次期セローはどうなる?






今月のヤングマシンに次期セローの予想CGが…あくまでもヤングマシン情報なので出るとしてもだいぶ先の話になりそうだけど一応企画はしているみたい。



前回のモーターショーに出品された電動バイクのPED2のデザインが次期セローになりそうという勝手な予想をしていたらヤングマシンも同じようなことを考えていた。



PVもセローっぽい。

電動のままで発売してくれてもいいんだけど、稼働時間や充電時間をみるとさすがに電動のまま発売するのはまだまだ現実的ではなさそう。

そうすると規制対応のガソリンエンジンで出てくることになるんだけど、ブルーコアエンジンに積み換えて車体サイズと重量は現行モデルと同等で値上げが最小限ならありがたい。
海外向けのFZ25がセロー系のエンジンを積んでいるので、このエンジンがベースになりそうな予感。
もしくはフレームも一新するならWR系のエンジンをレギュラー仕様にして搭載するような気がしないでもない。

あくまでもヤングマシン情報なので今年のモーターショーに出品されるのを期待せずに待つことにするが、本当に出てきたらどうしよう…どちらにしろ規制に対応しなければならない今年の9月までにはモデルチェンジか規制対応で継続か、それとも打ち止めかという何かしらの情報が出てきそうだ。

スポンサーサイト

モーターサイクルショー その3

無料配付していたモンスターエナジーを飲んで終了まで粘る。



出たばかりのCRF250ラリーは早くもカスタム車が展示されていた。 次のバイクの候補に上がっているのでじっくりと観察する。



WR250Rに空冷YZ風の外装を装着したカスタム。結構上手くまとまっていてカッコいい。



ヴェルシスX。これもちょっと気になるバイク。タンク容量と燃費で乱暴に計算すると甲府から大阪まで行けるぐらいの航続距離がある。



KTMはフリーライドE(電動)が市販予定として展示。満充電で3時間稼働できるそうな。レッドブルカラーのモトGPマシンを見てギャリーマッコイを思い出したのは内緒だ。



電動バイクの神電を使ったマン島シミュレーター。この日一番楽しかった。電動バイクが200km/h以上出せるとは…航続距離とチャージ時間がガソリン車並みになったら電動という選択肢もアリかな。



そうこうしているうちに時間切れ。帰りの電車もバスもまだ余裕があったのでせっかくだからと都会人を気取って新宿で飲んでいたらバスも電車も逃した。仕方ないのでもう1件。朝起きたら新宿は豪雨(大げさ)。観光するにも戦略は皆無。8時ちょうどのスーパーあずさで帰ることにした。


モーターサイクルショー その2

展示車の中で気になったバイクとか。



国内モデル発売間近のCBR250RR。2015年のモーターショーに出したコンセプトモデルを「このままじゃ出ないだろう」と思っていたらほぼそのままのデザインで出した。



こっちは股がりOKのもの。見た目ほど前傾はキツくなく、直立させた時の重量感もそれほど感じなかった。これは楽しそう。



既にレースベース車もスタンバイしている。



こちらももうすぐ発売のGSX250R。デザインはGSX-R系ながら、あえてパワー競争に乗らないあたりがスズキらしいといえばスズキらしい。



こっちはほぼネイキッドといった感じのポジションで、足に使うならGSXに分がありそう。形はスッキリしてるGSXの方が好みだな。



頑張れば買える上の2台に対して、頑張ってもちょっと無理な美しいビモータ。



芸術のようなフレームにカーボンホイール。買えたとしてももったいなくて乗れない。それにしても美しい。



ZRXがベースのKR1000レプリカ。説明を見るまでてっきり空冷Zがベースかと…



カフェレーサーの見本のようなスタイルのトライアンフ。トライアンフのツインはスポーツスターと並んでいつかは乗りたいバイク。



古いTR6がベースのスティーブマックイーンレプリカ。 説明に書いてある千里浜サンドフラッツスピードウェイというイベントが気になる。

既に足が痛くなってきているがまだ時間はあるので終了時間まで粘ることにする。


モーターサイクルショー

東京モーターサイクルショーに行ってきた。



毎年こっちの方に行きそうになるものの、グッとこらえて会場へ。



DIDのブースでは風間深志、晋之介親子のトークショーが。ステージが南米に移ってからは富士山よりも標高の高い場所を走るという。映像を観ているだけでは分からない貴重な体験談を聴くことができた。



こちらが使用したマシン。ヤマハのWR450がベースか。 いつかはダカールを走ってみたいけど、話を聞くだけで過酷そうだ。



トライアルのブースにはスタンディングスティルに挑戦できるバイクが。やってみたけど本物のトライアル車はエンジンが停止した状態でもバランスがとりやすく、足回りはとてもよく動く。このマシンにライダーのテクニックが合わさるとあんな動きができるんだ。



各車ともメーカーの特色がよく出ているけど、ベルティゴのマシンがフレームのカッコよさでは断トツ。今年もツインリンクもてぎで世界選手権をやるので観に行こう。



タミヤのブースにはアフリカツイン(本物)と



アフリカツイン(1/6プラモデル)



ラジコンのワーゲンオフローダーのイメージでカスタムされた原付。バイクのイベントなのでさすがに人が乗れるサイズのアバンテは置いてなかった。



そして興味をひかれたのが三次元測定器の実演。画像のアグスタ風のGSXについている外装は模型をスキャンして図面をおこしたものだそう。

そういえば今年のニューモデルを見にきたことを思い出したのでもう少しウロウロする。

飲酒検問に遭遇した



家の近くに警察署があるのでよく飲酒運転の検問をやっている。

ちょうど自分が通りかかった時に検問していたので停められる。もちろん酒など飲んでない。

警官(女)「こんばんは~検問にご協力お願いしま~す。免許証よろしいですか~?(和やか)」

俺「飲酒ですか?ご苦労様です~(和やか)」

警官(女)「はい~金曜日なんで~こちらに息を吹きかけて下さい~(和やか)」

何故か検知器が反応

警官(女)「あれっ?(真顔)」

俺「マジけ!?酒なん飲んじゃいんに(戦慄)」

警官(女)「タバコのニオイが反応しちゃったかもしれないですね~念のため警察署で呼気検査お願いします~(和やか)」

俺「夕方に頭痛薬を飲んでそれっからコーラとウーロン茶飲んでまだ酒なん飲まんですよ…(狼狽)」

警官(男)「こちらへ。免許証お願いします(真顔)」

このときの私の心境を例えると、ヘビに睨まれたカエル。あるいはトップガンの序盤でミグにロックオンされたF14のパイロット(字幕:誰かこいつを追っ払ってくれ)

飲んでないはずなのに、とうとう俺は無意識に酒を買って飲む様なアル中になってしまったのかと思いながら警察署内に案内される。

しばらくして警察24時でお馴染みの例の風船の準備が整い、水の入ったコップを手渡され流し台に案内される。免許証は風船が用意されるまで警官(男)が持っている。

警官(女)「出ないと思うんですけど念のためなんで~この水でうがいして下さいね~(和やか)」

例の風船を手渡される。

俺「出ないっすよね?」

警官(女)「多分大丈夫なんで、お願いします(和やか)」

検知器の数値は0.00。ちなみに1滴も酒は飲んでないし俺は酔うと運転したくなくなる。

警官(女)「あっ、大丈夫ですね~ご協力ありがとうございます(和やか)」

俺「良かった~(安堵)ちなみに(フリーなら携t…)飲酒検知拒否っちゅうはヤバいんですか?」

警官(女)「場合によっては逮捕します(真顔)血液検査のための令状を取る必要があるんで、必要性があれば逮捕して拘留する場合があるんですよ~(和やか)」

俺「あ、絶体拒否らんようにします。今回はタバコのニオイが反応した感じですかね?」

警官(女)「そうですね~直前にタバコ吸ったりすると反応しちゃうことがあるんですよ~あ、免許証控えさせていただきますね~(和やか)」

警官(女)「お時間取らせてすみません。ご協力ありがとうございました~(和やか)」

タバコやめるか…

静岡峠めぐり 薩埵峠編

桜峠を下って由比に向かい、かつての東海道の難所、薩埵峠にアプローチする。



急勾配の峠を登りきると駿河湾が視界に入ってくる。



駐車場にバイクを停めて遊歩道を歩いていくと展望台から歌川広重の絵にも描かれた風景を見ることができる。日本平と並ぶ富士山の絶景ポイント。



せっかくなので更に興津側に歩いてみる。畑のミカンは駐車場の無人販売所で売っていて、食べてみたけどなかなか美味い。



興津側に向かっても展望スポットがあり、下に見える道路の面積が少ないのでまた違った印象になる。



更に進むと石垣が現れ、ここが旧東海道であることを感じさせる。ここからもうしばらく下ると峠は終わり、市街地が見えてくる。

これで旧東海道の古道は1つ制覇。次は未だに探索できていない宇津ノ谷峠の古道を探索したい。

静岡峠めぐり 桜峠編

静岡県にある国道469号線。一部区間はいわゆる酷道といえる狭小区間になっていて、とくに桜峠と呼ばれる区間が特に狭い。



というわけで行ってみた。
富士川沿いの県道を走って国道469号へ。温泉の手前に狭い橋が大型車の進入を拒むように架かっている。



道路は国道の標識がなければどう見ても舗装林道といった雰囲気。この地点には写真を撮る直前までカモシカがいた。森の生き物はなかなか写真を撮らせてくれないのでカモシカの名前のついたバイクを載せておく。



峠の頂上にある展望台に続く階段があるものの、鹿にビビっているので今回はやめておく。以前展望台まで行ったときは富士宮市街と富士山が一望できた。



階段付近には桜峠の由来が書かれた看板がある。旧街道を車道にしたけど拡幅できずに酷道になったパターンか…



峠を下ると未舗装の枝道が現れたので入ってみた。この先は倒木があり、ゲロアタック(無理)になりそうなので引き返し、次の目的地、薩埵峠に向かう。

カートをやってみた



笛吹川フルーツ公園にあるAZ山梨サーキット でカートをやってきた。

カートをやるのは数年ぶり、このコースは初めて。

公道では速いとライセンスを剥奪されるが、カートなら純粋に速さを好きなだけ追求できる。

とりあえず10周券を購入して説明を受けて、ヘルメットとグローブをレンタルしてコースイン。

最高速度は60km/hとのことだけど目線が低いので体感スピードはかなり速い。

カートにはサスペンションがついていないのでコーナーを攻めると簡単にドリフト状態になる。

各コーナーのRもカート用のサイズのため、シートに押し付けられた脇腹が少し痛くなる位に横Gがかかり、ハンドルを握る手も操作が忙しいので後半には握力が弱る程度には疲れる。気持ちいい。

何よりも「クラッシュしたら家に帰れない」とか、「見つかったら免停」という遠慮をしながら、「どう言い訳しても暴走行為は暴走行為だよなぁ」という後ろめたさを感じつつ峠を攻める(※あくまでもドライビングテクニックの練習と称して峠に通っていた知人から聞いた体験談です)よりも楽しいぞコレ。

ラップタイムは初心者参考タイムの42秒を切れて喜んでいたら速い人は36秒台で走るそうな…

あと5秒。どうやって縮めよう…


セロー 色々とメンテナンス

そろそろ暖かくなってくるのでセローのメンテナンスをした。



とりあえずオイルフィルターを外して点検。若干のスラッジと金属の切り粉が付いていたので洗浄。セロー225の場合、フィルターはただの金網なので洗浄して再使用できる。



オイルを抜いている間にドレンボルトの網を洗浄する。こっちにも切り粉が付着していた。26,500km走ってもまだ切り粉が出るとは…



ドレンボルトを戻してオイルを入れていく。オイル量は1リットルなのでオイルジョッキを使わなくても大丈夫。オイルはヤマルーブのスタンダードプラスを使う。基本的に安いオイルをマメに変える派。
 
車体を直立させて点検窓に適量入っているのを確認してオイル交換は終了。



続いて前回ブレーキパッドとディスクを交換したときにそのままにしていたブレーキフルードを交換する。



フルードへのエアやゴミの混入に注意しながら入れ替えてブレーキがしっかり効くのを確認してフルード交換もOK。



ついでなのでエアクリーナーを洗浄して、プラグも新品に交換した。

エンジンオイルを交換したことでメカノイズとシフトフィールが改善し、それよりもブレーキフルードを交換したことでブレーキのタッチがかなり良くなった。

これで今シーズンも気持ちよく乗れる。

清水港線を辿る

静岡県の清水駅から三保駅の間を走っていた清水港線の跡を自転車で走ってみた。

路線距離は8.3km。昭和30年代には国鉄1の黒字路線となりながらも、自動車輸送の発展と共に昭和59年に役目を終えた。

廃線跡は大部分が自転車、歩行者用道路となっている。



清水駅で車から自転車を下ろしてスタート。この日は風もなく自転車でウロウロするには最適な天気。



廃線跡はこのように自転車用と歩行者用の通行帯に分かれていて、道幅の広さもあって走りやすい。当時は単線の線路で貨物列車に客車を接続した混合列車が運行されていた。



しばらく走るとエスパルスドリームプラザに出る。ここがかつての清水港駅。ここに保存されているテルファークレーンは木材の積み込みに使用されていた。観覧車の左手に見える建物の辺りには清水埠頭駅が存在した。



清水埠頭駅跡を過ぎると廃線跡は巴川を渡る。かつて架かっていた橋は船の往来を妨げないよう可動橋となっていた。
巴川口駅の跡は浄化センターになっていて、敷地外からホームとレールが保存されているのが見える。



巴川口を過ぎて、工場の密集するエリアを抜けると国道と並走する。国道の道幅を見ると、この路線が廃止されたのも納得してしまう。



公園になっている折戸駅を過ぎると、廃線跡は住宅街を抜ける。折戸駅付近の高校への通学列車として重宝されていた清水港線の終点も近い。



終点の三保駅跡に着いた。ここも公園になっていて、敷地内には引き込み線で使われていた小型機関車とアルミナを運ぶ貨車が保存されている。



ホームも残されており、野良猫のたまり場のようになっていた。



せっかく三保まで来たので三保の松原にも寄ってみた。バイクでは何度も来ている場所だが、同じ場所でも自転車でゆっくり走ってみると、今まで気付かなかったものが見えてきて楽しい。運動にもなるし。

折り畳み自転車を手にいれた

車に積んで行ける自転車が欲しかったので買ってきた。



買ってきたのはカインズホームで売っていたスライク
なるべく安く、車に入るサイズに折り畳めて、泥よけが付いていて、なるべくカッコいいフレームのデザイン。という条件でこちらを選択。モデル切り替えのためか少し割引されてたし。



折り畳みの方式はよくある2つ折りではなく、フレームがスライドして全長が縮む仕組み。2つ折りほど小さくできないが、折り畳みも展開も簡単。重量は15kgだが、この状態で転がせるので持ち運びも楽チン。



軽自動車にも余裕で積載できる。天井が低い車なので寝かせて積んでいるが、ハイトワゴン系なら立てて積むことも出来そう。

走行性能はこの価格帯の折り畳み自転車に期待するのもアレだが、普通に走るには充分。一応6段変速なので、坂道でも安心。急がなければ20km位の移動でも大丈夫。

何よりもあまり高い自転車ではないので気を使わずに使い倒せる。(空気圧やチェーンの注油みたいな手入れはちゃんとしましょう)

近所の足にも、車で街中に行くときには現地で展開して艦載機のような運用もできる便利なヤツだ。


インスタント野郎ラーメン



コンビニで野郎ラーメンなるカップ麺を売っていたので食べてみた。



コラボ元はそのまま野郎ラーメン。とにかく腹いっぱい食べたい人にオススメの二郎インスパイア系のラーメンだ。なお余談ではあるが、はじめて二郎に行ったときに「通は大豚全マシを頼む」という同行者の言葉を真に受けてひどい目にあったことがある。



熱湯5分、食べる直前に特製調味油を入れて完成。具はもやし、キャベツ、豚という二郎系の基本的なトッピング。

食べはじめてみたが、美味いんだけどもなんていうか何か足りない。普通の豚骨醤油といった感じ。二郎系ならもっとガツンとくるはずだ。



きっと足りないのはこれだ。マシマシっと入れてみる。やはりニンニクが足りなかった。これだけ入れるとビールのアテに丁度いい。

二郎インスパイア系は山梨にも数件あるものの、本家の二郎や有名なインスパイア系の店は都内に行かないとならないので家でも食べることができるのはありがたい。

そういえば3月はビッグサイトでモーターサイクルショーがある。つまり二郎か中本に寄ってHUBか思い出横丁で飲めるってことだ(田舎の住民なのでそのぐらいしか知らない)

グリーンジャンボで5億円が当たった

としたらの話。



とりあえず5億円もあればお金にお金を稼いできてもらうことが可能だったり、欲しいものは値札を見ずに買うことができる。



という事は現在以上に充実した乗り物ライフを送ることができるわけで、さあ何を手に入れようか。



とりあえず小回りが利いて中が広いお気楽な足グルマは必要なのでN-WGNを1台。ホンダはこういう車を作ると上手い。



バイクを積むのに軽トラも要るので一緒にアクティも買っとこう。リアエンジンはキャビンが静かでケツも熱くならないし空荷の時に後輪のグリップが抜けづらそう。



後は遠出するときには馬力があって快適な車も必要なのでメルセデスAMGのSLC43も要る。アウトバーンのある国の車なら日本の高速道路など容易いはずだ。富士スピードウェイで性能の限界を試すってのもアリだな。



ハイテク満載の車もいいけどやはりシンプルな機構の車で純粋にドライビングを楽しみたいのでスーパーセブンも必要になってくる。それに余計なものが一切付いてないスタイルが美しい。

バイクも用途に合わせて使い分ける為に複数所持しよう。なにしろ5億円も持っている。



とりあえずメインで乗るバイクは気軽に乗れてどこでも行ける新車のセローにして今乗ってる225とイーハトーブは新車同然にレストアするか。



セローだけだとロングツーリングが辛いので「ちょっと釧路で勝手丼してくる。」が出来そうなアフリカツインも必要だ。1日1,000km乗ってもまだ行けそう。



後は林道探検やトライアルをやるためにシェルコのXY125も要るな。セローで入れない所もこれなら行けるし。



後はこういう身の危険を感じるような加速感のある爽快かつ軽快で暴力的な690デュークみたいなビッグシングルも(試乗記:エンジンをかけた瞬間に狂暴なバイクだと感じる。走り出すと狂暴なバイクだと確信する。気持ちいい)年に何度か訪れるぶっ放したい日のために持っておいた方がいいな。



フルレストアのDT-1も秘蔵の1台として持っておきたいし



BW'S125でその辺をプラプラするのも楽しそうだ。中津川林道ぐらいなら対応出来そうだしな。

それからエンジン付きを出すまでもない距離を移動する時には自転車も要る。5億円持ってるし。



ブロンプトンを2台買ってきて1台は畳んでメルセデスのトランクに入れておいてもう1台は普段の足や輪行して知らない街を探索するのに使おう。



後はこの乗り物たちを納めるガレージにはKTCのツールセットを置いて、埋め込み式のリフトとチェーンブロックも付けよう。足りない道具は後で揃えてけばいいかな。



そして時には飛鳥Ⅱのスイートで優雅な世界一周クルージングの旅をするとか、沖縄の離島で原付をレンタルしてプラプラするような旅ができるな。

俺ばかりが楽しんでいては申し訳ないので残った資金でジムカーナとトライアルができる施設を作って格安の料金で開放することにしよう。5億円当たればね。


プロフィール

コーテル・リャン

Author:コーテル・リャン
東に不動車があれば引き取って直してやり
西に峠があれば行ってそこを越え
テントを張れば雷雨に怯え
林道に入ればヨタヨタ走り
誉められもせず 苦にもされず 
そういう人が私です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
Amazon.co.jpアソシエイト
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR