三塩軌道を走る

昭和8年から昭和43年まで山梨県の塩山駅から三富まで木材や石材を運搬していた三塩軌道と呼ばれる森林鉄道が存在した。

路線距離は36km。三富から塩山まではトロッコに付いた せび と呼ばれるブレーキのみを操作して下り、塩山から三富までの登り坂は馬にトロッコを牽かせていた。また、昭和20年代からはディーゼル機関車が導入され、自動車に取って代わられるまで物資の輸送に貢献していた。

線路跡は一部車道となっているようなのでバイクで行ける所まで行ってみたい。



塩山駅北口の向かいにある文化財に指定されている甘草屋敷からスタート。



軌道跡とみられる道を走るとこのようなトンネルが現れる。トンネル名などは付いていないが、これが三塩軌道のトンネルになる。



トンネル内は坑口付近はコンクリート。内壁は石積といった雰囲気。もしかしたら後年になって補強されたのかもしれない。



トンネルの向こう側に出た。両端の石垣が鉄道の跡といった雰囲気である。



一旦塩山フルーツラインに出て、スポーツ公園まで行くと再び軌道跡の細道が出てくる。配管を埋めた跡がレールのように見えなくもない。この先へ進むと三塩軌道の説明が書かれた看板がある。
看板の説明文には昭和2年に三塩鉄道株式会社が設立されたとあり、昭和6年に会社は解散、その後も使われた線路は昭和40年に姿を消し、農道に転用されたとなっている。

運行期間は昭和8年から昭和43年のはずなので、線路敷設に着工したのが昭和2年、全面開通が昭和8年、塩山市内の線路を廃止したのが昭和40年ということなのだろうか。



看板から先へ進むと再び立派な石垣が現れ、道路の線形がかつてここにレールが敷かれていたことを物語る。基本的に鉄道の線路は緩い勾配で作られる。また、森林鉄道の名の通り、レールは山肌を切り開くようにして建設される。

恐らくはほぼ人海戦術で建設され、現在は農道として姿をとどめるこの鉄道の建設には大変な苦労があったに違いない。



しばらくすると舗装が途切れ、まさに森林鉄道といった雰囲気の道になる。森を抜けた先には発電施設があり、単線の軌道跡はまだ続く。



発電施設を過ぎると、バイクを停めた辺りに分岐がある。右も左も通り抜けも転回も出来なさそうなのでこれ以上進むのはヤバいと判断し今回の探索は終了。



この分岐点は実は三叉路で向こうにはまだ軌道跡が伸びている。ただし、もはや自然に還りつつあるのでこの先には進めなかった。

今回探索したのは三塩軌道のほんの一部で、三富の西沢渓谷にはレールが残っているという事なのでいずれまた探索したい。


スポンサーサイト

Keiのハンドルのセンターを出してみる

ISCVの洗浄 と一緒に右にずれているハンドルのセンターを出してみる。タイロッドを調整してセンターを出すのが正規の方法だけど直進性もサイドスリップも出ているのでハンドルを外して付け直す方向で。



エアバッグの誤爆防止のためバッテリーのマイナス端子を外し



ハンドルの両側にあるボルトを外してエアバッグのユニットを取り外す。



ハンドルを止めているナットを緩めてハンドルを外す。ハンドルがいきなりスッポ抜けてケガをしないようにナットは完全に外さない。



スプライン1コマ分左にずらして取り付けてエアバッグのユニットを戻していく。



ホーンが鳴ることと、エアバッグの警告灯が点灯しないのを確認して終了。

走らせるとほんの少し左にずれているけど最初よりはマシになったので良しとする。手間賃は俺の労力だけだし。

KeiのISCVを洗浄する

アイドリング時に若干振動が出ているKei。

スロットルバルブに付いているISCV(アイドルスピードコントロールバルブ)に汚れが堆積していてアイドリング時のエアの流れが細くなっているものだろうと当たりをつけてみる。



ECUの不具合防止のためにバッテリーのマイナス端子を外して作業開始。



とりあえずISCVを取り外す。カプラーを抜いてネジ2本を取り外すだけだがネジとパッキンを落とすとコトなので注意しながら外す。



若干カーボンが堆積していたので洗浄。
洗浄するときにはパーツクリーナーを直接噴射するとISCVが破損し、連鎖的にECUが壊れるのでウェスに少量のクリーナーを染み込ませて汚れを拭き取る。元通りに取り付けてISCVの洗浄は完了。

バッテリー端子を戻し、ISCVの初期化をする。
施工後はアイドリングでの振動が減少し、始動性も良くなった。これでまだまだしぶとく乗れる。

藤村式建築

山梨県内には藤村式建築と呼ばれる建物がある。

明治の初期の文明開化の折り、当時の県令(知事)である藤村紫朗の指示により県内各地に擬洋風建築の庁舎や学校が作られた。

藤村式の建物は複数現存していて、甲府市、山梨市、富士川町、北杜市、都留市に点在し、現在の山梨市内にあった東山梨郡役所は愛知県の明治村に移築保存されている。



甲府駅北口に移築されている藤村記念館は元々は睦沢学校校舎として現在の甲斐市内に建設された。

洋風の外観ながら日本古来の工法を使った和洋折衷といえる木造建築である。



藤村記念館の他にも山梨市牧丘の道の駅花かげの郷まきおか内の牧丘郷土資料館は旧室伏学校の校舎を移築したもの。
建物の外観はインキ壺のようなシンメトリーなシルエットで白壁と薄い緑や青に塗られたベランダや窓枠などが特徴。

藤村記念館も武田神社の敷地内にあった頃はこの色に塗られていて、移築時に新築当時の資料を参考に現在の色に塗り替えたそうだ。



また、約140年ほど前の建物のため、用途も何度か変わっていたりする。
例えば富士川町の増穂小学校内にある太鼓堂と呼ばれる建物は舂米(つきよね)学校校舎を現在の場所に移築し、増穂小学校本館として使われ、校舎の新築に伴い当時の増穂村役場庁舎となり、現在は民俗資料館になっている。

現在県内に残っている藤村式建築は全て学校の校舎として建設されたもので、太鼓堂と呼ばれるように最上階の塔のような部分には時間を知らせるための太鼓が設置されていた。



移築を受けずに建設当時の場所にある校舎は郷土資料館となっている都留市の尾県学校と北杜市の津金学校。
この尾県学校の建物も同校の廃止後は公民館となった後、修復保存されている。



こちらは北杜市の津金学校。この建物は敷地内に保存されている明治時代の校舎、復元された大正、昭和に建設された校舎という3世代にわたる校舎が並び、農業体験や宿泊ができる施設として運営されている。

尾県学校と津金学校は神社に隣接していて、かつては神社が町のランドマークとなっていたことや近代以前は教育施設としても神社や寺院が機能していたことを窺わせている。

和洋折衷で作られた明治初期の学校の校舎が数回の移築に耐え、修復されて複数残っているあたり、いざとなったらバラして移動させることまで考えて作ったのではないか?という当時の技術と実際にバラして移動させた現代の技術は素直に凄いと思う。文明開化当時の雰囲気を現代に伝えるこの建物たちはこれからも末永く残っていて欲しい。

ワコーズフューエルワンの効果を検証する。



2輪、4輪ともに気が向いた時に投入しているワコーズのフューエルワン。


燃料タンクに1%を目安に添加すると、清浄成分PEAの作用により、燃焼室、吸排気バルブ、インジェクターに堆積したカーボン、ワニス、ガム質などを除去してくれるという謳い文句のこのフューエルワン。



画像はイメージです

毒にも薬にもならない燃料添加剤を多数使ってみて唯一効果が実感できたので箇条書きにしてみる。

以前乗っていたCB400SF(走行3万km)
・始動性の改善
・スロットル開け始めで一瞬もたつく症状が出ていたのが直った。
・1100rpmのアイドリングが1200rpmに上がり、トルク感が改善した。

以前乗っていたサンバーバン(走行12万km)

・始動性の改善。
・エアコン使用時のパワーダウンが改善した。
・全域にわたってトルク感、エンジンレスポンスの改善。
・10km/l を切ることもあった燃費が12km/l 前後で安定。

現在乗っているイーハトーブ(走行不明)

・ナンバー裏に堆積するほどマフラーから煤を吐いていたのが減少した。
・バルブのカーボン堆積のせいか始動時に時々デコンプが効いたように圧縮が抜ける症状がフューエルワンを給油の度に添加していたら直った。

現在乗っているKei(走行9万2千km)

・始動性の改善。
・トルク感の回復。
・最高で16km/lだった燃費が18km/lをマーク。

現在乗っているセロー(走行2万6千km)

・始動性の改善。
・アイドリングが安定。

全車において始動性が回復し、インジェクションの車は燃費の改善もみられた。


あくまでも画像はイメージです。

キャブレターやインジェクターの霧化を改善する効果はフューエルワンを添加してしばらく走ってから、あまり期待していなかったカーボン除去は継続して添加することで効果が出るようだ。

走行距離が多くなった車両の「オーバーホールを検討するほどではないけど何かパッとしない」という症状を改善する効果は十分にある添加剤だと思う。


セロー ブレーキパッド ディスク交換

※ご注意 ブレーキは重要保安部品です。誤った取り付けを行うと車両の故障や重大事故に繋がる恐れがあります。この記事を参考にしての作業で生じた不具合や事故に関して、当方は一切責任を負いません。

現在26,000km走ったセロー。9,000kmの時に交換したブレーキパッドが半分以下に減っていたので、ついでにディスクの厚さをノギスで図ってみた。

現在の厚さはフロント3.1mm リア3.7mm
新品時はフロント3.5mm リア4mm。
使用限度はフロント3mm リア3.5mm

パッド、ディスク共にまだ使えるけど、あまり乗らない冬の間に取り替えてしまおう。フロントは買った時から低速時に少しジャダーが出るし。



ステップにジャッキをかけてリアタイヤを浮かせて取り外す。セローの場合タイヤを外さないとブレーキパッドが交換できない。



タイヤが外れたらディスクを取り外す。ネジロックがついているのでボルトを緩めるにはかなり力が必要。



ハブのネジ穴にはネジロックが残っているので清掃して新品のディスクを取り付ける。ボルトにはネジロックを塗っておく。



ボルトを均等に締めてディスク交換は完了。次にリアパッドを交換する。



キャリパーのパッドピンを外してパッドを取り外し、ピストンを清掃してから押し戻してパッドを取り付ける。

取り付け時は片効き防止のためキャリパーのスライドピン、パッドピンにブレーキグリス又はシリコングリスを塗って組みつけ、パッドのバックプレートにも鳴き止めのためグリスを薄く塗っておく。



リア側の交換は完了したので次にフロント側を交換する。ジャッキ2個でフロントを上げているが正直なところメンテナンススタンドが欲しい。



フロントディスクはボルト6本で止まっているのでリアと同様に交換し、ボルトにはネジロックを塗って対角で均等に締め付けて交換は完了。

フロントのパッドも同様にキャリパーのピストンを清掃し、スライドピンに給油して組みつける。



最後に組みつけとネジの締まりを点検して完成。
新品のパッドとディスクの当たりが出るまではしばらくブレーキの効きが弱いので馴らし走行をする。



交換後はフロントブレーキのジャダーは解消。馴らし後は新車のセローはこんな風にブレーキが効くのかといった具合にブレーキがよく効く。
今回使ったパッドはフェロードのプラチナム。今まで付いていたデイトナのゴールデンパッドもレバーの入力に比例して制動力が立ち上がるフィーリングだったがこちらも同様なフィーリング。

絶対的な制動力はシンタード系のデイトナの方が強いようだけどオーガニック系のフェロードも十分に効く。
なんにせよ新品の部品は気分的にもいい。


夏美のホタル



以前行った房総半島ツーリングで立ち寄った月崎駅周辺がロケ地となっていたため気になっていた映画「夏美のホタル」のDVDが出ていたので観てみた。

ストーリー

写真家になる将来の夢と、恋人の慎吾(工藤阿須加)との関係に悩んでいた夏美(有村架純)は父の形見のバイクで思い出の森へ向かう。そこで小さな商店を営んでいる、通称 地蔵さん(光石 研)とヤスばあさん(吉行和子)親子に出会い、居候することに。

テンカラ釣りを教わり、きゃらぶきや川エビなど地元の食を味わい、近所の子供たちと遊びながら自然の中で自由にシャッターをきる夏美。

地蔵さんの友人、雲月(小林 薫)の不遜な態度を腹立たしく思いながらも、あとを追ってやってきた恋人・慎吾も加わり、“たけ屋”での穏やかな生活を楽しんでいた。

しかし、ある日、地蔵さんが別れた家族との間に埋められない溝を抱え、長い間苦しんでいることを知る。

親子、夫婦、家族、友達。誰かを大切に想うことが、夏美の心を少しずつ癒していく。 
まるでホタルの淡い灯火のように。

以上映画『夏美のホタル』公式サイトより引用。

映画の感想としては週末の深夜にぼんやりとテレビを観ていてこの映画が流れたらビール片手にぼんやりと鑑賞して優しい気持ちで床につけるかなといった映画だった。年を重ねるにつれてこの映画に描かれているような時間は必要だと思う。

公開当時の上映館数が少なかったことや(山梨県では上映が無かった)、映像から自主製作作品のような印象を受けるが、役者の自然な演技も含めてこういう映画もたまには観てみるものだなぁと思える作品だった。


バイク的な視点では、有村架純の乗るSRの音がちゃんと実車の音で安心したこと、冒頭の大山千枚田や素掘りトンネルの水路、小湊鉄道との並走シーンなど房総半島の風景が素晴らしく、また房総を走りたくなる。



その後、原作の文庫本も入手したので読んでみた。
原作では写真家を目指す大学生の慎吾を主人公として、夏美、雲月の視点で描かれた各章で構成されているが、映画では夏美が慎吾の役柄も兼ねた主人公としてストーリーが進んでいくので、それに合わせるために原作ではやや設定や展開が異なる。また、映画の尺に収めるために省略された部分も原作ではもちろん描かれている。

どちらも風景と登場人物の描写が魅力的な良い作品だった。




ワークマンのウェアはバイクで使えるか?

普段着に使っているユニクロのダウンがいい加減古くなったのでワークマンのW3800CA カモフラリバーシブル防水防寒ジャケットを買ってみた。



買ったのは画像のものと同じグレーカモフラ。
製造元はMakku (マック)。値段は3,900円



リバーシブルのため、裏返すと黒いダウンジャケットとしても使用できる。

迷彩の面は防水処理がされているので、雨が降っても安心。ちょい乗り用ならバイクでも使えるのではないかと購入。

さっそくバイクで使ってみた。

この日の外気温は5℃。天候は雪が舞うという防寒性と防水性をテストするには好ましいコンディション。

まず防寒性は縫い目とファスナーに防水処理がされているので隙間からの風はほぼシャットアウト。生地自体も風を通さないため、防風性は十分。

60km/h程度ではバタツキも少なく、バイクに乗る場合は下に1枚薄手のジャンパーを着る必要があったが、徒歩で使うには1枚でも十分に暖かい。



防水性に関しては走行中の浸水はもちろん無く、水をかけてみても手で払う程度でドライ状態になる。
耐水圧は10,000mmなのでもう少し強い雨の中を走っても大丈夫だろう。

基本的に作業服なので動きにくいということもなく、運転の妨げになるような窮屈さは全く無い。

バイク用品ではないのでパッド類はもちろん皆無だが、インナープロテクター等を使えばもしもの時も安心だろう。

上2つの画像はワークマンオンラインストアより


自立するバイク



ホンダが開発した「Honda Riding Assist」が何やらすごいことになっている。

このシステム、ほっとくと倒れるはずのバイクが直立状態を保ち、ついでに無人で走行している。

自立状態でのハンドルの動きはスタンディングスティルをやるような動きで、アシモで培ったバランス制御技術を応用したという。

スタンディングスティルといえばウイリー、ジャックナイフ、膝擦りと並ぶマスターしたい技だが(当社比)、バイクの方でやってくれるとは。

バイクってのはそのままだと転ぶものを転ばないように乗るから面白いんじゃないかとツッコミを入れたくなるシステムだけど可能であれば体験したい。モーターサイクルショーで実演してくれるのか?

「こんなの要らない」と言われがちな電子制御だけど、ABSはロック寸前のブレーキコントロールを、トラクションコントロールではホイールスピン寸前でのスロットルコントロールを、四輪のスタビリティコントロールは左足ブレーキやスロットルで狙ったラインに乗せていくのをそれぞれクソ握り、ガバ開け、とりあえずハンドル切ってアクセル踏むだけで(そんな雑な操作をしたら流石にヤバそうだけど)誰が何回やっても出来るようになったのは電子制御の恩恵だろうし、試せる機会があれば試してみたいというのが本音だ。

そして今回の自動スタンディングスティル装置はトライアルの選手ぐらいのバランス感覚が必要なことを誰でも出来るということになるし、四輪だけでなく二輪車の自動運転も可能になりそう。
これから先の技術の向上がどこまで行くのかはかなり興味があるし、子供の頃に観ていたサイバーフォーミュラで描かれた未来がすぐそこにありそうな気がする。

とは言え、速く安全に遠くへ行けるというだけでなく、上手く乗りこなすというのも乗り物の楽しみ方であることは間違いないので、運転してて楽しい乗り物っていうのは残しておいて欲しいと思う。

しかし、俺の場合こんなのつまんねーと言われるビッグスクーターやエコカーでもそれなりに楽しめるので(代車やレンタルで経験済み)、そんなに心配はしていない。

ヘルメットの撥水にガラコブレイブを使ってみた



ソフト99のガラコブレイブをヘルメットのシールドに使ってみた。

車と違ってバイクのヘルメットにはワイパーがないため、雨がシールドに付くと見づらい事この上ない。

車用の撥水剤は樹脂に使えないことが多いが今回使うガラコブレイブは樹脂パーツにも対応。もちろんヘルメットにも使用できる。



とりあえず塗り込んでいく。先端が湾曲しているのでヘルメットのような曲面にも塗りやすい。



そして付属の布でガラコを塗り伸ばすように拭き上げる。これで施工は完了。



ちょうど雨が降っていたので撥水性を確認してみる。上の画像は使用前。水滴はベタッとなっている。



こちらが使用後。水滴は球のようになっていて撥水効果が出ている。

せっかくなのでバイクに乗った状態で効果を確認してみた。
水滴が付きにくくなったため視界は良好になった。また交差点を通過するときに左右を目視するために頭を動かすとスーっとシールド正面に付いていた水滴が流れていく。
また顔が正面を向いている時にも50km/h位出ていれば走行風で水滴がサイドに流れていくのが分かるので走行中にシールドを手で拭く回数は激減する。

恐らく雨の高速道路などはかなり安心して走ることができるんじゃなかろうか。

あとは副次的な効果として普通に水拭きするよりもシールドがキレイになるので晴天時もクリアな視界を確保するのにも有効だ。

もちろんスクリーンにも使えるのでカウル付きのバイクやビッグスクーターなどに乗っている人にもオススメ。



スーパーカブをレストアする その3



カブのエンジンが動くことを確認したので、車体を赤く塗装した。

これが気温の低さと安いスプレーの流動性の良さと俺の腕前が合わさってタレまくり、修正しまくり、なんとか遠くから見ればそれなりになったものの、余計なことをしなければ良かったという具合の仕上がり。下地はそれなりにうまくいったのに…

教訓:ケチって安い塗料を使わない。あとはコンパウンドで艶が出るなら下手に全塗装なんてしない。

あとは走行は一応可能とは言え、キーをOFFにしても止まらないメインスイッチや、錆からガソリンが滲んでいるっぽいタンクとかキッチリやると結構面倒だぞコレ。というかバイク置場がカブを置くには微妙に狭いんだけどどうしよう…
などと思っていたら友人から「走るならくれ」と言われたので「じゃああげる」ということになりオイルシールと書類と共に引き取られていった。



ノリノリでスタートした割に諦めが早い気がするがやっちまったものはまあ仕方ない。もう実物はやめて昔のようにプラモデルを作ろうか…ゲタ履きの複葉機とか





プロフィール

コーテル・リャン

Author:コーテル・リャン
東に不動車があれば引き取って直してやり
西に峠があれば行ってそこを越え
テントを張れば雷雨に怯え
林道に入ればヨタヨタ走り
誉められもせず 苦にもされず 
そういう人が私です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
Amazon.co.jpアソシエイト
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR