宇津ノ谷峠のトンネル群を探索する。

静岡市駿河区と藤枝市岡部の間にある宇津ノ谷峠を目指して軽トラの旅に出た。

この峠には蔦の細道と呼ばれる古道、出世街道と呼ばれる旧東海道の峠道があり、峠を貫くトンネルは明治、大正、昭和、平成と時代と交通事情の変化に対応して増えていった4本のトンネルがある。

この峠だけで中世から近代の交通の変化を知ることができるという貴重な場所で、旧東海道時代は薩堆峠とならぶ難所だった峠を探索してみたい。



まずは明治のトンネルから。
明治9年に完成したこの宇津ノ谷隧道。実は1度廃道になっている。

明治29年にトンネル内の照明から出火し、当時の技術的な問題で くの字型のルートをとっていた初代宇津ノ谷隧道は焼失した。崩落なら分かるんだけど焼失とは一体…

案内板によると完成当初は静岡側の20m程が石造りではあったものの、内部は大部分が角材の合掌造りだったという。



以前に房総半島ツーリングに行ったときに通った画像の観音掘りトンネルの内壁を木材にしたようなものだったのではなかろうか…それなら焼失という表記も納得だ。

その後の明治37年に直線ルートに改修されて再開通したものが現在残っているレンガ造りの2代目宇津ノ谷隧道である。



全長203mのトンネル内部は照明が明るくて歩きやすい。オレンジ色の明かりに照らされた煉瓦の内壁がなかなか幻想的な雰囲気を漂わせている。
かつては馬車や自動車の往来もあったようだが現在は自動車は通行できない。



次に向かったのは交通量の増加により昭和5年に完成した3代目宇津ノ谷隧道となる大正トンネル。着工が大正15年のため、大正トンネルと呼ばれている。



全長は227mと明治のトンネルとさほど変わらないが自動車の普及に対応するために格段に道幅が広くなっている。
言われなければ戦前のトンネルとは気付かずに通り抜けてしまう程度には近代的な作りのトンネルである。



大正トンネルから道の駅に向かう高架の上からは昭和34年開通の新宇津ノ谷隧道と平成10年開通の平成宇津ノ谷トンネルが見える。

戦後になると大正トンネルでも交通量の増加に対応しきれず、峠の下を直線的に通過する新トンネルが作られた。

しかし、とうとう昭和の新トンネルも国道1号の交通量には耐えきれなくなり、新たに下り線専用のトンネルが作られることになる。
かつての難所は現在では峠であることを意識せずに山の向こうに行くことができる。
ただし、この付近は白バイがよく張っているので飛ばしすぎると危険。



あとは明治のトンネル付近からアプローチできる旧東海道の峠道と



道の駅から続く古道を踏破すれば宇津ノ谷峠を完全制覇することができたんだけど日没が迫っていたので断念。後で調べたらそれほど時間のかかるコースでは無いようなのでいずれ時間のあるときに行ってくるとするか。



スポンサーサイト

軽トラの旅またはキャリイDD51Tのインプレ



Keiのドライブシャフトブーツが破れてしまったので修理に出したら代車で軽トラがやってきた。(というか軽トラを指名した)

やってきたのはDD51Tというディーゼル機関車のような型番の付いたキャリイトラック。パワステやパワーウインドウなど当然付いていない平成ヒトケタ式と思われるこの軽トラ。もちろんMT車。せっかくなので乗り回してみることにする。

まずは適度なワインディングの続く国道52号を通って静岡へ。
ギアは基本的に5速に入れっぱなしでほとんどのコーナーを回ることができる。

お世辞にも馬力があるとはいえず、タイヤもブレーキも最低限のもので、ハンドルも各ペダルも遊びが多くおよそスポーツ性とは無縁の車だが、上手く走らせようと考えながら乗るとこれが結構楽しい。以前乗ってたサンバーバンのAT車よりは軽くてダイレクト感があるので軽貨物に限ってはMT車の方が快適だ。サンバーがMTだったら多分まだ乗ってたな。あれは良い車だった。寝れるし。

ハイペースで流れる国道1号のバイパス区間でも流れに乗る程度なら問題なく走る。ただ、積載を前提としたギア比なのでエンジン音はうるさい。軽トラに静粛性とかを求めてはいけない。
シートの位置が高いので見張らしが良く、背もたれが固定という部分を除けば意外と快適なドライブが楽しめる。

ゼロ発進から矢継ぎ早にトップギアまで上げると丁度良いギア比と直立したドライビングポジションのせいでなんとなくオフロードバイクに乗っている感覚。
1速は半クラだけで微速前進ができるぐらい低いギア比なので渋滞してもそれほど苦にならない。



最初の目的だった旧東海道の宇津ノ谷峠の探索を終えて、せっかくだからと掛川城まで行って、帰りはよせば良いのに東名高速へ。
巡航速度は90km/hぐらいまでなら問題ない。遅い車だけどセローで高速を走るよりは快適である。

助手席まで使えば狭いキャビンの中で横になって休むことも一応可能。ただし、狭いのでものすごく不快。
あとは長時間乗ると震動と騒音で結構疲れるので、休憩はマメに取った方が良い。現行のモデルなら少しはマシになってそうだけど。



この日の走行距離は270km程だったが、平成ヒトケタ式の軽トラがこんなにも楽しいとは。燃費も16km/lをマークした。

今の車がいよいよ駄目になったら適当な安いハッチバックの何かにするつもりだったけど軽トラに乗り換えてしまおうか…バイクもミラー外したりフォーク縮めないでも積めるし。

雪予報が出たのでタイヤを交換する。

FM富士「24日未明から県内は積雪が予想されます。特に山沿いの地域は大雪が…」

またまたそんな大げさな…

FM富士「現在諏訪地域には大雪注意報が…」

あぁこれはマジで降りそうだ。スタッドレスに交換しよう。そろそろスノーボードの時期だし。



とりあえずジャッキで上げてタイヤを外す。車の下にタイヤを置いておくと万が一ジャッキが外れて車が落ちてもリカバリーがしやすい。
ナットを緩める前にタイヤを揺すって足回りにガタがないか確認しておく。



問題は無かったのでタイヤを外し、せっかくなのでブレーキパッドの残量とドライブシャフトのブーツを点検する。
キャリパーのスライドピンもグリスアップしたかったんだけど明るいときに気が向いたらやることにする。



パッドの残量はOK。ブーツは破けてる。9万kmの車なので特に驚かないけど放っておくとシャフトがやられるので交換しないと…ボロい車だけど使えなくなると困る。



ブーツはなるべく早く対処することにしてスタッドレスを取り付ける。
ナットは均等に締め付けるために対角で締めていく。車載のレンチは手でグッと締めると丁度良い締め具合になるように作ってあるので、トルクレンチがない場合に結構役に立つ。(※最後はトルクレンチで確認しましょう)

間違っても足でレンチを踏んで締めてはいけない。人力で外せなくなるならまだマシな方で、ハブボルトにダメージを与えると最悪の場合
「タイヤが外れないように思いっきりナットを締めたせいでタイヤが外れた」という笑えない事態になる恐れがある。



リア側は先月ブレーキが鳴くのでドラムを外して清掃とブレーキシューの当たり面をヤスリで修正したときに点検したのでサクッとタイヤを交換する。



試運転ついでにスタンドでエアを入れて雪予報が出ているけどあまりにも内外装が汚いので洗車して完了。これで雪が積もっても大丈夫。



こうやって準備しておくと得てして雪にならないものだけど、とりあえず2014年の再現は勘弁してほしい…

マニアックな休日

クラシックカーミーティングの続き。


「これ、なんていうの?」
「オートバイ。」カワサキ650RS W3
「うわあ、うらやましい。」
このオートバイにまたがって、握り飯を食べているとこんな出会いがあるかもしれない。

僕はけして「メグロK2を元祖としたWシリーズの最終型で、元々英国式の右チェンジのミッションを、リンクを介して左チェンジにしている。セリアーニ式のフロントフォークはZシリーズ同様にディスクブレーキが採用された。ヤマハのXS-1、ホンダのCB750と並ぶ美しいマシンのひとつだ。」などと語るようなことはしない。バーチカルツインのサウンドが、全てを語ってくれるのだから。(※片岡義男ごっこは難しい。)



そしてこちらが戦前のトライアンフ。年代でいうと大正から昭和初期のもの。



この年代のバイクが残っているというのも凄いがこの車両は戦前の黒地に白文字の手書きのナンバープレートが残っている。仮に車検を通せたとして、現在もこのナンバーが有効になるのか気になる。



エンジンはバルブを押す部分がむき出しになっている。当時のバルブクリアランス調整は頻繁に行うものだったのか…この日の展示車両の中で一番古いものだったと思う。



そしてマニアック具合ならトップクラスの謎のオート3輪。
車名は農発活用ミヤサキ号。メイドイン甲府市。トトロの終盤で出てくるやつみたい。

酒折の宮崎鉄工所が製作していた車両で、汎用エンジンの三菱かつら発動機を搭載したオリジナルのフレームにダイハツオート3輪の部品を組み合わせて作られた。という車両説明の他はかなり謎の車両。

小型特殊のナンバーが付いているので最近見なくなったテーラーみたいなジャンルになるんだろうか…



ご当地オート3輪は高知県のトクサン号(4トン車)が有名だけど山梨県にも存在したとは。
このサビ具合がカッコいい固体も実動車で、荷台にはデカい発動機が積んである。



この発動機は吸気バルブが負圧で駆動している。クランクもカバーを開ければすぐに点検できるという簡単な構造だけどちゃんとエンジンとして成立していた。

こういうイベントに行くとまた1台レストアみたいな事をしたくなるんだけど、放置ズーマーを動くようにしてくれと依頼がきた。さてやるか。


クラシックな休日 その2

11月6日に道の駅富士川のクラシックカーミーティングにも行ってきた。
この日は四輪メイン。



ブリティッシュスタイルのロードスターのようなデザインがカッコいいフェアレディや



4連キャブのDOHCにチェーン駆動というバイクのようなメカニズムで作られたホンダSシリーズといった名車や



今年50周年となる初代カローラ。



当時流行していたテールフィンを採用したトヨペットコロナと強制空冷のフラットツインのヒューヒューパタパタというエンジン音とガチャピンのようなボディが可愛らしいトヨタスポーツ800。

写真奥に写っているベーシックカーのパブリカをベースとしたこの車は航空機の技術を取り入れた空気抵抗の少ない軽量で操縦性に優れたボディを武器に当時のレースで大活躍。
中でも1965年、雨の船橋サーキットにおいて、銀色のトヨタスポーツ800を駆る浮谷東次郎は序盤の接触によるフロントフェンダーの破損で大きく順位を落としながらも、マシンの修復が完了すると鬼神のごとき追い上げをみせ、パワーで勝るホンダS600やアバルト・ビアルベーロを相手に見事に逆転優勝したエピソードは伝説の名勝負して語り継がれている。(私はヨタハチが好きです)



5ナンバーのままってことはGT-Rじゃないかと思って下を覗いたらエンジンからタイコまでデュアルエキゾーストだったのでやっぱりGT-Rだったハコスカ。
プロトタイプレースカーのR380のエンジンをストリート用に手直しした直列6気筒DOHC4バルブ、3連ソレックスキャブを装備したS20エンジンを搭載し、マツダRX-3に破られるまでデビュー戦から49連勝という伝説のマシンだと力説したら一緒に行った友達(車屋)に呆れられた。



カニ目と呼ばれるデザインが可愛らしいノンレストアのオースチンヒーレー。

有名な旧車はひととおり見たのでマニアックな車種を見てみることにする。


クラシックな休日

10月30日に鳴沢のクラシックバイクミーティングに行ってきた。



ブリヂストンのバイクモーターとトーハツがあったり



トライアルバイクでお馴染みのモンテッサが作っていたインパラがあったり



いかにも走りそうな格好いいDT-1。持ち主の方に話を聞いたらレースキットが最初から組まれたDT-1MXというものだそう。この年代のトレールはカッコいい。



ホンダのC92と陸王。神社仏閣スタイルのC92は16歳の頃に解体屋に出てきて買いそうになったバイク。今だったらレストア出来るかなと思ったりしたけどさすがに手に負えないか…

陸王はメグロと共に年配の人とバイクの話になると必ずといって良いほど名前が出てくる(警察か新聞社にでも入らないと乗れなかったという話もセットで)。サイドバルブのハーレーを日本でライセンス生産したのが始まりのバイクで、リジットフレーム、ハンドチェンジ、ロッカークラッチ、手動進角に手動オイルポンプという素晴らしい仕様。



リアに付いているバッグが「飾らないで乗ってます」という雰囲気を出しているピカピカのBSA。

参加車両は全車実動コンディションな上に8割ぐらいが自走という。やっぱりバイクは乗ってナンボだ。来年も開催予定とのことなのでイーハトーブの自賠責は更新しておこう。

林道の先の温泉…ならず。

午後からちょっとバイクに乗る時間ができたので韮崎の未舗装路を走ってきた。



まずは慣らしとして河川敷のフラットダートを走ってから20号に出て鳳凰三山に向かう。目的地は林道の先にある青木鉱泉。江戸期から湯治場として知られた歴史ある温泉で、建物は挿し鴨居造りという釘を使わない工法で明治期の建物が再現されている。


画像はヤマケイオンラインより
そのうち行こうと思っていたにも関わらず中途半端に近い位置にあるので行ったことの無いこの秘湯。建物だけでもかなり魅力的。

しかし道中でHPを見たら宿泊、日帰り入浴とも今期はやっていないとのこと。入れないけど行くんだよ。



鳳凰三山の登山口に通じる小武川林道は舗装とフラットダートを繰り返しながら標高を上げていく。鳳凰三山が含まれる赤石山脈は県境を越える旧街道がちょっと調べただけでは出てこないぐらいに高い山が連なり、車道は一般車両が通行できない南アルプス林道だけという。地図上の直線距離とは裏腹に山の向こうへ行くのは諏訪か清水に1度出てからになるので結構遠い。



途中には発電施設に通じる吊り橋がいくつもある。ダート区間は短めだけどちょっと走るには丁度良い。青木鉱泉までは20号線から30分程で行ける。



紅葉はまだ真っ赤という程でも無いので先を急ごう。この時点で15時を回っているので日没までには里に下りておかないと。



太陽も気温も低くなってきたのでとりあえず今回は青木鉱泉まで行くのはやめて途中にある分岐で御座石温泉の方に向かう。砂防ダムの機能を備えたような沈下橋を渡るとしばらく未舗装路が続く。すでに温泉より未舗装路が目的になっているけど気にしない。



未舗装の区間は温泉の建物の辺りで終了。こちらには日帰り入浴のノボリが出ていたけど建物に明かりがついていなかったのと物凄く吠える犬が玄関に居たので引き返す。地元だからとよく調べずに秘湯に行くとこうなる。青木鉱泉の建物だけでも見ておけば良かったんだけど既に満足してしまっていた。(行きたくなったらすぐ行ける距離だし)

帰ってきて調べたら青木鉱泉にはキャンプ場もあるので来期の営業に期待しよう。

風雨来記の思い出

2001年、とあるゲームソフトが発売された。

風雨来記(ふうらいき)という名のこのゲーム。題材となっているのは道東をメインにした北海道ツーリング。画面の人はヘルメットと靴を脱いでいるけど地面で寝るときはヘルメットをかぶったままの方が丁度メットが枕のようになって草が顔に刺さらないので寝やすい。

ホンダのゼルビスに乗ってツーレポを書きながら各地を走るというこのゲームは背景の画像に実写が使われていて、目的地にバイクで移動する時の強制スクロールの画面はストリートビューのようなライダーからの視点。

途中に出てくる曲がり角で選択をミスると意図しない場所に着いてしまい、着いた場所が絶景ポイントだったりするというツーリングにありがちな事が見事に再現されていたり、道中で何度か出てくる人物に最後まで本名が分からない奴がいたり、欲張ってあれもこれもと走り回ると翌日に疲れが残るなど明らかにロングツーリング慣れした人達が作ったゲーム内容。

グランツーリスモがリアルドライビングシミュレーターならこの風雨来記はリアル北海道ツーリングシミュレーターとでもいったところか。

登場人物のセリフの中に微妙に見え隠れする片岡義男テイストもあって当時かなりハマったゲームだった。

また、このゲームは隠しキャラを含めた5人のヒロインが登場するが、概ね寅さんのマドンナのような立ち位置なのでクリアすると同時に別れが訪れるという切ないストーリー展開。
しかし本来は恋愛アドベンチャーのジャンルに入るゲームのはずなのにヒロインを攻略せずにひたすら走り回った方が楽しめるという。たしかエンディングも一人旅に徹すると一番綺麗な終わり方になった記憶がある。

このゲームをクリアした数年後に実際に北海道にツーリングに行ったけど日に日に小汚くなっていく野郎2人がセイコーマートで買ったカップ麺を主食にして、キャンプ地で一緒になったライダーと情報交換という名の宴会をし、ひたすら宗谷岬を目指すという美女との出会いなどというロマンチックな出来事は1ミリも無い旅だった。現実はゲームのようにはいかない。楽しかったけど。

沖縄を舞台にした風雨来記2で打ち止めかと思っていたら北海道全域を収録した続編がいつの間にか出ていた。プロモーション映像がどう見てもバイクのゲームにしか見えない。

フェリーの予約と時間が取れなくてしばらく北海道ツーリングに行けてないのでゲームを買ってきて気分だけでも味わうか。






プロフィール

コーテル・リャン

Author:コーテル・リャン
東に不動車があれば引き取って直してやり
西に峠があれば行ってそこを越え
テントを張れば雷雨に怯え
林道に入ればヨタヨタ走り
誉められもせず 苦にもされず 
そういう人が私です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
Amazon.co.jpアソシエイト
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR