から分岐し、早川町新倉から山に入り、伝付峠(標高2,020m)から大井川西俣を遡り、三伏峠(標高2,580m)で赤石山脈を越えて長野県大鹿村大河原を経て飯田市へと至る。

駿河の海産物を信州伊那へと輸送する目的で明治5~6年頃に計画され、長野県と山梨県が費用を折半することで明治7年に工事が開始。山梨県側だけで述べ15万人が動員され、12年の工事を経て明治19年に開通。幅員は最大で2間(約3.6m、山間部は0.6m程)全長80kmという広域道路であった。

とにかく、赤石山脈越えの区間は2,000m以下の場所が無い。

さすがに山越えの区間は登山道程度のものと思われるものの、地図上の線形を見ると将来的には馬車や自動車の通行も出来るようにするつもりだったのではなかろうか。

あまりにも険しい道のため、開通時に県に検分を依頼したところ、「詮議に及ばず」との文書で済まされた。身延山参拝のルートとしても使われたようだが、維持管理も難しく、開通から数年で通れなくなり、明治30年には荒廃した幻の街道とのこと。
 
全区間をトレースするには相当な登山経験と技術が必要になりそうなので、私の力量では想像もつかないが、もしも何かの間違いでこの街道が車道になって現存していたら、早川町内を通る山梨県道37号から国道152号に繋がる「走りたい。けど行きたくねぇ…」という凶悪なルートになったことは容易に想像できる。

プロフィール

コーテル・リャン

Author:コーテル・リャン
東に不動車があれば引き取って直してやり
西に峠があれば行ってそこを越え
テントを張れば雷雨に怯え
林道に入ればヨタヨタ走り
誉められもせず 苦にもされず 
そういう人が私です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
Amazon.co.jpアソシエイト
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR