セルペット ひとまず復旧

試運転でフライホイールが外れたセルペットを直してみる。



ウッドラフキーの詰め合わせが届いたので、どれか合うだろうとフライホイールを付け直してみる。



ウッドラフキーのサイズは3×5×13がジャストサイズ。傷んでいたクランクのネジ山はダイスで修正。

フライホイールもしっかりと固定できたのでもう走行中に外れないでほしい。



ついでなのでOリングの劣化でガソリンが滲む燃料コックを「M14のコックなら何でも付くでしょ」とモンキー用に取り替えようとしたものの、ネジ径は同じだがピッチが合わないのでそのままでは付かない。(セルペットは並目ねじ、モンキー用は細目ねじ)



仕方ないので元々のコックを直すことにして工具箱を漁ると丁度いいOリングが出てきた。多分RG125Eのコックを直したときに余ったヤツだな。
これでタンクとの接続部からの滲みは止まるはずだけど、どうせレバーのところから滲むんだ。



まあガスケットシートを切り出してパッキンを作ったキャブのフロート室からも微妙にガソリンが滲んでいるので、そのうち対策はしないと、滲みが漏れから流出に進化すると危険だ。燃える。



そのまま付かないといえば、K125のものが使えそうだと思っていたクラッチ板も、クラッチハウジングに引っかかる爪の数が違うので流用は出来ない。

もしかしたらクラッチの遊びが少なすぎてプッシュロッドが常に利いている可能性が無きにしもあらずなのでクラッチの遊びを調整しておいた。
これで駄目ならいずれフェーシングの貼り換えを頼むか。

クランキングでプラグに火花が飛ぶことを確認。エンジンも普通に始動でき、異音も無いのでひとまず実動コンディションには復旧。しかし、絶対にこのバイクで遠出するのはやめよう。


スポンサーサイト

セルペット 壊れる

ナンバーが付いたので、道路で乗れるようになったセルペット。



さっそく近所の駐車場で乗り回してみる。ぶっ壊れても押して帰れるしな。

50年以上前のバイクだが、操作は現行のものと同様で、普通に走らせることができる。カタログ上の出力は6.5ps。フレームはプレスバックボーンという実用車としてはオーソドックスな構成。 というかこの年代で実用車のスタイルはほぼ完成しているので混合ガソリンやオイル滲みを気にしなければ最近のベンリィ系と同じように使えそうだ。

ステップを擦る程度に急旋回をしてフル加速をするような走り方をするとシフトアップ時にやはりクラッチが若干滑っている。ダメ元でK125のクラッチ板を買って合わせてみるかと考えていると何やらクランクケースからカタカタと異音が…スゲー嫌な予感…



帰って点検を…アイハブノーパワー!ノーパワー!今年のル・マンは優勝してくれ。いやマジで頼みます

焼き付きにしてはキックの感触は悪くないし、ギア抜けと同時にガス欠したんじゃないかな?そうであってくれ。元廃車な上に耐用年数をとっくに過ぎているので何が起きても驚かないけど焼き付きは困る。とりあえず押して帰りながら混合ガソリンを買って入れてみよう。



エンジンかからん…ポンコツバイクめ

走行時間10分かそこらで不動車になってしまったか。
軽い焼き付きだったらプラグホールからゾイルを吹き込めば復活する可能性があるらしいので、プラグを外して火花と圧縮をみてみる。

圧縮はするし、クランキングも引っかかるような感触はないし…プラグは火花が飛ばん…

じゃあポイントカバーを開けてポイントが動くかみてみるか。



フライホイール取れちゃってるじゃん!

カタカタいってたのはコレが原因か。前回仕上げたときに「火花も飛ぶしポイントも新しいから下手に触らないでおこう」と触らなかった部分だ。走らせる前に現象が出てくれれば2kmも押さなくて済んだのに…

見た目のダメージはウッドラフキーが擦り切れて無くなっているのとフライホイールが傷だらけになって、クランクシャフトのネジ山が傷んでいるくらい。

ウッドラフキーを買ってネジ山を修正すれば直りそうだ。ついでなのでK125のクラッチ板も海外製なら高いものではないので買ってしまおう。

両方ともアテが外れたら、外れたときに考えよう。

安全運転大会に出場してきた

6/10に免許センターで開催された二輪車安全運転山梨県大会に出場してきた。

二輪車安全運転大会とは、法規走行、技能走行の2種目で減点の少なさを競う。

持ち点は各種目500点の合計1000点。
優勝者は鈴鹿サーキットで開催される全国大会に出場できる。

自分が出場したのは400cc以下の一般Aクラス。

他のクラスは大型二輪が対象の一般B、50ccが対象の女性と高校生等のクラスがある。

開会式と技能走行のセクション説明のあと、一般A、Bは技能走行からスタート。
山梨県の場合、1周目は練習、2周目が採点となる。

セクションはほぼグッドライダーミーティングでやるのと同じもの。

最初はブレーキング(急制動)。タイヤロックや指定速度に満たない場合は減点。

練習でリアタイヤをロックさせたので若干後ろに座ってリアのグリップを確保する作戦でやってみたところ減点0。

続くブロックスネークと1本橋も減点0でクリア。ここら辺は得意だ。

今のところ全てクリーン出来ているものの、ここから苦手なコーススラローム、コーナリング、コンビネーションスラロームと続く。

コーススラロームは減点25。ここは毎回最大減点の40を貰うので大きな進歩。

コーナリングはタイムオーバーで減点10。 続くコンビネーションスラロームもタイムオーバーで減点20。
遅いと減点になるセクションはやっぱダメだ。自慢じゃないけど遅いから。


ここまでで減点50。このあとは得意な坂道レムニーと千鳥を減点0でクリアして技能走行は終了。セローは小回りが利いてバランスがとりやすいので助かる。
足りないテクニックはバイクの性能でカバーするんだ。
全国大会みたいにER-4のワンメイクだと下手なのがバレる自信がある

ちょっと休憩して隣の教習所のコースで法規走行。

安全確認や合図は電車の運転士に倣って声に出して確認する作戦をとってみた。

「ミラーよし!合図よし!ミラーよし!後方よし!坂道よし!徐行よし!進路クリアー制限40~速度40よし!安全速度20、減速20よし!歩行者よーし!」

文字にすると間抜けな感じだが、コレが効を奏したのか減点15で法規走行は終了。


最終的な結果は計65点減点の935点で4位。4回目の出場で初の900点越え。

過去最高の成績とはいえ、賞状貰って帰れるレベルになるにはスラロームとコーナリングのタイムを縮めないと。今のところバイクの性能というより俺のテクニックの問題なので練習するか~


セルペット 不具合箇所の確認

とりあえず走ることは確認できたセルペット。

ただし、リア側のウインカーは左右とも光らず、キャブレターのフロート室の合わせ目からは燃料漏れが。



キャブに関してはガスケットシートを買ってきて切り出せば良さそうだけども、問題はウインカーだ。

接触不良を疑って配線を点検して、ボディアースの部分を磨いてみたものの、様子は変わらず。



この年式ならCB72とかDT-1とかランペットとかウインカーが付いていないバイクもあるので、いっそのこと外して手信号で乗ろうかと思い、保安基準を調べてみると、ウインカー付きで出荷されたものは付いてないとダメっぽいな。そりゃまあそうだ。



どうせならトトロのバスが付けてるアポロ式を…ちょっと落ち着こう、年式のせいで難しく考えているが、ここは単純な球切れを疑うべきじゃなかろうか?



ああ、コレはダメずら

ウインカー球はバラすとこうなってんだな。球切れというより崩壊してる。まあこの球も工具箱に入ってた何年前に何に使おうと思って買ったのかも覚えてない球なので特に驚かない。

起こした時の記憶が確かなら元々ウインカーもテールランプも6Vマクラ球(楽天へ飛びます)を使っていて、レンズが割れていたので普通の球が使える汎用のウインカーとルーカステールに換えたんだ。



そういえば俺が乗ってた頃からクラッチが滑り気味だったんだ。K125あたりのクラッチ板が使えそうだけど部品は出るのか?

帰ってきたセルペット



以前仕上げたセルペットが手元に戻ってきた。このぐらいの古さになると勝手に収まるべきところに収まるものだと思っていたらまさかの俺。

約1年半モスボール(車庫で放置)されていたこの個体。さすがに動かないだろうと試しにチョークを引いてキックしてみた。



プココン…プココ…デデンデンデン…

あ、エンジンかかった…マジかよ。相変わらず体に悪そうな煙だ。

とりあえず、バッテリーが弱っている以外は手放した当時のまま。タイヤに空気入れてナンバー取り直せば乗れるなコレ。 



このセルペットは恐らく昭和39年式。この時期はグロリア用の6気筒を押し込んだロングノーズのスカイラインGTが純レースカーのポルシェ904と互角の戦いを繰り広げ、



DOHC、4気筒、4連キャブを装備した軽トラックが街を走り、



鉄道は新幹線が開業したばかりで、



航空機はYS-11の試験飛行が完了しつつあり、



ライラックR92が国産最速を誇り、トーハツやヤマグチ、ブリヂストン、井関農機などがモーターサイクルを製造していた。
国内のバイクメーカーが4社に絞られ、インラインフォアが高性能車のスタンダードとなるのは、もう少し先の話である。

…余談が過ぎた。セルペット自体は特にレースで活躍したり、当時の最新鋭メカニズムが搭載された訳でもなく、空冷2サイクル、ピストンバルブ方式の単気筒、燃料は混合ガソリン仕様というエンジンとしては極めてシンプルな原動機を使用する至って普通の実用車である。

ただ、この時期のスズキ車特有の馬蹄型ヘッドライトと車体の至るところに隠れミッキーの如く刻印されているスズキのマークは素敵だ。とりあえず手に負えなくなるまで持っているとするか。

プロフィール

コーテル・リャン

Author:コーテル・リャン
東に不動車があれば引き取って直してやり
西に峠があれば行ってそこを越え
テントを張れば雷雨に怯え
林道に入ればヨタヨタ走り
誉められもせず 苦にもされず 
そういう人が私です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
Amazon.co.jpアソシエイト
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR