次期主力バイクを考える。

現在の主力バイクであるセロー225。
1台でコンビニから林道からロングツーリングまでなんでも対応する便利なヤツなのでまだまだ乗るつもりだけど、暇潰しに新しいバイクの目星をつけてみる。

一応条件としては

・高速道路を走ることができる
・維持費が安い
・近所の足に使うのが面倒くさくない
・道を選ばない
・普通に乗ってても楽しい

たまにリッターSSとかに乗りたいと思ったりするけどローギアで100km/h出してもタコメーターに余裕があるようなバイクは俺が持っててもしょうがないので乗りたくなったらレンタルバイクでOKだ。



この条件で絞ると第一候補はやはり現行のセロー。225の「ここがもっとこうアレだったら…」が大体改善されている上に試乗したときに笑いが止まらなくなり、「とりあえず荷台とアンダーガードを付けたときの見積りをもらっても…」となる程度には楽しかったので多分コレにすると思う。



第二候補がトリッカーをフルサイズ化したもの。セローよりクイックな動きらしく、見た目が若干トライアル車風味なので結構気になる。



第三候補がCRF250L。試乗した感じではセローよりはロード寄りの設定に感じたので普通のツーリングだと楽そう。あとライトが明るくて乗り出し価格が安い。




とはいえセローやトリッカーよりちょっとデカくて重くなるのと今乗ってる225に取り立てて不満が無いんだから乗り潰せば良いじゃんと思っていたりもするのでコレが出てから考えても良いかな。



このモーターショーに出てたPED-2のデザインをベースに新しいセローが限りなくゼロに近い可能性で出るかもしれないし…

※画像は各社ホームページより
スポンサーサイト

セローのメーター不調をどうにかする



セローのメーターが0km/hから動かず、40km/hを越えた辺りで思い出したように針が立ち上がるようになってしまった。

距離計は動くので針が固着し始めていると当たりをつけてみた。
新品のメーターに交換するのが手っ取り早いし確実だけど中々良い金額なのでどうにかする。



逆ネジになっているトリップメーターのリセットノブとゴムのカバーを外して針の軸の辺りを狙い、5-56だと距離計のプラ製のギアに影響が出そうなのでシリコンスプレーを噴射する。



カバーとノブを戻して乗ってみたがとりあえず固着は解消されたようで、しばらくは大丈夫そう。フロントタイヤがそろそろ交換時期なのでタダで直って良かった。





ポンコツ丸の配線をなんとかする

YB-1のキャブとハンドル回りを移植したポンコツ丸。


今回は配線をなんとかする。
YB- 1のハンドルスイッチの配線はヘッドライトの線以外はカプラー式のためカプラーを切り落として先端をギボシに交換する。

ピンクの線のみメス端子、他はオス端子に交換した。 配線はほとんど同じ色同士で繋げればOKだった。

ウインカーとホーンの作動を確認して、ヘッドライトの点灯と上下の切り替えが出来ることを確認。

あとはフロントブレーキのスイッチをなんとかする。

今回は横着してスイッチから生えている線を延長してリアブレーキのスイッチの配線に割り込ませた。更に横着してパッチン止めの赤いコネクターを使ったが、メインハーネスのブレーキスイッチに繋がる線を調べて、そこの皮膜を剥いて半田で銅線を付けた方がキレイに仕上がる。そのうち気が向いたらやることにする。

前後ともブレーキランプが点灯することを確認して配線の問題は解決。

あとは穴が全部通っているにもかかわらずチョークを引いていないとアイドリングしないキャブをなんとかする。基本的に同じエンジンとはいえ、違うバイクのキャブをポン付けしてセッティングがバッチリ合うなんてことも無いだろう。

入手した当初から難儀しそうなバイクだと思っていたらやっぱり難儀するバイクだった。この動画でも観て癒されながらサジを投げない程度にボチボチやろう。



9/27追記:残念ながらこれ以上の修理は断念し手放しました。出来れば技術力と軍資金のある人の所に行ってもらいたい。

Keiのオイルを交換した



天気が芳しくないので雨が降る前にこの5速MT、4WDターボのスーパーカーのオイルを交換する。(※スーパーカーとはスーパーの駐車場によく止まっている車という意味)



まずはボンネットを開けてオイルの汚れ具合を黄色いオイルゲージで確認して、フィラーキャップを外す。その前に



エアクリーナーの汚れと



ブレーキフルードの色と量



冷却水の量



バッテリーの状態



ベルトの張りを点検して



ウォッシャー液を補充しておく。



今回は特に不具合はなかったのでフィラーキャップを開けてオイルを抜く。Kei だと車高が高いので下から工具を突っ込むだけでドレンが外せる。オイルフィルターは今回は交換しない。



オイルが抜けたらドレンボルトのワッシャーを交換してドレンを閉めて新しいオイルを入れる。今回は近所のホームセンターで売っている中では一番高性能っぽいバルボリン10w-40のオイルを3本使った。フィラーキャップを閉めてゲージでオイル量を確認して適量入っていれば終了。オイル量は2.7l 、フィルター交換時は2.9l 。

粘度を変えていないのと高いオイルを使ったわけでも無いので、交換後は新油のフィーリング以上にエンジンの調子が良くなったなどということは特に無い。

しかし軽のターボ車は取説でも5000㎞毎のオイル交換が指定されている位には熱によるオイルの劣化が早く、古いオイルでいつまでも乗っているとターボチャージャーの不具合やピストンリングが固着して煙を吐くなどロクな事にならないので純正と同等以上のグレードと粘度のオイルをマメに交換するのがエンジンを長持ちさせるには良いと思う。

ポンコツ丸のキャブレターを交換した

暖機後に不調になる症状が出たうえにクラッチワイヤーも切れてしまったのでポンコツ丸と呼ぶことにしたFT-1。とりあえずキャブを交換してみる。

純正の新品パーツなどハナから期待していないのでヤフオクで落としたYB-1の部品を使って直すことにする。



ポンコツ丸に載っているF5Bエンジンは69年式のFS-1の頃から


 
この99年式ぐらいのYB-1までほぼ同じものが使われていたので付けるだけならなんとかなった。※画像はヤマハ発動機ホームページより



形状とチョークの引きかたが少しばかり違うけど元々のキャブと入れ替えるだけでOK。キャブを外したので奥にあるロータリーディスクも確認したけど黙視では問題無さそう。
ワイヤーもYBのものを使う。

エンジンは一応かかったので一緒に落としたハンドル回りとクラッチワイヤーも交換した。これでチョークワイヤーをどうするかという問題は解決してレバーの位置調整も可能になり、普通のミラーが使える。



後は配線をどうにかするんだけどカプラーの部分をギボシに変えてつなげばイケそう。ノーマルだと付いていないフロントブレーキのスイッチが増えたのでそこは上手いことやることにする。



セローのシートを張り替える



オイル漏れの発覚と同時にシートも破れていることが発覚したセロー。車体を買ったときにシート表皮が痛んでいたので張り替えてから約3年。そろそろ破れそうだと思っていたら破れた。



とりあえずテープを貼っておいたけどさすがにカッコ悪いのでシートを張り替える。



サイドカバーを外して



シートを止めている10㎜のボルトを2本外してシート本体を外し



10㎜ボルトで止まっているシートステーと表皮を止めているタッカーの針を外して表皮を剥がして



スポンジが水を吸っている場合は水気を取って乾かしてから新しい表皮を被せて



この海外製の怪しげなタッカーを使って表皮を止めていきます。打ち込みが若干弱いけどとりあえず使える。針は足長が短い物の方が打ち損じが少ない。



シワがよらないようにしながらも表皮にテンションをかけすぎない程度に伸ばしながら表皮を止めて



車体に戻して完成。若干シワが出ているけどこのぐらいだと表皮が馴染んでくれば消えることが多い。

表皮は今まで付いていたものと同じものを使った。純正のほぼ1割の値段なのでほぼ消耗品みたいなものだけどせめて3年ぐらいは破れないで欲しい。

セローのオイル漏れを止める



セローのタペットカバーからオイルが漏れてきた。ここは毎年のように漏れるのでもはや消耗品のような感覚。



漏れ箇所をパーツクリーナーで清掃してタペットカバーを外してパッキンを取り換える。

部品名称はOリング 品番93210-57634

ヤマハはスマホのアプリで部品検索ができるので便利。

ヤマハパーツカタログ





外したパッキンの状態を確認するとやはり弾力が無くなってペッタンコになっていた。マジェスティの物を使うと耐久性が上がるらしいので品番を調べて次回漏れたら使ってみよう。



カバーを戻してエンジンをかけてオイル漏れが止まっていればOK。ネジにスレッドコンパウンドを塗っておくと次回外しやすくなるかも。

工具は6角レンチ1本で出来るが、脱着時にネジ山を舐めたりネジを折ったりすると最悪の場合ヘッド交換になるので気をつけたい。



FT-1をカスタムしようと思う

チョイノリの修理が完了したのでミッションオイルを交換したFT-1の調子をみるついでに車載工具を買いにバイク用品店に。

店まであと1キロ位の所で久しぶりにガス欠症状でエンスト。ガソリンが少なかったので普通にガス欠したかとスタンドまで押していって給油。

エンジンは沈黙したまま。この前の峠越えでの調子の良さは何だったのか…

仕方がないので店まで押していって予定通り車載工具を購入し、早速プラグを外して火花の確認。プラグ黒いけど火は飛んでるね…こういうポンコツ丸に乗るなら車載工具は大事。というかポンコツ丸で遠くに行かない方が良い。

キャブのカバーを外してとりあえずキックしてみたらエンジンがかかった。今までガス欠症状と思っていたけどもしかして濃すぎるのか…?調子は悪いながらもとりあえず家に帰れる。



家に帰って原因を探ってみる。どうせキャブが悪さしてるんだろうと外して分解。



ジェットが外れたかと思ったけど特に問題なし。吸気経路にも異物は見当たらず。一応清掃して組み付け。

もしかすると前に交換した左側クランクシールの入れかたが下手くそだったのかもしれないのでフライホイールの隙間から覗いて点検。オイルで濡れて無いってことはちゃんと入ってるね…走ってる時に煙幕は出て無いので右側が駄目になっているわけでも無さそう。

店の駐車場でプラグを外した時にえらく黒かったのでやっぱり燃調が濃すぎるのかとニードルを1段上にして乗ってみる。

さっきよりマシだがエンジンが暖まると調子が悪い。全部ノーマルのはずなのに。そういえばガソリンが少量オーバーフローするのでもしかして油面が高すぎるのか?形状的に調整できそうにないんだけど。フロートがパンクしてガソリンが中に染みているという可能性もある。



そしてダマシダマシ使っていたクラッチワイヤーがとうとう切れた。なんだこのポンコツ丸。

そういえばイーハトーブをやった時もオーバーホールしてサービスデータ通りのセッティングにしても濃い症状が出てあれこれ調整してはみたものの、結局キャブの経年変化だったので新品に交換したら直ったことを思い出した。

そうすると現在のキャブには見切りをつけてYB-1のキャブを流用してみるか。疑わしきは交換した方が気分的にも安心できそう。


ヤフオクでワイヤー付のキャブの画像を見ながらエンジンとの接続はそのままイケそうだけどワイヤーの付き方が違うのでどうするかと思っていたらYB-1のレバーホルダー、スイッチ付のハンドル回りが出てきた。

これを付ければレバーの位置調整が可能になって、手元でチョーク操作が出来てスイッチ類も操作しやすく、普通のミラーが使えるので後方が見やすくなって、ワイヤー類の入手にも困らないのではないかと踏んで落札してみた。

上手くいけば使い勝手は良くなるはずだけど果たしてすんなりいくものか…?


チョイノリを修理した

修理代をケチって家に転がっていた中古タイヤに交換しようとしたはいいがビードが上がらないチョイノリ。



ビードを広げるためにタイダウンでギッチギチに締め上げて2日ほど放置。この状態で手押しポンプで空気を入れてみるもシューシューいうだけでビードは上がらず。

タイヤを放置している間に爆発タイヤのコツはYouTubeを観て研究したので再度やってみる。



よし!ビード上がった!



エア漏れもしていないのでひとまず安心。

※爆発タイヤを行う際は保護メガネなどを着用し、周辺に燃えやすい物を置かないなど、ケガや火災などの安全面には充分注意して作業して下さい。



タイヤの問題は解決したのでキャブのフロートを開けて詰まりを確認。穴は全部通っていたので組み直してエアスクリューを規定値の全閉から2と3/8回転に合わせて新しいガソリンを入れてエンジンは始動。

オイルは綺麗な状態だったのでちょっと実験をしてみた。



まずはそのままのオイルで暖機し、その後ゾイルスプレー(液体のゾイルよりもワイヤーの給油とか不動車のエンジンをかける前にプラグホールにひと吹きとか色々使えて便利)を10秒程度フィラーから噴射してオイルに混ぜる。

オイル交換時に液体のゾイルを添加するとエンジンがスムーズに回るようになって振動も減るんだけど、これってゾイルの効果というか新しいオイルだからじゃね?という疑問を解決してみたい。

そして始動。
添加後はアイドリングが明らかに上がった。オイル自体は換えていないので、フリクションロスを改善する効果は一応あると判断しても良さそうだ。

とはいえ排気量が増えたようなフィーリングとか、劇的なレスポンスアップということが起きるわけではないので、メンテナンス状況の分からない中古車を買ったら初回のオイル交換で添加して、後は気分でみたいな使い方で良いかと思う。(自分は大体そういう使い方)



そうはいってもオイルが古いままなのはアレなのでFT-1のミッションに使った余りのオイルに交換した。FT-1のミッションは600cc。チョイノリのエンジンオイルは300ccなので余りオイルでも充分に足りる。



右側のブレーキスイッチはツメが折れて外れていたのでシールテープを巻いて差し込むことで固定。



ミラーを交換してワックスかけて終了。修理代は俺の労力だけで済んでよかった。修理らしい修理もしてないけど。



チョイノリを修理する



ジョルノを売却した代金と共に届いたこのチョイノリ。

現在の状態はタンクからガソリンの腐った臭いがしていてリアタイヤはパンク。しかし圧縮と初爆はある。とりあえずタイヤ交換とガソリンの入れ替えで直りそうな予感。



まずはリアタイヤを交換する。



前の持ち主曰くエアを入れたことが一度も無い(というかパンクしたまま乗ってたので左側のビードが外れている)ということでタイヤは凸の字のような形に減っていた。パンクしていなくても換えた方が良い感じ。

幸い家に6分山の中古タイヤが転がっていたのでサクサクっと交換して念のためキャブを分解して清掃する…はずが



ビードが上がりません…

手押しポンプではもちろん駄目でガソリンスタンドのコンプレッサーでやっても駄目でそれならばと爆発タイヤを試してみても盛大に火が出るばかりでビードは上がらず時間切れ。

タイヤが無いと移動できないので車体に戻して今日は終了。

やはり1年位外に放置した中古タイヤは駄目か…最初から新品を使えば良いんだけどまだ策はあるのでもう少し格闘することにする。




ジョルノ 整備記録



先日手放したAF24ジョルノ。



当初はこのように解体屋にあった不動車。不動の原因はプラグキャップの不良だったのでキャップを交換して、ついでにエアクリーナーとプラグも新品に替えて実動に



そうすると欲が出てくるので破れたシートを張り替えて



駆動系はリフレッシュついでにライブディオZXのセッティングを参考に8.5g×6個、強化クラッチスプリング、デイトナのセンタースプリング(ZX純正相当 )に交換してダッシュ力を強化



艶がひけた外装はスコッチブライトとコンパウンドで磨いて一皮剥いて



オイルタンクのセンサーが痩せて差し込み部から漏れがあったのでシールテープを巻いて漏れを止めて



ヘッドライトを固定する部分は割れていたのでネジ止めで固定



メーターを振り切る程度には速くてボトムリンクのフロントフォークはソフトな乗り心地。足がわりに便利なバイクだったが知り合いが原付を探していたのでFT-1のレストア資金とスペースの確保のために売却。



…なぜか代金と一緒にチョイノリも届いた。さて直すか。


FT-1をレストアすることにした その9

30分程乗るとケツが痛くなるFT-1のシート。中でサラサラ音がしているのでスポンジの劣化具合をみようと表皮をめくってみた。



アンコ抜きシートというかアンコ抜けちゃったシートというか…中から錆と加水分解したスポンジが砂みたいになって出てきた。写真を撮るのも忘れてシートベースを塗装する程度の汚さ。



とりあえずホームセンターでスポンジを買ってきて隙間に詰めることにする。アイデア次第で使い方色々と書いてあるのでシートのスポンジに使っても大丈夫だろう(適当)



表皮を元に戻して完成。表皮の穴の空いている部分には保修用のレザーを貼ってついでにオイルタンクを黒に塗装しておいた。

材料費は580円な上に手間もかかっていないので仕上がりはさておき30分かそこらではケツは痛くならないと思う。

プロフィール

コーテル・リャン

Author:コーテル・リャン
東に不動車があれば引き取って直してやり
西に峠があれば行ってそこを越え
テントを張れば雷雨に怯え
林道に入ればヨタヨタ走り
誉められもせず 苦にもされず 
そういう人が私です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
Amazon.co.jpアソシエイト
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR