山梨旧道めぐり その6 中道往還古道編

女坂峠へ続くはずだった未成道を後にして、358号で精進湖へ。358号は精進湖までおいしいコーナーが続く、バイクやハンドリングの良い車で走ると楽しいルート。

現在の車道は国道のトンネルで女坂峠を越えることができる。右左口峠の旧道、女坂峠の未成道の険しさを考えると峠道の改良ではなく橋とトンネルを使った広い道を新設した理由も頷ける。



精進湖畔の集落を抜ける道が中道往還をトレースしている。



石畳風の舗装がされていてここから古道へとアプローチできる。



舗装が切れる所でバイクを降りてここからは徒歩で。



しばらく歩くと砂防ダムがあり、道はつづら折りを繰り返しながら女坂峠へと続く模様。



徒歩60分で峠には行けるそうだけどもちろん登山装備なんて持っていないので撤収。基本的に地元だと撤収の判断がやたら早い。



ここにも中道往還の説明文がある。古代より輸送や文化の交流に重要な役割を果たしていたのだそうだ。

なお余談ではあるが山梨には寿司屋がやたら多い。また贈答品はアワビの煮貝が選ばれることが多く、マグロの消費量は全国的にもトップクラスである。これは海産物の輸送が大変で珍しい食べ物として扱われていたことが大いに関係していると思う。



話を本筋に戻して帰りながら右左口峠の古道も探索することにする。358号を甲府側に戻り、右左口宿を抜けて旧道へのルートの途中に右左口峠へ続く迦葉坂(かようざか)への入り口がある。

コンクリート舗装の道を進むとやはり砂防ダムがあり、徒歩道が峠に伸びているそうで…



よし!帰ろう!

中道往還が長いこと車道にならなかった理由が分かった気がする。どのルートでもこの険しい山に広い道を通すのは大変だ。


スポンサーサイト

山梨旧道めぐり その5 中道往還 女坂峠編

中道往還について調べていたら、右左口峠を越える国道358号の旧道は、現在精進トンネルが通っている女坂峠を越えて精進湖まで車道を通す計画だったという情報を得た。右左口峠と同じく、車道は自衛隊の協力で途中まで建設され、未成のまま残っているという。

というわけで右左口峠を走破した次の日に行ってみた。



右左口峠の精進湖側出入口の程近く。国道から分岐する道が旧道のスタート地点。前日の右左口峠がかなりの悪路だったのでトライアル車のイーハトーブで行くことにした。



集落から寺川グリーン公園というアウトドア施設までは至って普通の道路。道沿いに歴史のありそうな寺があることからこの道が旧街道であったことが窺える。



寺川グリーン公園からしばらく進むと分岐点がある。ここを左に曲がる。



道の様子こんな感じ。道幅と石垣が車道として建設された名残を感じさせる。



4輪の轍が途切れる所で倒木が。自然に倒れたのか人為的に置かれたものか。どっちにしろ歩いて進んだ方がよさそうだ。



倒木の地点からは右左口峠と同様の作りの道が続いていた。違うのは路肩のポールとガードレールが無いことぐらいか。この先に水道施設と橋があるということだが、石が斜面を転がる音が聞こえたので深入りするのは今回はやめておいた。

結局この道は精進湖まで車を通すことはなかった。仮に開通していたとしたら、ツーリングマップルには「悪路通行困難」か「峠越えの旧道 ガレている」の文字があったに違いない。

山梨旧道めぐり その4 中道往還 右左口峠編

甲府から精進湖に至る国道358号の右左口(うばぐち)トンネルの上を通る峠越えの旧道、中道往還を走ってきた。

この旧道、昭和43年に自衛隊の協力で作られ、その後開通した新道が当初山梨県が管理する有料道路だったため、平成6年の新道の無料解放まで国道に指定されていた。



スタートは精進湖側から。358号の側道にある旧道入口にはいつも冬季閉鎖 通行止と看板が出ている。実際によく何かしらの理由で通行止になって通れる時の方が少ないぐらいなので外さないのだろう。ゲートが開いていれば一応通行は可能。



写真を撮った地点は比較的マシな方で、基本的に狭くて荒れた路面状況。林道だと思えば普通。でも元国道。



途中にある砂防ダム。完全に林道の風景だけど元国道。



右左口峠のてっぺんに到着。中道往還の説明文が。山梨~静岡間を結ぶ中道往還と呼ばれるルート自体は大昔から存在するが、車道がこのルートをなぞるのは昭和48年に139号に接続する右左口から精進湖までの新道が開通するまで不可能だった。




現在は甲府市に合併された上九一色村と中道町のカントリーサインが未だに残されている。この場所の近くに古道への分岐があるようなので探してみようと思ったけど小雨がぱらついてきた。



中道側の見晴らしの良い所から甲府盆地が一望できる。あぁこれはもう普通に降ってくるな。



道中に何ヵ所もあったコンクリートのこれは路盤の補強ではなく排水用の洗い越し。水が流れる前に下りきろう。


      
舗装路に出てしばらくすると開通記念の碑が。



峠を下りきると宿場町の雰囲気が残る右左口宿。このあと雨は本降りに…

近場にあって歴史的にも面白いのに通行止が多くてなかなか走れないのでようやく走ることができて良かった。

それよりも小雨のうちに山を下りることができてマジで良かった…





近所の森林でメシを作る

家からバイクで15分程の山の上で昼飯を作って食べた時の話。いわゆるラーツーみたいなものです。

食材とコンロと鍋を一式バイクに積み込み、近所の山へ。



この池は確認しただけでも金魚、モロコ、ブルーギルが混在するカオスな事になっている。ギルよりも金魚がデカい。

食材と器具を出して調理開始。



今回のメニューはもやし炒めとラーメン。

今回のなどと言っているがいつもこんなものである。(キャンプだと水の量とビールが増えるだけ)

まずはもやし炒めを作る。皿などは持ってきていないので出来上がったもやし炒めは鍋から直接食べる。

その後鍋に水を入れて沸騰させてラーメンを作る。鍋にもやし炒めを適量残しておくとラーメンの具になるのでお好みで。

味の方はどうかというと、もやし炒めの素の説明書通りに作ったのでちゃんと食えました。

使っている鍋とコンロはもう6年程の付き合いになるけど、湯沸かしから調理まで対応できて場所もとらない便利なやつだ。設置も片付けも簡単だし。



房総半島ツーリング その5 濃溝の滝~大山千枚田編

養老渓谷のトンネルと林道と川廻しを堪能したので、次なる目的地、濃溝の滝へ。

君津の道の駅付近で雨が降ってきた。よくあることなので気にしない。



駐車場にセローを停めて、歩いて濃溝の滝へ。スゲーなこれ!房総まで来て良かった!



最近は何でもジブリのような風景って言っとけば良いみたいな風潮があるけど…ジブリのような風景だ。



この場所も農地に水をひくために川廻しで作られたのだそうで、濃溝の滝という名前もそれに由来すると案内板に書いてあった。



そして敷地内にある千寿の湯へ。これがかなりのヒット!良い湯だった!

温泉に入っている間に雨もやんだので帰路に。フェリー乗り場への道中で大山千枚田の看板が。



ここも「夏美のホタル」のロケ地になったようで、図らずもロケ地巡りのようなツーリングになった。それよりも米が食べたい。



ここで収穫される長狭米は近くの棚田カフェで食べることができるので本日2回目の昼飯におにぎり定食をいただく。

美味い米を絶妙な炊き方で炊いたのだから美味いに決まってる。実際に美味かった。せっかくなので食べる前に写真を撮ろうかといつも思うのだが、美味そうなものを目にするとカメラよりも先に箸に手が伸びる。

これで見たかったものは全部見たので


道の駅保田小学校で休憩して金谷港のフェリー乗り場へ。閉校になった小学校の建物を改装した宿泊施設もある道の駅はやっぱり喫煙所が校舎の裏。多分わざとそういう配置にしている。



久里浜でフェリーを降りて横浜横須賀道路と16号と中央道で家に帰る。どうも今回はすんなりと事が進みすぎていると思っていたら16号で渋滞に、中央道で大雨に当たって帰宅は深夜になった。

次回行くなら竹岡林道と金谷元名林道を走りたい。





房総半島ツーリング その4 養老渓谷編

月崎から県道で養老渓谷へ、県道81号から弘文洞跡に通じる道にこのトンネルがある。



このトンネル、上にある穴が元からあった向山トンネルの出口で、下にあるのは新しく掘った共栄トンネル。新トンネルと繋げるために路盤を下げたためにこんなスタイルになったという歴史をもつ。

そのため県道側と弘文洞跡側でそれぞれ別の名前の看板がついている。

時間が早いせいか台風の影響か弘文洞跡への遊歩道はチェーンがあったので来た道を戻って上総大久保駅近くの林道へ。




舗装と未舗装が混在する林道でもちろん素掘りトンネルもある。

荒れてきたら引き換えそうと決めて案内板を頼りに大福山に、展望台を過ぎると大福山林道に合流する。



路面はフラットで走りやすい。産廃処理場があるので対向してくるトラックに気を付けながら林道を下る。

林道が終わると養老渓谷近くに戻る。
昼飯にソバを食べた養老渓谷観光センターの裏にはこんな滝が。



こういった洞窟を流れるような川は水田や農地を作ったり水をひくために川廻しという手法で人工的に川の流れを変えたものだという。

先ほどの素掘りトンネルもそうだが房総半島の地質と緩やかな川のおかげでこういった神秘的にも見える風景が成立するのだそうだ。


房総半島ツーリング その3 月崎駅編

朝6時にネットカフェを出発。小湊鉄道の月崎駅周辺に向かう。

月崎までの県道は適度にくねってて信号も車も少なく、月崎に近づくにつれて一部狭い区間がある。昨日の高速道路のつらさも吹っ飛ぶ楽しい道のり。



月崎駅に到着。雰囲気のいい木造の駅舎は映画「夏美のホタル」のロケ地に使われたとポスターに書いてあった。SR400に乗る有村架純が主役の映画のようなのでDVD出たら観てみよう。



自販機で買ったお茶を飲んでいると森の中から列車がやってきた。



周辺の景色もあってなんとなくジブリ作品を観ているような気分。

列車を見送って駅近くにある素掘りトンネル群へ。



ここを走りたくて千葉まで来た。



トンネルの案内板によると明治時代に掘られたトンネルで将棋の駒のような形は観音掘りと呼ばれる日本独自の手法なのだそうな。



この道のトンネルは全部で3本あり、最初と最後が観音掘り、中間のトンネルが通常の丸い形になっていた。



照明が現役のトンネルであることを主張するような3本目を抜けてUターン。養老渓谷にある2段トンネルに向かう。

房総半島ツーリング その2 横須賀~木更津編



134号から16号に出て、三笠公園へ。

こちらには日露戦争の日本海海戦においてロシアのバルチック艦隊を破った当時の連合艦隊の旗艦である三笠が記念艦として保存されている。



公園の入り口には東郷平八郎の像が。

三笠の中は見学できるので入りたかったけど残念ながら閉館時間を過ぎてしまっていたのでヴェルニー公園へ。



ここからは現役の艦艇が停泊しているのが見える。これは米軍のイージス艦。



こちらは自衛隊の護衛艦いずも。空母かと思った。

充分に目の保養はできたので再び横浜横須賀道路に乗り、湾岸線からアクアラインへ。

湾岸線から見える夜景が凄かった。じっくりと見たかったが海ほたるまでPAは無し。そのうち京浜工業地帯を目的地に旅したい。電車とバスで…

そしてこの日は風が強く、また基本的に高架道路のため軽量なセローで走るのはかなりスリリング。やっぱり高速走るのは車がいいな。



アクアラインに入って長くて暑いトンネルを抜けると海ほたる。



このライトアップが綺麗な橋を渡りきればようやく房総半島。しかしこの時さっきの湾岸線の比じゃない位の風が…あー行きたくねぇ…

晩飯を食べて、覚悟を決めてスタート。橋上の制限速度は40キロ(普段は80制限)。あらゆる方向から突風が吹くので前触れなく横に飛ばされるという身の危険を感じる程度の恐怖。
次からアクアラインを通る時は絶対に車で来ようと思った。

木更津市内に入り、ネットカフェがあったのでここを今夜の寝床とする。ビールがテキメンに効いた。


房総半島ツーリング その1 ただの移動編

8月17~18日、セローで房総半島にツーリングに行ってきた。

まずは中央道で八王子へ。首都高とアクアラインを使えば早いのだが、東京湾フェリーに乗りたいので16号と横浜横須賀道路で久里浜のフェリー乗り場を目指す。

山梨から千葉への道中はどのルートでも東京、神奈川を通ることになる。都会の車は器用だなぁと思いながら16号を走り、横浜横須賀道路へ。ここまでの道中はセローが最も不得意とするシチュエーションである。そして俺は都会の道路に慣れていない。ツライ。

横須賀PAで海軍カレーを食べながらフェリーの運航状況を確認すると前日までの台風の影響で休航とのこと。快晴なので大丈夫だと思っていたら…

この時点で午後3時。最終便は動くかもしれないのでとりあえず高速を降りてフェリー乗り場へ。

窓口で状況を確認すると本日は全便休航になったとのこと。本日天気晴朗ナレドモ浪高シ…ということで横須賀をウロウロしてアクアラインで木更津に向かう事にする。






山梨旧道めぐり その3 笹子峠 後編



旧笹子トンネルを抜けると甲州市。あとは峠を下って20号へ戻る。ちなみにこちらのトンネルも文化財に指定されている。


途中で再び甲州街道をトレースする遊歩道が。やはりちょっと歩いてみる…


よし!暗くなる前に帰ろう!

その気になれば通れるっちゃ通れるんだけどその気になれそうに無い。



峠を下って旧甲州街道と書かれた住宅街を抜ける道をなるべく音を出さないように走ると中央道と20号の橋が見える場所が。

先程通ってきた全長239メートルの旧道トンネルに対して、新しい笹子トンネルはいずれも旧トンネルの10倍以上の距離をもつ。そしていずれの道もトンネル周辺が時間帯によってものすごく混むので時代が変わっても難所は難所だと思った。









山梨旧道めぐり その2 笹子峠 前編



大月市で139号から20号線に入り、車にバンバン抜かれながら笹子峠を目指す。笹子トンネルの手前の分岐で旧道へ。



御坂峠が旧道とはいえ比較的整備された広い道なのに対してこちらはこのような旧道っぷり。
バイクが小さいので道幅は広く見えるが、勾配、道幅とも舗装林道といった具合の道が甲州市まで続く。



FT-1のエンジンを唸らせながら途中にある矢立の杉へ。 この杉の木は幹が途中で折れ、中が空洞化しながらも1000年以上そこに立ち続けているという。

周辺の遊歩道がかつての甲州街道をトレースしているようなので少しばかり歩いてみることにした。



矢立の杉から下るとこんな感じ。そして矢立の杉から上に登ると…



さすが旧道の旧道。かつて甲州街道最大の難所と言われた道が本領を発揮してきたので撤退。再びFT-1のエンジンを唸らせながら峠を登り、旧笹子トンネルを抜ける。

御坂峠も笹子峠も旧道トンネルは出ると言われているが、笹子トンネルにはスズメバチの巣とクマ出没注意の看板があった。モノノケの類いよりそっちの方が恐ろしい。

山梨旧道めぐり その1 御坂峠



8月14日、FT-1で山梨旧道めぐりをしてきた。

まずは御坂峠へ。原付のエンジンにはなかなか酷な137号の長い登り坂をせっせと走り、旧道へ。天下茶屋に続くこれまた原付には酷な坂道を峠へと登る。



つづら折れのこの道はセローで走るとリズム感があって楽しいのだが、今回は原付なのでスピードを出そうにもそもそも出ない。
ではこれが楽しくないかというと、標高による空気の変化、道から見える景色をじっくりと観察できるのでこれはこれで楽しい。



文化財に指定されている御坂トンネルを抜けると天下茶屋。

建物の写真を撮った位置から振り返ると太宰治が「風呂屋の絵」と評した眺めが見えるはずだが…



これだ。富士山は見ようと思うと大体隠れているという…ただ登坂でガス欠症状を起こす原因と思われた燃料フィルターを出発前に外したら登り坂でも調子良く走るようになったのでまあいいか。



富士山が見えないならば仕方ないので峠を河口湖方面へ下る。2車線の御坂側に対してこちら側は旧道らしさが残っている。



139号に出て富士急行線と平行するように大月へ。次の目的地、笹子峠を目指す。



行き止まりのその先へ



平沼義之さんの「山さ行がねが」を買ってきた。

この人のサイトは文字通り道なき道というか道だった所の内容の濃い探索レポートを載せていて、面白いので結構見てるんだけど(特に清水国道の探索レポートは初めて読んだときに道中の険しさと道のエピソードに色んな意味でゾクゾクした。続編が出るなら是非収録してほしい)コチラの本は白黒印刷ということもあり、道中に現れる崩落箇所や構造物の写真がカラー写真と違ってより禍々しく、どこか淡々とした文体で普通は行き止まりと認識するような場所に出くわしてもその先へ進む様子はやはり色んな意味でゾクゾクした。

また、章の序盤にはその場所に道が出来て放棄されるまでの経緯も書かれているため、近代交通史の資料としても面白い。

中学の頃から何回も読み返している賀曽利隆さんの本もそうなんだけど、面白い紀行文を読むと簡単には真似できないことをやっているはずなのになぜか俺にもできるような気分になる。しかし写真の整備された熊野古道の松本峠を歩いてバテて、サハラどころか近所の河川敷の砂地でスタックして困ったので、やはり簡単には真似できないのである。




Amazon.co.jpアソシエイト



FT-1をレストアすることにした その8



とりあえず問題無く乗れるようになったと思われるFT-1。

近所の足に使っている分には特に調子が悪くならないのでちょっとしたツーリングに行ってみることに。

街中から50ccではフルスロットルになる登り坂まであるのでトラブル出しには最適だろう。

甲府の市街地ではいたって問題無く走る。2ストとはいえ基本的に実用車的な性格のバイクなので平和な乗り心地。最近のスクーターの方が速いような気がするが変速タイミングを気分で決められるのがMT 車の楽しい所である。(スクーターも面白いけどね)


昇仙峡へ続く和田峠の急勾配ではなぜか時折ガス欠症状でプスプスいいながらも登坂力は良好。下りの連続コーナーは切り返しが軽くてとても楽しい。

折角なのでたまには遊歩道を歩いてみようかと思いつつももうちょい乗ってみようと林道へ。


セローやイーハトーブよりタイヤもエンジンも小さいFT-1では若干キツいかと思ったが車体も小さいので1速か2速でトコトコと進んで行けば意外とイケてしまう。(パワーが足りない所は足で補助するか降りて押せば何とかなる)

林道の見晴らしの良いところで一服しながら小さいバイクでプラプラするのはやっぱり楽しいと思いつつ急勾配で悪さをしてそうな燃料フィルターを早いとこ外してしまおうと思った。




プロフィール

コーテル・リャン

Author:コーテル・リャン
東に不動車があれば引き取って直してやり
西に峠があれば行ってそこを越え
テントを張れば雷雨に怯え
林道に入ればヨタヨタ走り
誉められもせず 苦にもされず 
そういう人が私です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
Amazon.co.jpアソシエイト
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR