セルペット 電撃丸を使ってみる。

私のセルペットのバッテリーは弱っている。一応走れば充電されるものの、数時間後には弱々しくニュートラルランプを光らせるのが精一杯になってしまう。



新品のバッテリーに交換すれば解決するのだが、完全に終了しているわけではないので悪あがきにケミカルを投入してみる。硫酸化合物がサルフェーションに効くというこちらの電撃丸。効果があればしばらく今のバッテリーが使えるし、効果が無ければ新しいバッテリーを買う決心がつく。



使い方はバッテリーの1セル毎に1粒投入するだけ。4輪のバッテリーの蓋に合わせた大きさなのでバイクのバッテリーに使う場合は砕いて投入する。3セルの6Vバッテリーなので3個使用する。

余った3個がもったいないので全部投入した。そもそも二輪車には使用しないで下さいとパッケージに書いてあったけどまあいいや。
※この記事は交換予定のある上がりかけのバッテリーに対してわざと誤った使用方法を試しています。この記事を参考にしたことによって起きた事故や損害について、当方は一切責任を負いません。

とりあえずしばらく走ってアイドリングでもウインカーとブレーキランプがちゃんと光る程度にバッテリーを充電。数時間後にエンジンをかけずにニュートラルランプとブレーキランプを点灯させてみると今までより多少はマシになっていた。いずれ新品バッテリーには交換することになるんだけどしばらくはこれでいいか。


スポンサーサイト

セルペット ライトを直す

手元に戻ってきたときからハイビームが点かないセルペット。

夜はほとんど乗らないしロービームは光るので放置していたものの、ようやく涼しくなってきたので直してみる。



セルペットの場合、ライトの切り替えスイッチは左側にある。ちなみにライトを点灯するときは左のサイドカバーにある鍵を1段階回すとライトが点く。

では、スイッチをばらして…



ああ、これ戻すのがめんどくさいやつだ。めんどくさすぎてピンぼけだ。

接点を磨いて、戻そうとすると細かい部品が落ちる。ついでなのでホーンスイッチの接点も磨く。もう1回やる。細かい部品が落ちる。「クッソ、めんどくせ…」の流れを何回か繰り返して復元は終了。



ハイロー切り替えも問題なくできるようになったのでもうライトの角度を手で動かさなくてもいいぞ。
まあ原因はソケットのギボシが抜けてただけなんだけど。


セルペット フロントフォーク交換

セルペットの前輪はフォークが少し歪んでいるのか、はたまたフォーク内部がボロいのか斜めに傾いた状態で付いている。

古いバイクだとよくある事なのでワッシャーをフォークとホイールの間に挟んで無理やり修正して使っていたのだが、ヤフオクで程度のいいフォークが入手できたので交換する。



まずは新しいフォークのボトムケースは赤いので、黒に塗装し、乾かしている間に車体のフロント回りをバラす。



あとは塗装が乾いた新しいフォークと入れかえればいいんだけど、セルペットのフォークは設計の古いバイクによくあるアウタースプリング式、現在主流のインナースプリング式みたいに伸びきったままステムに差し込めない上に、フォークカバーが邪魔してインナーチューブを手で伸ばすこともできない。

トップブリッジの位置までは適当な長いM10のネジを突っ込んで引き上げればいいのだが、そんなものは持ってないのでアクスルシャフトで代用した。



フォークの交換後は前輪の傾きも解消され、ブレーキングで左に寄っていく挙動も出なくなった。

失われたセルペットのサイドカバーをFRPで自作する



セルペットの右側サイドカバーは欠品していたので、スポーツスターのエアクリーナーカバーで代用している。

これはこれで悪くないのだが、ネジ穴のピッチが合うのをいいことにエアクリーナーエレメントのフタと共締めという無理な取り付け方をしているので、いずれ何かしら不具合が出てきそう。



ヤフオクにもなかなか右側サイドカバーは出てこないので3Dスキャナーを駆使して型をつくり、FRPで自作することにする。



まず3Dスキャナーで左側のカバーをスキャンする。
この場合の3Dとは「ダンボールで どうにか 出来ると思ってる」という意味なのでクオリティの低いブツが出来上がることは確定している。

底の方が車体に取り付けたときにオモテになるので、エンブレム側を上に向けてダンボールで形を合わせる。



養生テープを型枠の内側に貼って、離型材を塗る。離型材はシュアラスターの固形ワックスとシリコンスプレーで代用した。



型の中にガラスクロスを敷き詰め、硬化材をまぜた樹脂をローラーで塗り込む。



樹脂が硬化するのを待って型枠を外すと、このようにサイドカバーの形になる。
クオリティの高いものを作るつもりは初めから無いとはいえ、予想以上にクオリティの低いブツが形成された。
まあ、FRPでパーツを自作するのは今回が初めてなのでちゃんと固まっただけいいとするか。



金ノコでバリを落として「大体このぐらい」の寸法に合わせる。



さすがにデコボコしたままではアレなのでパテで表面を整える。パテを盛っても表面は波打っているが、もう知らん。



塗装して車体側のツメが引っ掛かる溝と、ネジ穴を開けて仮止めをしてみる。

気になる仕上がりはスポーツスターの部品の方が良かった気がするけど
5メートル以上離れて見れば大丈夫。

あとはM6×100mmのボルトとワッシャーを買ってくれば固定できるな。

セルペットの燃料漏れを修理して乗り回してみた

前回燃料コックのOリングを交換したセルペット。今回はキャブのフロート室からの燃料漏れを直してみる。



現在はこういうシートを切り出して作ったいい加減なガスケットをフロートの合わせ面に挟んでいるが、やはりこれではガソリンの浸透性には無力みたい。



というわけで、いささか乱暴な手段ではあるものの、耐ガソリンの液体ガスケットを紙ガスケットに塗布してしまおう。少し硬化を待ってから組んだものの、貼り合わせるのような形になるので次にキャブをバラすときが少し面倒になるが、漏れるよりはマシだ。



キャブを組み直してガソリンを入れてみた。よし、コックからもキャブからも漏れてない。



このバイクで遠出はやめようと思っていたものの、せっかくなので120kmほど乗り回してみた。

道中特にトラブルも出ず、遊びを調整したクラッチは滑りも改善され、バッテリーも復活。テストコースで計測したトップスピードはメーター読みで80km/h、燃費はリッター38kmをマークした。



ヤマハオートルーブの缶の説明通り20:1で混合ガソリンを作ったが(混合比早見表)、煙幕を張るようなことも無いのでこの混合比で使うことにしよう。


プロフィール

コーテル・リャン

Author:コーテル・リャン
東に不動車があれば引き取って直してやり
西に峠があれば行ってそこを越え
テントを張れば雷雨に怯え
林道に入ればヨタヨタ走り
誉められもせず 苦にもされず 
そういう人が私です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
Amazon.co.jpアソシエイト
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR